*&ruby(くふぃる){【クフィル】}; [#uec59f3f]
IAI Kfir (ヘブライ語で「若獅子」の意)~
~
イスラエルの[[IAI]]が製造していた[[戦闘攻撃機]]。~
ただし制空戦闘への投入は想定されておらず、戦闘機の撃墜記録は通算0.5機のみに止まっている((1979年6月27日、シリアにて[[F-15]]とクフィルで構成された[[編隊]]が[[MiG-21]]・1機と交戦し、これを撃墜。2機による共同撃墜として処理されている。))。~
~
[[ミラージュ5]]の[[デッドコピー]]にあたる[[ネシェル]]をベースに、[[主機>エンジン]]を[[J79]]に換装したモデル。~
~
改修以前の[[ネシェル]]はフランス製のSNECMA[[アター09C-5>アター]]を主機として採用されていた。~
しかし、フランス政府は[[第三次中東戦争>中東戦争]]に際して対イスラエル武器禁輸措置を発動。~
[[アター]][[エンジン]]の部品も禁輸対象となったため整備部品の枯渇が危惧され、[[エンジン]]換装に伴う改修が必要になった。~
~
[[エンジン]]の変更に伴って胴体の再設計が必要になり、[[アフターバーナー]]冷却用のサブインテークが追加された。~
また、初期には目標捜索[[レーダー]]をあえて搭載せず、測距用の空戦レーダーのみを装備していた事でも知られる。~
>中東戦争以来のイスラエル国境は「[[滑走路]]上から敵機が目に見える」と揶揄される独特の戦闘環境で知られる。~
この環境と、そもそも[[攻撃機]]として調達された事もあり、[[航空レーダー>レーダー]]の利点よりも稼働率の向上が優先されたという。

アメリカ企業の[[エンジン]]を[[ライセンス生産]]しているため、権利元であるアメリカ政府から輸出制限の対象とされている。~
このため、[[イスラエル軍]]以外の採用実績はエクアドルやスリランカ、コロンビアと極少数にとどまっている。~

**主な採用国 [#l758ae2a]
-イスラエル([[イスラエル空軍>イスラエル軍]])
-コロンビア(コロンビア空軍)
-エクアドル(エクアドル空軍)
-アメリカ([[アメリカ海軍]]、[[アメリカ海兵隊]]、[[ATAC]]([[民間軍事会社]]))
-スリランカ(スリランカ空軍)
~
**スペックデータ[#m66e2a59]
|乗員|1名(単座型)/2名(複座型)|
|全長|15.65m|
|全高|4.55m|
|全幅|8.22m|
|主翼面積|34.8|
|空虚重量|7,285kg|
|運用時重量|10,415kg|
|最大離陸重量|16,500kg|
|最大兵装搭載量|6,085kg|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]]/[[IAI]]製[[J79-IAI-J1E>J79]][[ターボジェット]]×1基|
|[[推力]]|52.89kN/83.4kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|最大速度|[[マッハ]]2.3|
|海面[[上昇率>上昇率]]|14,000m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|17,700m/22,860m(ズーム上昇)|
|フェリー[[航続距離]]|1,744nm|
|荷重制限|+7.5[[G]]|
|[[戦闘行動半径]]|419nm(Hi-Hi-Hi、迎撃ミッション時)/640nm(Hi-Lo-Hi、対地攻撃ミッション時)|
|固定武装|DEFA552 30mm機関砲×2門|
|>|CENTER:搭載兵装|
|[[AAM>空対空ミサイル]]|[[サイドワインダー>AIM-9]]、[[シャフリル]]、[[パイソン]]|
|[[AGM>空対地ミサイル]]|[[マーベリック>AGM-65]]|
|[[ARM>対レーダーミサイル]]|[[シュライク>AGM-45]]|
|爆弾/ロケット弾/増槽類|[[Mk.82無誘導爆弾>Mk.80シリーズ]]&br;GBU-13[[レーザー誘導爆弾]]&br;TAL-1/2[[クラスター爆弾]]&br;BLU-107「デュランダル」[[滑走路]]破壊用[[特殊爆弾]]&br;HOBOS&br;[[ロケット弾]][[ポッド]]&br;[[増槽]]|
~
**バリエーション [#m66e2a59]
-クフィルC.1:~
初期型。クフィル1とも呼ばれた。~
[[ネシェル]]の[[エンジン]]をJ79-J1E(J79-GE-17の[[ライセンス生産]]品)に変更したもので、カナード翼は装備していない。~
~
--F-21A「ライオン」:~
クフィルC.1を[[アメリカ海軍]]/[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]向けの[[アグレッサー]]機として採用した際の名称。~
[[F-16N>F-16]]導入までのつなぎとしてリースされた。~
~
-クフィルC.2:~
生産型。~
C.1に[[後退翼]]形の[[カナード>先尾翼]]、[[ドッグツース]]、[[コニカルキャンバー]]などを追加し、空力特性を大幅に改良したもの。~
搭載能力強化のために主翼外側に[[パイロン]]が2つ追加されている。~
エクアドールやスリランカにも輸出された。~
~
--クフィルTC.2:~
C.2の複座練習型。~
機首が延長され、前方視界を確保するため垂れ下がった形状になっている。~
~
--クフィルRC.2:~
C.2の偵察機型。~
機首が延長され偵察用カメラ機材を搭載している。~
~
--クフィルC.7:~
C.2の改良型で、[[エンジン]]に数分間だけ出力を5%増加させられる「コンバット・プラス」改修を施したもの。~
また、[[コックピット]]に[[HOTAS]]概念を導入し、目標捜索[[レーダー]]を装備、[[ハードポイント]]も2ヶ所増設されている。~
イスラエルとコロンビアの機体はこの仕様に改修されたほか、スリランカも追加発注により数機を配備。~
~
---クフィルTC.7:~
C.7の複座練習型。~
~
-クフィルC.10:~
アップグレード型。クフィル2000とも呼ばれる。~
外見上は南アフリカの[[チーターC>チーター]]によく似た形状をしている。~
[[レーダー]]をEL/M-2032へ換装し、[[アクティブレーダー誘導]]式[[ミサイル]]の運用が可能になった他、[[グラスコックピット]]化された。~
エクアドールのクフィルC.2が1999年よりC.10仕様に改修・配備されている。~
エクアドルのクフィルC.2が1999年よりC.10仕様に改修・配備されている。~
~
--クフィルTC.10:~
C.10の複座練習型。~
~
--クフィルCE:~
エクアドルのクフィルC.2をC.10仕様に改修した機体の名称。~
~
--クフィルC.12:~
レーダーを換装せず対地攻撃に最適化されたもの。~
コロンビアのC.2の一部がこの仕様になっている。~
~

IP:180.45.216.225 TIME:"2017-03-21 (火) 19:09:01" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=%A5%AF%A5%D5%A5%A3%A5%EB" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS