• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えいちけーよんいちろく){【HK416】}; [#z616303c]
H&K HK416~
[[ヘッケラー&コッホ]]が[[M4]]を基に改修した[[カービン]]/[[突撃銃]]。~
旧称HKM4。改名されたのはコルト社からクレームを受けたからといわれる。~
~
信頼性に問題のあった[[L85>SA80]]を[[H&K>ヘッケラー&コッホ]]が改修した実績を受け、[[M4]]に対しても同様に改良を施したもの。~
特筆するほど問題があるわけでもない[[M4]]をあえて改修した経緯はあまり明瞭ではなく、実際それほど多くの需要は生じなかった。~
おおむね[[特殊部隊]]用の高級火器として扱われているが、例外的にトルコ軍・ノルウェー軍では[[G3]]の後継として、フランス軍では[[FA-MAS]]の後継として、制式採用されている。~
~
主な改修点は下記のとおり。~

-[[回転機構]]([[ガスオペレーション]])をリュングマン式から、ガスピストン式に変更し、回転不良を改善。
-銃身を冷間鍛造のものに変更し長寿命化。
-[[弾倉]]を剛性の高いスチール製のものに変更し、給弾トラブルを防止。
-[[ピカティニー・レール]]を剛性の高い構造に変更し精度を向上。特にレシーバー上のレールはハンドガード上部のものと連続している。
-アイアンサイトの照門を可倒式ピープサイトから、[[G3]]と同様のドラム型ピープサイトに変更。~
もっとも、[[ピカティニー・レール]]に[[スコープ>望遠鏡式照準器]]やダットサイトを装着する事が多く、アイアンサイトの使用頻度は高くない。

**スペックデータ [#recb8962]
|形式名|>|>|>|>|CENTER:''HK416''|''M27IAR''|>|>|CENTER:''HK417''|
|~|HK416C|D10RS|D14.5RS|D16.5RS|D20RS|~|Assaulter|Recon|Sniper|
|使用弾薬|>|>|>|>|>|CENTER:5.56×45mm NATO弾|>|>|CENTER:7.62×51mmNATO弾|
|全長|560〜&br;690mm|700〜&br;796mm|804〜&br;900mm|855〜&br;951mm|941〜&br;1,037mm|840〜&br;940mm|805〜&br;885mm|905〜&br;985mm|1,005〜&br;1,085mm|
|銃身長|228mm|264mm|368mm|419mm|505mm|420mm|305mm|406mm|508mm|
|重量|3,090g|3,270g|3,740g|3,810g|4,105g|3,850g|4,364g|4,608g|4,958g|
|施条方式|>|>|>|>|>|CENTER:6条右転、1:7インチ|>|>|CENTER:4条右転、1:11インチ|
|作動方式|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:ショートストロークピストン式|
|閉鎖方式|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:回転ボルト式|
|発射速度|>|>|>|>|>|CENTER:650発/分|>|>|CENTER:500〜600発/分|
|装弾数|>|>|>|>|>|CENTER:30発(STANAGマガジン)|>|>|CENTER:20発|


~
**バリエーション [#recb8962]
-HK416:~
5.56mmNATO弾を使用する基本型。~
銃身は10インチから20インチまでのバリエーションがある((銃身長により「D**RS」のサブナンバーが付与される(**はインチ数)。))。
~
--HK416A1:~
銃身部を軽量化し、ファイアリングピンセイフティを装備した改良型。~

--HK416A2:~
A1型に水際での使用に対応した改修を施した改良型。OTB((上陸作戦(Over The Beach)の略。))モデルと呼ばれる。~
銃身基部の突起やバッファチューブとボルトキャリアにある水抜き穴が特徴。~
~
--HK416A3:~
HK416Nに仕様を取り入れたモデル。~
コッキングしていない状態でもセレクターをセイフティ位置にできることが最大の変更点となる。~
なお、N型にあったガスレギュレーターは採用されていない。~
~
--HK416A4:~
A3のトリガーシステムを2段階式にしたモデル。~
~
--HK416A5:~
A4型を基にG28マークスマンライフルの特徴を取り入れて改修されたモデル。~
米軍の次期カービン計画(ICC((Individual Carbine Competition.)))((なお、2013年に計画中止となったため、米軍には採用されていない。))に応募するために開発された。~
銃身は10インチから20インチまでのバリエーションがある((銃身長により「-**」のサブナンバーが付与される(**はインチ数)。))。~

--HK416N:~
ノルウェー軍向け。~
A2ベースのノルウェー軍向けモデル。~
銃身の浸水対応機能を省いて、安全装置の機構の変更、規制子(ガスレギュレーター)の装備などの改修を加えた。~
また、独自の着剣装置が銃身に装着されており、規制子切り替えノブはハンドガード前端部右側面にある。~
~
---HK416K:~
N型の10インチバレルモデル。~
~
--メフメッチッキ-1:~
トルコ軍向け[[ライセンス生産]]型(MKEK社が担当)((「メフメッチッキ」(Mehmetçik)とはトルコ兵の愛称。))。~
~
--HK416F:~
フランス軍向け。~
A5ベースのフランス軍向けモデル。[[FA-MAS]]の後継として採用された。~
前後の照準器と[[銃剣]]装着部(バヨネットラグ)の形状が変更されている。~
~
---HK416F Standard:~
14.5インチバレルモデル。~
~
---HK416F Court:~
11インチバレルモデル。~
~
--G38:~
ドイツ軍向け。~
HK416A5-16.5のドイツ連邦軍での名称。~
~
---G38K:~
14.5インチバレルモデル。~
~
---G38C:~
11インチバレルモデル。~
~
--HK416C:~
HK416を更に短縮した[[PDW]]モデル。~
9インチ銃身や軽量の伸縮式銃床を採用。~
~
--M27 IAR:~
HK416の構造を更に強化した[[アメリカ海兵隊]]向け[[分隊支援火器]]([[LSW]])型。~
STANAGマガジンを使用するため[[機関銃]]としては装弾数が少なく、[[マークスマンライフル]]に近い運用がされる。(([[機動力]]が要求される[[部隊]]等、軽量さが重視される場面での使用が想定されるが、[[M249>ミニミ]]も平行して使い続けられる予定。))
~
---M38 SDMR:~
M27に狙撃用スコープとサプレッサーを装着したマークスマンライフル仕様。~
~
--MR556:~
HK416の民間向け[[セミオート]]モデル。((完成品のほか、既存のAR-15系から換装するためのコンバージョンキットも販売される。))~
~
-HK417:~
7.62mmNATO弾仕様。半透明樹脂製[[弾倉]]を採用。~
銃身は12インチから20インチまでのバリエーションがある。~
~
--MR762:~
HK417の民間向け[[セミオート]]モデル。
HK417の民間向け[[セミオート]]モデル。~
~
--G28:~
MR762をベースにしたドイツ軍向け[[マークスマンライフル]]。
MR762をベースにしたドイツ軍向け[[マークスマンライフル]]。~
~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS