• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぶいえいちななじゅういち){【VH-71】}; [#q05e2405]
Agusta-Westland/Lockheed Martin/Bell VH-71
Agusta-Westland/Lockheed Martin/Bell VH-71 "&ruby(ケストレル){Kestrel};((長元坊(ハヤブサの一種)の意。))"~
~
[[アグスタウェストランド]]社の大型対潜/輸送ヘリコプター、[[AW101]]の派生型で、[[アメリカ海兵隊]]が大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」として導入しようとした機体。~
愛称は「ケストレル((チョウゲンボウの意。))」。~
[[アグスタウェストランド]]社の大型[[対潜>対潜ヘリコプター]]/輸送ヘリコプター・[[AW101]]の派生型のひとつ。~
[[アメリカ海兵隊]]が[[大統領専用ヘリ>政府専用機]]「[[マリーン・ワン>エアフォースワン]]」として用いてきた[[VH-3>SH-3]]及び[[VH-60「プレジデント・ホーク」>UH-60]]の後継((前者は原設計から50年近く経過して老朽化・陳腐化が否めず、後者は(原設計である[[UH-60]]由来の)[[キャビン]]の狭さが問題となっていた。))として開発・発注された。~
~
[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]は、1975年に[[陸軍航空隊>USAAF]]から大統領の近距離輸送任務を引き継いで以来、この任務にシコルスキー[[SH-3]]「シーキング」対潜ヘリをベースとした「VH-3」を使用していたが、原設計から半世紀経過した同機は老朽化・陳腐化が否めなかった。~
また、この後継として[[UH-60]]「ブラックホーク」をベースとした「VH-60」も使用されていたが、こちらは[[輸送機]]([[C-5]]、[[C-141]]、[[C-130]]や[[C-17]]など)で容易に運搬でき、世界各地への展開が容易になった反面、[[キャビン]]の居住性が劣っていた。~
これら2機種を代替すべく採用されたのが本機であった。~
本機は当初、2005年に[[ロッキード・マーチン]]社が「US-101」として[[ライセンス生産]]契約を締結するも、技術的問題から挫折((その40年前、ロッキード・マーチンの母体であった[[ロッキード]]社も[[AH-56]]で同じようなミスを犯している。))。~
計画は[[ベル・エアクラフト]]社に引き継がれ、2008年に初飛行を行うところまでこぎつけた。~
~
2005年にロッキード・マーティン社が「US-101」として[[アグスタウェストランド]]と[[ライセンス生産]]契約を締結したが、ロッキード・マーティンはヘリコプターの経験に乏しく((母体のひとつであるロッキード社は、本機の約40年前に開発された[[AH-56]]が一度は採用されたものの、最終的にキャンセルとなった経験を持っている。))、機体の製作は、[[UH-1]]/[[AH-1]]ファミリーなどでヘリコプターの経験が豊富なベル社が受け持つこととされた。~
当初、海兵隊は本機を27機導入し、VIP輸送飛行隊を編成する計画だったが、開発の過程で、核爆発によって起きる[[電磁波]]障害への対処やキッチンの設置など、生存性・居住性をさらに高める改修項目がどんどん追加され、開発予算総額や1機あたりの価格がオリジナルの20倍にも高騰してしまった。~
>最終的に、当初60億ドル程度の予定だった開発予算が総額112億ドル(1ドル=80円換算で8,960億円)と、[[イージス艦]]10隻が建造できる額まで膨れ上がり、1機当たりの価格も4億ドル(320億円・[[F-22]]約2.5機分相当)と、超大型旅客機・[[B747]]をベースとした[[VC-25「エアフォースワン」>エアフォースワン]](3億2500万ドル=260億円)よりも高額になってしまった。
しかし、開発に当たって1,900項目にのぼる膨大な要求項目((代表的なところでは「核爆発に伴う強力な電磁パルスからの防御」や「[[キャビン]]内にキッチンを設けること」などがあった。))が出されていたため、開発費が極度に高騰。~
最終的には開発費112億ドル・機体単価4億ドルにも達してしまい、プロジェクトは実質的な破綻に陥った((ちなみに、[[イージス艦]]([[タイコンデロガ]]級[[巡洋艦]]及び[[アーレイ・バーク級駆逐艦(フライトIIA)>アーレイ・バーク(駆逐艦)]])一隻が約10億ドル、[[F-22]][[戦闘機]]一機が約1.6億ドル程度、[[VC-25]]一機が約3億ドル程度である。))。~
そして2009年6月、当時のバラク・オバマ大統領の意向により調達中止が決定された((これと同じ時期に、[[空軍>アメリカ空軍]]の[[戦闘捜索救難]]ヘリコプターとして採用が決まりかけていた[[HH-47>CH-47]]もキャンセルされている。))。~
>この時点で2機が完成し、7機が組立途中であった。~
ちなみに、プロジェクトが予定通り進めば2017年までに27機が調達される予定であった。

そのため、2008年の選挙で勝利したバラク・オバマ大統領が打ち出した経費削減策の一環として、2009年6月に導入の中止が決定された。((この時点で2機が既に完成済みであり、7機が完成間近の状態であった。))((時を同じくして、[[空軍>アメリカ空軍]]が[[捜索救難]]ヘリとして計画していた[[HH-47>CH-47]]もキャンセルされてしまった。))~
今後、同機のために積み立てられた資金はVH-3/VH-60のアップデートに活用されるというが、このことについて「老朽化したヘリを使用すべきではないし、予算をつぎ込んだプランを中止すべきではない」という意見もあるという。
関連:[[金の壁]]

***その後 [#t8832299]
本機の調達中止決定により、大統領専用ヘリコプターとしては従来のVH-3Dを改修して充てることが検討されたが、2014年5月になって、[[海軍>アメリカ海軍]]は本機に代わる機体の調達を決定。~
これを受けて[[シコルスキー>シコルスキー・エアクラフト]]は、開発済みの[[S-92]]((なお、同機は本機とともに一度「大統領専用ヘリコプター」の候補に挙がったが敗れている経緯がある。))を母体とした機体を「VH-92」として納入することを決定している。

**スペックデータ [#f1cd2c77]
|乗員|4名|
|全長|22.81m|
|全高|6.65m|
|[[主回転翼>メインローター]]直径|18.59m|
|空虚重量|10,500kg|
|最大離陸重量|15,600kg|
|[[ペイロード]]|14名(立席なら45名)または担架16個|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]][[CT7-8E>T700]][[ターボシャフト]]×3基|
|エンジン出力|2,520shp(1,879kW)×3基|
|超過禁止速度|309km/h|
|[[航続距離]]|1,389km|
|[[上昇限度]]|4,575m|
|[[上昇率]]|2,000m/min|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS