• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(おーわいきゅーじゅうに){【OYQ-12】}; [#q79b0ecf]
[[海上自衛隊]]で現在建造中の[[ヘリコプター護衛艦>護衛艦]]「[[いずも]]」(DDH-183)に搭載される予定の新型戦闘指揮システム。~
[[海上自衛隊]]の[[ヘリコプター護衛艦>護衛艦]][[いずも型>いずも]]に搭載されている新型戦闘指揮システム。~
~
本システムは、前作の[[ひゅうが]]型に搭載された[[OYQ-10]]の簡易版で、同級よりも航空機運用に特化したものになると言われている。~
本級では搭載武装を高性能20ミリ機関砲([[CIWS]])と[[RIM-116]](SeaRAM)、電子戦装置NOLQ-3D、[[魚雷防御装置]](TCM)、SRBOCに限定し、[[アメリカ海軍]]のSSDS(艦艇自衛システム)に準ずるものになると言われている。~
本システムは、前級の[[ひゅうが型>ひゅうが]]に搭載された[[OYQ-10]]の簡易版で、同級よりも航空機運用に特化している。~
本級では搭載武装を[[高性能20ミリ機関砲>ファランクス]]([[CIWS]])と[[RIM-116]](SeaRAM)、[[電子戦]]装置[[NOLQ-3D>NOLQ-3]]、[[魚雷防御装置]](TCM)、SRBOCに限定し、[[アメリカ海軍]]のSSDS(艦艇自衛システム)に準ずるものとなっている。~
~
また、指揮管制システムの強化により、FICを備える[[ひゅうが]]型よりもさらに指揮管制機能が充実するほか、[[ひゅうが]]では搭載されなかったFAJやMODなどの[[TCM>魚雷防御装置]]の搭載により、対潜中枢艦では不足しがちな対潜能力が充実している。~
また、指揮管制システムの強化により、FICを備える[[ひゅうが型>ひゅうが]]よりもさらに指揮管制機能が充実するほか、[[ひゅうが]]では搭載されなかったFAJやMODなどの[[TCM>魚雷防御装置]]の搭載により、対潜中枢艦では不足しがちな対潜能力が充実している。~
~
以下にはひゅうが、22DDH、[[ニミッツ]]級の[[C4I]]システムをあげておく。~
以下にはひゅうが、いずも、[[ニミッツ級>ニミッツ(航空母艦)]]の[[C4I]]システムをあげておく。~

|兵装・対抗手段|[[ひゅうが]]型|22DDH|[[ニミッツ]](CVN-68)|
||Mk-41[[VLS>垂直発射システム]](16セル)|[[RIM-116]] SeaRAM|[[RIM-7]]/[[RIM-162]](ESSM)|
||([[RIM-162]] ESSM/[[RUM-139]] ASROC)|高性能20ミリ機関砲(CIWS)|高性能20ミリ機関砲(CIWS)|
||Mk-137 SRBOC|Mk-137 SRBOC|Mk-137 SRBOC|
|電子戦システム|NOLQ-3C [[電子戦]]装置|NOLQ-3D 電子戦装置|SLQ-32 電子戦装置|
|戦闘指揮システム|[[OYQ-10]]|OYQ-12|ACDS SSDS MK-2|
|ハードウェア|[[Q-70>UYQ-70]]|Q-70|Q-70(V)|
|司令部機能|あり|あり|あり|

|兵装・対抗手段|[[ひゅうが型>ひゅうが]]|[[いずも]]|[[ニミッツ>ニミッツ(航空母艦)]](CVN-68)|
|~|Mk.41[[VLS>垂直発射システム]](16セル)|[[RIM-116]] SeaRAM|[[RIM-7]]/[[RIM-162]](ESSM)|
|~|([[RIM-162]] ESSM/[[RUM-139]] ASROC)|>|CENTER:[[高性能20ミリ機関砲>ファランクス]](CIWS)|
|~|>|>|CENTER:Mk.137 SRBOC|
|[[電子戦]]システム|NOLQ-3C [[電子戦]]装置|NOLQ-3D 電子戦装置|SLQ-32 電子戦装置|
|戦闘指揮システム|[[OYQ-10]]|OYQ-12|ACDS SSDS MK.2|
|ハードウェア|>|CENTER:[[Q-70>UYQ-70]]|Q-70(V)|
|司令部機能|>|>|CENTER:あり|
~
このほか、OYQ-12では司令部機能が拡充され、ひゅうが型のFICよりも充実した管制システムが敷かれることや、新型レーダー[[OPS-50]]、新型ソナー[[OQQ-24]]など革新的な技術を導入したことも特筆すべきである。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS