*&ruby(みらーじゅえふわん){【ミラージュF1】}; [#q081dbe0]
Dassult Mirage F1.~
[[ミラージュ3]]の後継機として登場したフランス製[[戦闘機]]。~
1960年代に開発がスタートし、当初は「ミラージュ3F」と呼ばれていたが、徐々に簡略化され、最終的に「ミラージュF1」となる。~
機内燃料搭載量・総重量・離着陸滑走距離他、すべての面で当時現役の[[ミラージュ3]]を上回っており、後に[[フランス軍]]の主力[[戦闘機]]として採用された。~
~
特に兵装面は大幅に強化されており、固定武装にはDEFA553 30mm[[機関砲]]を搭載する。~
[[パイロン]]には各種[[空対空ミサイル]]([[R-550「マジック1/2」>R-550]]・[[R-530]])・空対地[[ロケット弾]]・[[通常爆弾]]及びベルーガ収束爆弾等、最大6,300kgの兵装を搭載可能。~
[[レーダー]](初期のC型)は、トムソン-CSF製シラノIVモノパルスレーダーを搭載しているが悪天候では能力が低下する。~
タイプによっては他に[[AM-39「エグソゼ」>エグゾセ]][[ASM>空対艦ミサイル]]や[[AIM-9J「サイドワインダー」>AIM-9]][[AAM>空対空ミサイル]]・[[マトラ・アルマ>アルマ]][[対レーダーミサイル]]・[[AS-30]][[空対地ミサイル]]・イスラエル製[[通常爆弾]]も搭載可能という事が確認されているが、輸出型については性能等いまだ不明な点が多い。~
~
実戦では、アンゴラ紛争で南アフリカ軍がアンゴラ軍の[[MiG-21「フィッシュベット」>MiG-21]]を少なくとも1機[[撃墜]]し、[[イラン・イラク戦争]]でイラク軍が少なくともイラン軍の[[F-14A「トムキャット」>F-14]]1機および[[F-4]]数機を[[撃墜]]している。~
他にも、1980年代のチャド内戦への介入で[[フランス軍]]とリビア軍が同機種同士で交戦したほか、1995年のセネパ紛争ではエクアドル空軍機がペルーの[[Su-22A>Su-17]]と交戦し少なくとも1機を撃墜している。~
~
**スペックデータ [#leb9bcba]
|乗員|1名(単座型)/2名(複座型)|
|全長|15.30m|
|全高|4.50m|
|全幅|8.40m/9.32m(主翼端AAM含む)|
|翼面積|25.0|
|空虚重量|7,400kg|
|離陸重量&br;(通常/最大)|10,900kg/16.200kg|
|最大兵装搭載量|6,300kg|
|[[エンジン]]|SNECMA [[アター9K-50>アター]][[ターボジェット]]×1基|
|[[推力]]|49.03kN/70.21kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|最大速度|[[マッハ]]2.2|
|機体内[[燃料]]搭載量|4,600リットル|
|[[海面上昇率>上昇率]]|12,780m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|20,000m|
|フェリー[[航続距離]]|1,245nm|
|[[戦闘行動半径]]|749nm(Hi-Lo-Hi)|
|固定武装|DEFA553 30mm機関砲×2門|
|兵装|[[AAM>空対空ミサイル]]:[[R.550「マジック」>R-550]]、[[R.530>R-530]]、[[AIM-9]]&br;[[ASM>空対艦ミサイル]]:[[AM39「エグゾゼ」>エグゾセ]](一部タイプのみ)&br;爆弾類:通常爆弾、BAP-100貫徹爆弾、デュランダル貫徹爆弾、「ベルーガ」[[クラスター爆弾]]&br;ロケット弾:68mm[[ロケット弾]][[ポッド]]&br;その他:[[偵察]][[ポッド]]、[[増槽]]等|
|>|CENTER:兵装|
|兵装搭載量|胴体中央部×1基、主翼下×4基、主翼端×2基のパイロンに&br;6,300kgまでの兵装を搭載可能|
|[[AAM>空対空ミサイル]]|[[AIM-9]] or [[R.550「マジック」>R-550]]×2発&br;[[シュペル530F>R-530]]×1発|
|[[ASM>空対艦ミサイル]]|[[AM39「エグゾゼ」>エグゾセ]](一部タイプのみ)|
|爆弾類|通常爆弾&br;BAP-100貫徹爆弾&br;デュランダル貫徹爆弾&br;「ベルーガ」[[クラスター爆弾]]|
|ロケット弾|マトラ[[ロケット弾]][[ポッド]]×8基(SENB 68mmロケット弾×18発)|
|その他|[[偵察]][[ポッド]]、[[増槽]]等|
~
**バリエーション [#r9a31f48]
-ミラージュ3F2:~
原型機。~
~
-ミラージュF1C:~
フランス軍で使用されている初期量産型。~
トムソンCFS社製シラノ4モノパルスレーダーを搭載。~
~
-ミラージュF1C-200:~
C型に空中給油プローブを追加装備した型。~
配管を通すため機首が7cm延長されている。~
~
-ミラージュF1A:~
対地攻撃用輸出型。~
[[レーダー]]を簡素な[[測距レーダー]]に換装して電子機器を削減、内部[[燃料]]の増加と[[ペイロード]]強化を行った。~
[[レーダー]]を簡素なEMD「アイーダ2」[[測距レーダー]]に換装して、機首下面のレーザー測距儀と機首上面の折り畳み式空中給油プローブを追加。~
電子機器の削減により、内部[[燃料]]の増加と[[ペイロード]]強化を行った。~
南アフリカとリビアのみ採用。~
~
--ミラージュF1AD:~
リビア軍に輸出された型。~
[[レーダー]]を装備していない。~
~
--ミラージュF1AZ:~
南アフリカ軍に輸出された型。[[レーダー]]を装備していない。~
空対空ミサイルは[[マジック2>R-550]]の代わりに国産のV3B/C「ククリ・ダータ」を使用している。~
~
-ミラージュF1B:~
C型の複座練習機型。~
機関砲を撤去し後席を増設、全長が30cm延長されたが燃料搭載量は減らされている。~
訓練用にダミーの空中給油プローブを追加装備可能。~
~
-ミラージュF1E:~
輸出用[[戦闘攻撃機]]型。~
レーダーを空対地能力も持つシラノIV Mに換装し、[[ヘッドアップディスプレイ>HUD]]や[[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサーを搭載している。~
--ミラージュF1BD:~
リビア向けミラージュF1Dの輸出型。~
~
-ミラージュF1E/M53:~
[[NATO>北大西洋条約機構]]向けの推力強化・[[戦闘攻撃機]]型のプラン。~
エンジンをSNECMA M53[[ターボファン]]に換装する予定だった。~
--ミラージュF1BE:~
スペイン向け輸出型。CE.14Aとも呼ばれる。~
~
-ミラージュF1D:~
E型の複座型。~
F1Eをベースにしている点以外はF1Bと同様。~
--ミラージュF1BJ:~
ヨルダン向け輸出型。~
~
-ミラージュF1CT:~
C型の対地攻撃用改良型。~
[[コックピット]]周辺が完全に一新され、レーザー測距装置を追加、[[主翼]]構造を強化して外側に[[ハードポイント]]が増設された。~
--ミラージュF1BK:~
クウェート向け輸出型。~
~
-ミラージュF1CR-200:~
C型の[[偵察機]]型。~
レーダーを航法精度を上げたシラノIV MRに換装し、機首部の機関砲を撤去してSATSCM2400「スーパーサイクロン」赤外線ラインスキャンユニット、75mmのトムソンTRT40パノラミックカメラか150mmのトムソンTRT垂直カメラが搭載された。~
また、胴体中心線下にはトムソンCSFラファエルTH側視[[レーダー]]、ハロルド長焦点斜めカメラ、ASTAC電子偵察ポッドなどを携行できる。~
-ミラージュF1BK-2:~
クウェート向け複座[[マルチロール>マルチロールファイター]]型。~
性能はミラージュF1D1に準ずる。~
~
-ミラージュF1CG:~
ギリシャ軍に輸出された型。~
性能はC型とほぼ同じ。~
--ミラージュF1BQ:~
イラク向け複座練習機型。~
一部の機体はダミーの[[空中給油]]プローブを装備している。~
~
-ミラージュF1JA:~
エグアドル軍に輸出された型。~
イスラエル製の[[通常爆弾]]を搭載する事が出来る。~
-ミラージュF1C:~
フランス軍で使用されている初期量産型。~
トムソンCFS社製「シラノ4」モノパルスレーダーを搭載。~
~
-ミラージュF1JE:~
JA型の複座型。~
--ミラージュF1CE:~
スペイン向け輸出型。C.14Aとも呼ばれた。~
空対空ミサイルは[[マジック2>R-550]]の代わりに[[AIM-9J「サイドワインダー」>AIM-9]]を使用している。~
~
-ミラージュF1AD:~
リビア軍に輸出された型。~
[[レーダー]]を装備していない。~
--ミラージュF1CG:~
ギリシャ軍に輸出された型。性能はC型とほぼ同じ。~
~
--ミラージュF1BD:~
AD型の複座型。~
--ミラージュF1CH:~
モロッコ向け輸出型。~
~
--ミラージュF1ED:~
AD型の改良型。~
[[レーダー]]を搭載し対空・対地攻撃能力が向上した。~
--ミラージュF1CJ:~
ヨルダン向け輸出型。性能はC型とほぼ同じ。~
~
-ミラージュF1AZ:~
南アフリカ軍に輸出された型。[[レーダー]]を装備していない。~
空対空ミサイルは[[マジック2>R-550]]の代わりに国産のV3B/C「ククリ・ダータ」を使用している。~
--ミラージュF1CK:~
クウェート向け輸出型。~
後にCK-2基準にアップグレードされた。~
~
--ミラージュF1CK-2:~
クウェート向けマルチロール型。性能はミラージュF1Eに準ずる。~
~
--ミラージュF1CZ:~
AZ型の改良型。~
南アフリカ向け輸出型。~
[[レーダー]]が追加装備された。~
~
-ミラージュF1EQ:~
イラク軍に輸出された型。~
--ミラージュF1ED:~
リビア向け輸出型。~
~
--ミラージュF1BQ:~
EQ型の複座型。~
--ミラージュF1C-200:~
C型に空中給油プローブを追加装備した型。~
配管を通すため機首が7cm延長されている。~
~
--ミラージュF1EQ-2:~
EQ型の改良型。~
--ミラージュF1CT:~
余剰化したC型/C-200型の対地攻撃用改良型。~
[[コックピット]]周辺が完全に一新され、[[レーザー]]測距装置を追加、[[主翼]]構造を強化して外側に[[ハードポイント]]が増設された。~
~
---ミラージュF1EQ-4:~
EQ-2型の[[偵察機]]型。~
--ミラージュF1CR-200:~
C型の[[偵察機]]型。~
レーダーを航法精度を上げたシラノIV MRに換装し、機首部の機関砲を撤去してSATSCM2400「スーパーサイクロン」赤外線ラインスキャンユニット、75mmのトムソンTRT40パノラミックカメラか150mmのトムソンTRT垂直カメラが搭載された。~
また、胴体中心線下にはトムソンCSFラファエルTH側視[[レーダー]]、ハロルド長焦点斜めカメラ、ASTAC電子偵察ポッドなどを携行できる。~
~
---ミラージュF1EQ-5:~
EQ-2型の改良型。~
アゲヴレーダーを搭載し対艦攻撃が可能となった。~
-ミラージュF1D:~
E型の複座練習機型。~
F1Eをベースにしている点以外はF1Bと同様。~
~
---ミラージュF1EQ-6:~
詳細不明。~
--ミラージュF1JE:~
エクアドル向け輸出型。~
~
-ミラージュF1CJ:~
ヨルダン軍に輸出された型。~
性能はC型とほぼ同じ。~
--ミラージュF1DE:~
スペイン向け輸出型。~
~
--ミラージュF1BJ:~
CJ型の複座型。~
--ミラージュF1DDA:~
カタール向け輸出型。~
~
-ミラージュF1E:~
輸出用[[戦闘攻撃機]]型。~
レーダーを空対地能力も持つシラノIV Mに換装し、[[ヘッドアップディスプレイ>HUD]]や[[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサーを搭載している。~
~
--ミラージュF1E/M53:~
[[NATO>北大西洋条約機構]]向けの推力強化・[[戦闘攻撃機]]型のプラン。~
エンジンを[[SNECMA M53>スネクマ]][[ターボファン]]に換装する予定だった。~
~
--ミラージュF1JA:~
エグアドル向け輸出型。~
イスラエル製の[[通常爆弾]]を搭載する事が出来る。~
~
-ミラージュF1JE:~
JA型の複座型。~

--ミラージュF1EE:~
スペイン向け輸出型。~
~
--ミラージュF1EH:~
モロッコ向け輸出型。~
~
---ミラージュF1EH-200:~
EH型の改良型。~
[[空中給油]]プローブが追加された。~
~
--ミラージュF1EJ:~
CJ型の改良型。~
ヨルダン向け輸出型。~
対地攻撃能力が向上している。~
~
-ミラージュF1CH:~
モロッコ軍に輸出された型。~
--ミラージュF1EQ:~
イラク向け輸出型。~
~
--ミラージュF1EH:~
CH型の改良型。~
[[空中給油能力>空中給油]]が加わった。~
---ミラージュF1EQ-2:~
イラク向け単座の制空戦闘型。~
~
-ミラージュF1CE:~
スペイン軍に輸出された型。~
スペイン軍は[[マジック2>R-550]]の代わりに[[AIM-9Jサイドワインダー>AIM-9]]を使用している。~
---ミラージュF1EQ-4:~
イラク向け単座の[[マルチロール>マルチロールファイター]]/[[対地攻撃>攻撃機]]/[[偵察機]]型。~
~
--ミラージュF1BE:~
CE型の複座型。~
---ミラージュF1EQ-5:~
イラク向け単座型。~
アゲヴレーダーを搭載し対艦攻撃が可能となった。~
~
-ミラージュF1EE:~
CE型の改良型。~
---ミラージュF1EQ-6:~
イラク向け単座の対艦攻撃型。~
~
-ミラージュF1EDA:~
カタール軍に輸出された型。偵察ポッドを搭載する事が出来る。~
EDA・EDDA両型は、1990年代に全機スペイン軍に売却されている。~
--ミラージュF1ED:~
AD型の改良型。~
[[レーダー]]を搭載し対空・対地攻撃能力が向上した。~
~
--ミラージュF1EDDA:~
EDA型の複座型。~
--ミラージュF1EDA:~
カタール向け輸出型。偵察ポッドを搭載する事が出来る。~
EDA・DDA両型は、1990年代に全機スペイン軍に売却されている。~
~
-ミラージュF1CK:~
クウェート軍に輸出された型。~
-ミラージュF1M:~
スペイン空軍のミラージュF1CE/BEの近代化改修機。~
対地攻撃能力を付加した他、コックピットが暗視ゴーグル対応型になり、[[HOTAS]]概念も導入された。~
~
--ミラージュF1BK:~
CK型の複座型。~
-スーパーミラージュF1:~
南アフリカ空軍のF1AZを改修したもの。エンジンをクリーモフ[[RD-33]]に換装している。~
同空軍は試作のみで終了したが、ミラージュF1の近代化改修案として国際市場でのセールスは続けられている。~
~
-ミラージュF1BK-2:~
詳細不明。~
~

IP:153.151.162.102 TIME:"2018-01-31 (水) 23:42:48" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.119 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS