• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(けーえーごじゅう){【Ka-50】}; [#d1a1716d]
*&ruby(かもふごじゅう){【Ka-50】}; [#d1a1716d]
Kamov Ka-50~
ロシアの[[カモフ]]設計局が[[Mi-24]]の後継機として開発した[[攻撃ヘリコプター]]。~
[[NATOコード]]は&ruby(ホーカム){Hokum};。[[愛称]]は「チョールナヤ・アクーラ((Чёрная акула:ロシア語で黒い鮫(Black Shark)と言う意味。))」。~
実戦試験として、チェチェン紛争において8機が投入された。~
~
前作の[[Mi-24]]とは違って完全な[[攻撃ヘリコプター]]として設計されたため、兵員輸送能力を持たない。~
[[コックピット]]は大幅に自動化され、[[攻撃ヘリコプター]]としては世界初の単座型を実現した。~
また、メインローターはアフガニスタンでの戦訓から[[二重反転ローター]]を採用している。~
機体側面に多数のメンテナンスハッチを設け、局地戦での整備を容易にしている。~
また、アフガニスタンでの戦訓からメインローターは[[二重反転ローター]]を採用し、機体側面には多数のメンテナンスハッチを設け、局地戦での整備を容易にしている。~
~
防御面では、[[NATO>北大西洋条約機構]]諸国軍が持つ12.7mm[[重機関銃]]の[[徹甲弾]]に耐えられる強度の[[装甲]]を装備した他、[[風防]]・[[キャノピー]]の防弾ガラスにも上記と同等の耐久性を備え、[[パイロット]]の生存性を高めている。~
また、万が一の場合にも[[射出座席]]によって迅速な[[ベイルアウト]]を可能とする。

**スペックデータ [#e59f7630]
|乗員|1名(Ka-50)/2名(Ka-52)|
|[[主回転翼>メインローター]]直径|14.5m|
|全長|16.0m|
|全高|4.93m|
|ローター回転面積|165.1|
|通常離陸重量|9,800kg|
|最大離陸重量|10,800kg(Ka-50)/10,400kg(Ka-52)|
|最大兵装搭載量|3,000kg|
|[[エンジン]]|クリモフ [[TV3-117VMA>TV3-117]][[ターボシャフト]](出力1,633kW)×2基(Ka-50)&br;クリモフ [[TV3-117VMA-SB3>TV3-117]]ターボシャフト(出力1,838kW)×2基(Ka-52)|
|最大速度|167kt|
|海面[[上昇率]]|480m/min(Ka-52)|
|垂直上昇率|600m/min(Ka-50、高度2,500m)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|5,500m|
|[[ホバリング]]高度限界|4,000m(Ka-50、OGE)&br;3,600m(Ka-52、OGE)|
|[[航続距離]]|1,200km(フェリー時、Ka-50)&br;270nm(Ka-52)|
|[[戦闘行動半径]]|135nm(Ka-50)|
|固定武装|2A42 30mm機関砲×1門(弾数470発(AP弾240発+[[HE>榴弾]]弾230発))|
|兵装|下記兵装を最大2,000kgまで搭載可能。&br;&br;[[対戦車ミサイル]]:&br;・9K121「ヴィキール」(AT-16「スカリオン」)(最大12発)&br;・9M120(AT-12「スウィンガー」)&br;[[空対空ミサイル]]:&br;・[[9M39「イグラ-1V」>SA-18]](最大4発)&br;・[[R-60>AA-8]](最大4発)&br;・[[R-73>AA-11]](最大4発)&br;[[対レーダーミサイル]]:&br;・Kh-25P&br;その他兵装:&br;・B-8V20Aロケット弾ポッド([[S-8]][[ロケット弾]]20発×最大4基)&br;・B-13L1ロケット弾ポッド([[S-13]][[ロケット弾]]10発×最大2基)&br;・UPK-23-250 2連装23mmガンポッド×2基(弾数940発)&br;・FAB-500 500kg爆弾(最大4発)&br;・500リットル[[増槽]](最大4発)|
|タイプ|CENTER:Ka-50|CENTER:Ka-52|
|乗員|CENTER:1名|CENTER:2名|
|[[主回転翼>メインローター]]直径|>|CENTER:14.5m|
|全長|>|CENTER:16.0m|
|全高|>|CENTER:4.93m|
|ローター回転面積|>|CENTER:165.1|
|通常離陸重量|>|CENTER:9,800kg|
|最大離陸重量|CENTER:10,800kg|CENTER:10,400kg|
|最大兵装搭載量|>|CENTER:3,000kg|
|[[エンジン]]|>|CENTER:ターボシャフト×2基|
|~|クリモフ [[TV3-117VMA>TV3-117]]&br;(出力1,633kW)|クリモフ [[TV3-117VMA-SB3>TV3-117]]&br;(出力1,838kW)|
|最大速度|>|CENTER:167kt|
|海面[[上昇率]]|CENTER:-|CENTER:480m/min|
|垂直上昇率|CENTER:600m/min(高度2,500m)|CENTER:-|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|>|CENTER:5,500m|
|[[ホバリング]]高度限界&br;(OGE)|CENTER:4,000m|CENTER:3,600m|
|[[航続距離]]|CENTER:1,200km(フェリー時)|CENTER:270nm|
|[[戦闘行動半径]]|CENTER:135nm|CENTER:-|
|固定武装|>|CENTER:2A42 30mm[[機関砲]]×1門(弾数470発(AP弾240発+[[HE>榴弾]]弾230発))|
|兵装|>|CENTER:下記兵装を最大2,000kgまで搭載可能。|
|[[対戦車ミサイル]]|>|CENTER:9K121「ヴィキール」(AT-16「スカリオン」)(最大12発)&br;9M120(AT-12「スウィンガー」)|
|[[空対空ミサイル]]|>|CENTER:[[9M39「イグラ-1V」>SA-18]](最大4発)&br;[[R-60>AA-8]](最大4発)&br;[[R-73>AA-11]](最大4発)|
|[[対レーダーミサイル]]|>|CENTER:Kh-25P|
|その他兵装|>|CENTER:B-8V20Aロケット弾ポッド([[S-8]][[ロケット弾]]20発×最大4基)&br;B-13L1ロケット弾ポッド([[S-13]][[ロケット弾]]10発×最大2基)&br;UPK-23-250 2連装23mmガンポッド×2基(弾数940発)&br;FAB-500 500kg爆弾(最大4発)&br;500リットル[[増槽]](最大4発)|

**派生型 [#ue36e606]
-Ka-50:~
基本型。~
~
-Ka-50Sh:~
単座夜間攻撃機型。~
非公式[[愛称]]は「ノチュノーイ・オホートニク((Ночной охотник:ロシア語で「夜の狩人(Night hunter)」と言う意味。))」。~
~
-Ka-50N:~
単座夜間攻撃ヘリコプター型。~
~
-Ka-50-2「エルドガン」:~
[[NATO>北大西洋条約機構]]向けに開発された複座型。~
[[AH-1]]と同様、タンデム(縦列配置)式操縦席を採用している。~
トルコの次期主力攻撃ヘリコプター選定の候補として挙げられたが、結局AH-1Zに破れた。~
~
-Ka-52:~
Ka-50の複座偵察攻撃ヘリコプター型。~
[[愛称]]は「アリガートル((Аллигатор:ロシア語で鰐(Alligator)という意味。))」。[[NATOコード]]はホーカムB。~
夜間攻撃用に「サムシート((самшит:ロシア語で柘(つげ)の意味。))-50BM-1」温度探知システムが搭載され、レーザー誘導ミサイルによる攻撃力の向上が図られている。~
~
-Ka-54:~
Ka-52から開発されたタンデム複座式の派生型。~
操縦席周辺の防御力の強化が図られている。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS