【YF-23】(わいえふにじゅうさん)

Northrop YF-23A Blackwidow

アメリカ空軍のATF計画によって試作された戦闘機のひとつ。
1986年にノースロップが主契約社となり、マクダネル・ダグラスが協力するもと開発がスタートした。
YF119ターボファンを搭載したPAV-1(機体コールサイン:Gray Ghost)と、YF120ターボファンを搭載したPAV-2(機体コールサイン:Spider)の2機が試作され、1990年に完成した。
外観上の大きな特徴は、曲面を多用した雄大な外形と、V尾翼である。
これにより機動性?こそYF-22に劣るものの、超音速巡航性能とステルス性では優っていたといわれる。

しかしながら1991年4月にYF-22の採用が決定され、したがって本機は不採用になった。
(一説には「整備性や運用価格の面でYF-22に劣っていたため」といわれる)
この敗北がきっかけとなり、ノースロップグラマンとの合併を余儀なくされ、マクダネル・ダグラスボーイングに吸収された。

不採用決定後、2機の試作機はエンジンアビオニクスを抜き取られ、エドワーズ空軍基地で野ざらしにされていた。
数年後、PAV-2はノースロップ・グラマンの技術者に引き取られ、現在ではカリフォルニア州ホーソーンのウエスタン航空博物館に保存されている。
現在、この機体はメーカーにより回収され、レストア中であるという。
エアショー向けと言われるが、FB-22との競争に対抗する為との見方もある。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS