*&ruby(えすえいちすりー){【SH-3】}; [#o35d7b4c]
Sikorsky SH-3 "&ruby(シーキング){Sea king};"~
アメリカの[[シコルスキー>シコルスキー・エアクラフト]]社が開発した[[対潜ヘリコプター]]。社内呼称S-61。~
~
[[米海軍>アメリカ海軍]]が[[HSS-1(S-58)>SH-34]]の後継として1957年に発注し、1959年にHSS-2として完成。~
1961年には4軍統一の[[機体命名法]]によるSH-3Aへ改称されて就役している。~
大型の機体ではあるが[[空母>航空母艦]]や[[戦闘艦]]などでの艦上運用が強く意識され、5枚ブレードの[[メインローター]]やテイルブームは自動的に折りたたむことができる。~
また[[尾輪式]]の[[ランディングギア]]を備えるが、胴体は船底型の[[水密胴体]]で、飛行中は主脚を胴体横の[[フロート]]兼[[スポンソン]]に引き込む。~
~
飛行用の装備として自動航法装置、安定装置、[[ドップラーレーダー]]、[[電波高度計]]などを備える全天候型の機体である。~
対潜戦闘装備としては[[ソナー]]、[[爆雷]]、[[魚雷]]などを搭載する。~
~
[[ローンチカスタマー]]である[[アメリカ海軍]]の他、多くの西側国家にも採用され、イギリスでは[[ウェストランド>アグスタウェストランド]]社によって独自の発展型も開発された。~
[[海上自衛隊]]では(アメリカ海軍での当初の型式名でもある)「HSS-2」呼称のままで採用され((これは[[P2V-7>P-2]]や[[S2F>S-2]]、[[陸上自衛隊]]で採用された[[HU-1B/D/H>UH-1]]などと同じパターンだった。))、長きに渡って使用され続けた。~
傑作機ではあったが老朽化や陳腐化の末、現在では退役が進み、後継の[[SH-60]]や[[AW101]]などに道を譲りつつある。~
~
http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/yksk0407/s-61a_01.jpg ~
砕氷艦[[しらせ(初代)>SHIRASE(気象観測船)]]搭載のS-61A-1。

**スペックデータ[#xb741153]
|>|CENTER:''SH-3''|
|乗員|4名([[パイロット>エビエーター]]2名、対潜システムオペレーター2名)|
|容量|乗員3名|
|全長|16.7m/22.15m(主ローター含む)|
|全高|5.13m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|19m|
|円板面積|284|
|空虚重量|5,382kg/6,201kg(SH-3H)|
|積載重量|8,449kg|
|全備重量|10,000kg/9,525kg(SH-3H)|
|機内燃料容量|3,180リットル|
|[[発動機>エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] T58-GE-10[[ターボシャフト]]×2基&br;GE T58-GE-8F/-100ターボシャフト×2基(CH-124)|
|エンジン出力|T58-GE-10:1,400shp(1,045kW)&br;T58-GE-8F/-100:1,500shp(1,118kW)|
|最高速度|267km/h|
|[[巡航速度]]|219km/h|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|4,480m|
|海面[[上昇率]]|400〜670m/min&br;616m/min(SH-2H)|
|[[ホバリング]]上昇限度|3,200m|
|[[航続距離]]|970km|
|武装|Mk.46/Mk.44[[対潜魚雷]]または[[爆雷]]×4発&br;各種[[ソノブイ]]&br;B57[[核爆雷>核兵器]]&br;[[対艦ミサイル]]×2発(SH-2H)|
~
|>|CENTER:''ウェストランド シーキング HAS.5''|
|乗員|ミッションに応じて2〜4名|
|全長|17.02m|
|全高|5.13m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|18.9m|
|円板面積|280|
|空虚重量|6,387kg|
|積載重量|9,525kg|
|最大離陸重量|9,707kg(過負荷重量)|
|[[エンジン]]|ロールス・ロイス グノームH1400-2ターボシャフト×2基&br;(出力1,660shp(1,238kW))|
|最高速度|208km/h(海面上、最大巡航時)|
|[[航続距離]]|1,230km|
|[[上昇率]]|10.3m/s|
|武装|MK.44/Mk.46/スティングレイ[[対潜魚雷]]×4発または[[爆雷]]×4発&br;ドアマウントで[[機関銃]]を装備可能|
~
**SH-3(S-61)のバリエーション[#kad0cee9]
-S-61:~
アメリカ軍のSH-3に対するシコルスキーでの呼称。~
~
-S-61A:~
デンマーク空軍向け。~
~
-S-61A/AH:~
測量や捜索救難など民間向け汎用ヘリコプター。~
~
-S-61B:~
海上自衛隊のHSS-2に対するシコルスキーでの呼称。~
~
-S-61D-3:~
ブラジル海軍向け。~
~
-S-61D-4:~
アルゼンチン海軍向け。~
~
-S-61NR:~
アルゼンチン空軍向け。~
~
-S-61R:~
アメリカ空軍(CH-3/HH-3)・イタリア空軍向け。~
--S-61R-10:~
シコルスキー社で運用された試作機型。~
--S-61R-12:~
アルゼンチン空軍向け。HH-3F仕様。~
~
-S-61L:~
民間向け陸上ヘリコプター。~
--S-61L MkII:~
S-61Lの改良型。~
~
-S-61N:~
民間向け水陸両用ヘリコプター。~
--S-61N MkII:~
S-61Nの改良型。~
~
-S-61「ペイローダー」:~
クレーン作業特化型。機体下部構造が特徴である。~
標準的なS-61Nより約900kg軽量化されている。~
~
-S-61「ショートスカイ」:~
エンジン1基搭載と外部[[ペイロード]]を増やした設計で、S-61L/Nより機体を縮小された。~
~
-S-61A:~
民間輸送型。~
~
-CH-124:~
ユナイテッド・エアクラフト・オブ・カナダ社でのライセンス生産型。~
~
***シコルスキー製[#kad0cee9]
-''対潜型''~
--XHSS-2:~
試作型。1機のみ。~
~
--YHSS-2:~
先行量産型。9機が製造された。~
~
--SH-3A(旧称HSS-2):~
初期型。~
~
--SH-3D:~
[[エンジン]]出力向上型。~
~
--SH-3H:~
[[ソノブイ]]や[[対潜レーダー]]などを搭載し、索敵能力を向上させた型。~
~
-''輸送・汎用型''~
--HR3S-1:~
[[アメリカ海兵隊]]向け輸送ヘリコプターの提案型。キャンセル。~
~
--SH-3G:~
A型/G型を改修した輸送・連絡用。~
~
--UH-3H:~
SH-3Hから対潜機材を撤去した汎用型。~
~
--CH-3A:~
[[アメリカ海軍]]のSH-3Aが[[アメリカ空軍]]に移管された機体。~
~
--CH-3B:~
CH-3Aの正式量産型。CH-3Aも後に統合された。~
~
--CH-3C:~
[[アメリカ空軍]]向けの輸送ヘリコプター型。~
~
--CH-3E:~
アメリカ空軍向け輸送ヘリコプター型。~
~
-''[[捜索救難]]型''~
--HH-3A:~
海軍向け。~
~
--HH-3E「[[ジョリー・グリーン・ジャイアント>ジョリーグリーンジャイアント]]」:~
[[アメリカ空軍]]向けで、胴体後部にカーゴドアを追加。~
~
--HH-3F「ペリカン」:~
[[米沿岸警備隊>アメリカ沿岸警備隊]]向け。[[FLIR]]を装備。~
~
-''その他''~
--RH-3A:~
[[機雷]]掃海用。~
~
--NH-3A:~
アメリカ空軍向け実験機型。~
~
--MH-3E:~
HH-3Eを改良した特殊作戦機。~
~
--VH-3A:~
[[アメリカ海兵隊]]が、大統領など連邦政府高官の近距離輸送に用いる機体。~
いわゆる「[[マリーン・ワン>エアフォースワン]]」((マリーンワンには[[UH-60]]を改造したVH-60もあるが、本機は主としてアメリカ国内の短距離移動に用いられる。))。~
---VH-3D:~
VH-3Aの改良型。~

***ウェストランド製[#p5733e20]
-''対潜哨戒機型''~
--シーキングHAS.1:~
イギリス海軍用の対潜哨戒型。米軍のSH-3D相当。~
~
--シーキングHAS.2:~
HAS.1の出力増強型。~
---シーキングHAS.2A:~
HAS.1をHAS.2並に改装した機体。~
~
--シーキングHAS.5:~
HAS.2の電子装備を新型に換装した機体。~
~
--シーキングHAS.6:~
HAS.5の出力増強型。~
---シーキングHAS.6(CR):~
HAS.6から改装した多目的機型。~
~
--シーキングMk.42:~
対艦ミサイル搭載可能なインド海軍向け機体。HAS.1に相当。~
~
--シーキングMk.45:~
HAS.1に[[エグゾセ]]の搭載能力を付加した、パキスタン軍向けの機体。~
~
--シーキングMk.47:~
エジプト海軍向けの海上哨戒機型。HAS.2相当。~
~
--シーキングMk.50:~
オーストラリア海軍向けの海上哨戒機型。HAS.1に相当。~
~
-''早期警戒型''~
--シーキングAEW.2A:~
HAS.2 から改装した[[早期警戒機]]型。~
~
--シーキングAEW.5:~
HAS.5 から改装した早期警戒機型。~
~
--シーキングAEW.7:~
従来の早期警戒機型から対潜レーダーを除去した型。~
---シーキングASaC.7:~
AEW.7 の能力向上型。~
~
-''捜索救難型''~
--シーキングHAR.3:~
HAS.2の[[捜索救難]]機型。~
~
--シーキングHAR.5:~
HAS.5の捜索救難機型。~
~
--シーキングMk.41:~
HAS.1からソナー装備を撤去したドイツ海軍向けの捜索救難型。~
~
--シーキングMk.43:~
ノルウェー軍向けの捜索救難型機。Mk.41に相当。~
~
--シーキングMk.48:~
ベルギー空軍向けの捜索救難型機。Mk.41に相当。~
~
--コマンドー Mk.1:~
エジプト空軍向けの捜索救難型機。Mk.41と同等。~
~
-''多用途型''~
--シーキングHU.5:~
HAS.5から改装した多目的機。~
~
--コマンドー Mk.2:~
コマンドーMk.1の出力を増強した戦術輸送機型。エジプト、カタール軍が採用。~
---コマンドー HC.4:~
コマンドーMk.2のイギリス海軍用戦術輸送機型。~
~
--コマンドー Mk.3:~
カタール軍向けの武装多用途型機。~
~
***アグスタ製 [#be52bfa0]
--AS-61:~
[[アグスタ>アグスタウェストランド]]社でのライセンス生産型。~
~
--AS-61A-1:~
マレーシア空軍向け輸出型。~
~
--AS-61A-4:
軍用輸送及び捜索救難ヘリコプター型。~
[[アグスタ>アグスタウェストランド]]社による[[ライセンス生産]]機。~
~
--AS-61R:~
イタリア海軍向け長距離捜索救難ヘリコプター型。HH-3F相当。~
[[アグスタ>アグスタウェストランド]]社によるS-61Rのライセンス生産機。~
~
--AS-61N-1「シルバー」:~
S-61Nのライセンス生産機。ショートキャビンを持つ。~
~
--AS-61VIP:~
VIP輸送ヘリコプター型。~
~
--ASH-3A:~
汎用輸送ヘリコプター型。~
~
--ASH-3D(AS-61D):~
対潜ヘリコプター型。SH-3D相当。~
[[アグスタ>アグスタウェストランド]]社による[[ライセンス生産]]機。~
イタリア海軍の他、ブラジル、イラン、ペルー、アルゼンチンが導入。~
~
--ASH-3TS:~
イタリア空軍向けVIP輸送ヘリコプター型。2012年まで運用。~
~
--ASH-3H(AS-61H):~
イタリア海軍向け対潜ヘリコプター型。SH-3H相当。~
[[アグスタ>アグスタウェストランド]]社による[[ライセンス生産]]機。~
~
***[[三菱重工業]]製 [#s410b0a6]
-''対潜哨戒型''
--HSS-2:~
[[三菱重工>三菱重工業]]による[[海上自衛隊]]向け[[ライセンス生産]]機。SH-3A相当。~
対潜捜索用センサーとして[[AN/AQS-10]][[ディッピングソナー]]を備えており、また[[AN/APN-130]][[ドップラーレーダー]]と電波高度計、自動安定装置を連動させた高度な自動操縦装置を備えていた。~
エンジンはCT58-IHI-110-2(出力932kW)を搭載していた。~
~
--HSS-2A:~
エンジンと電子機器を増強した型。SH-3D相当。~
エンジンはCT58-IHI10-M1(出力1,044kW)とされ、ディッピングソナーも[[AN/AQS-13]]に更新したほか、衝突防止用レーダ(ロータ・ヘッド・レーダー)を開発して新たに搭載した。~
~
--HSS-2B:~
全般にわたって設計・装備の近代化改修を図った型。SH-3H相当。~
ディッピングソナーをHQS-102、捜索レーダーをHPS-102に国産化するとともに、AN/ASQ-81[[磁気探知機(MAD)>磁気捜索装置]]、AN/ALR-66[[電子戦支援装置>ESM]]、[[ソノブイ]]受信機、戦術情報処理表示装置(TDDS((Tactical Data Display System.)))が追加された。~
なお、この改修により[[航続距離]]がHSS-2Aの約985kmに対し約787kmに減少している。~
~
-''輸送・汎用型''
--S-61A:~
民間輸送型。[[海上自衛隊]]は南極観測に利用。~
三菱重工業でもライセンス生産された。~
~
--S-61A-1:~
南極観測用S-61Aの後継機。~
南極観測船[[「しらせ(初代)」>SHIRASE(気象観測船)]]の艦載機として使用された。~
~
--S-61AH:~
S-61Aに[[捜索救難]]装備を搭載した、[[三菱重工業]]による[[海上自衛隊]]向け[[ライセンス生産]]機。~
[[S-62J>S-62]]の後継。~
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS