• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぶいとーる){【VTOL】}; [#x50d9c60]
Vertical Take Off and Landing. ~
垂直離着陸、またはそれが可能な[[航空機]]([[固定翼機]])のことを指す。~
[[ヘリコプター]]は通常これに含まれない。~
Vertical Take Off and Landing. (垂直離着陸)~
~
エンジンの推力が向かう方向を何らかの方法で偏向させるか、もしくは垂直方向への推力を生み出す専用のエンジン(リフトジェット・リフトファン)を搭載し、離陸滑走を要さずに[[揚力]]を生み出せるようになっている。~
これにより、[[滑走路]]を必要とせず、通常の[[固定翼機]]ではとても運用できない場所でも運用できる。~
>例としてイギリスの[[軽空母]]やアメリカの[[強襲揚陸艦]]、地方の小さな[[空港]]などがあげられる。
離着陸時に[[ホバリング]]を行い、前進を伴わず垂直に上昇・下降する事が可能な[[固定翼機]]。~
通常、[[ヘリコプター]]には言及されない。~
~
[[滑走路]]を必要としないため、通常の[[固定翼機]]ではとても運用できない場所でも運用できる。~
例としては[[軽空母]]や[[強襲揚陸艦]]、地方の小さな[[空港]]などがあげられる。~
ただし完全なVTOL能力の保有は技術的に困難なため、より限定的な[[STOVL]]が現在の主流となっている。~
~
実現のためには、以下のいずれかの機構を搭載している必要がある。

また、当然のごとく[[ホバリング]]も可能であるが、[[ヘリコプター]]のように[[ホバリング]]しながら攻撃、といった手段はまず使われない。~
-仰角90度以上の可動域を持つ[[推力偏向ノズル]]
-仰角90度以上の可動域を持つ[[ティルトローター]]
-真下向きに固定された離着陸専用エンジン(リフトジェット・リフトファン)

どの場合でも[[固定翼機]]は構造的に[[ホバリング]]が困難で、大量の[[燃料]]を浪費する。~
加えて、静止状態から[[巡航速度]]まで加速するにも長い時間がかかるため、交戦中の[[ホバリング]]は原則的に禁止される。~
~
ただし、発進時の重量の制限などから完全なVTOL運用は難しく、離着陸時にある程度の滑走を要する[[STOVL]]が現実的な運用手段となっている。~
関連:[[ハリアー]] [[Yak-38]] [[Yak-141]]~
~
関連:[[ハリアー]] [[Yak-38]] [[Yak-141]]

&ref(http://www.masdf.com/altimeter/nellis2005/fly2/IMG_2303.jpg,600x400);


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS