• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えふはちじゅう){【F-80】}; [#v37f49b3]
Lockheed F-80(P-80)"&ruby(シューティングスター){Shooting Star};"(流星の意).
~
~
[[ロッキード]]社が開発した戦闘機。アメリカ軍初の実用ジェット戦闘機である。~
当初はP-80の名称で運用されていたが、1948年に[[アメリカ軍]]内に[[空軍]]が発足したのを期に名称がF-80に変更された。~
当初は「P-80」の名称で運用されていたが、1948年に[[アメリカ空軍]]が発足したのを期に、名称が「F-80」に変更された。~
~
[[第二次世界大戦]]中の1943年の5月から開発を開始し、YP-80が1944年1月に初飛行した。
~
開発年からも察することができるが、F-80は第二次世界大戦に投入することを想定して開発されたが、実際には生産が間に合わず戦果を上げることは無かった。~
[[第二次世界大戦]]中の1943年5月から開発が開始され、試作機「YP-80」が1944年1月に初飛行した。~
しかし、量産機の生産が間に合わず、第二次大戦では戦果を上げることは無かった。~
その後[[朝鮮戦争]]で初の実戦配備となり、[[MiG-15]]と史上初のジェット機同士の空中戦を行い勝利するなど、戦争初期の[[航空優勢]]確保の主力として一定の戦果はあげたものの、既にMiG-15に比べて時代遅れとなってしまっていた。~
そのため、[[F-86]]に後を譲り、対地攻撃や低空写真偵察に使用された。~
~
後に、本機を複座化して[[練習機]]とした[[T-33]]も造られ、こちらは長きに渡って使用された。~
~
**スペックデータ [#obf472ee]
乗員:1名~
全幅:11.85m~
全長:10.51m~
全高:3.42m~
[[主翼]]面積:22.07~
空虚重量:3,820kg~
最大離陸重量:7,650kg~
エンジン:アリソン製J33-A-35[[ターボジェット]][[エンジン]](推力24.0k)2基~
速度:516kt(最大)/382kt(巡航)~
海面上昇率:2,094m/min~
実用上昇限度:14,265m~
航続距離:718nm(増槽使用時)~
兵装:[[M2 12.7mm機銃>ブローニングM2]]6挺、翼下に通常爆弾、5inロケット弾ポッド、増槽等を搭載可能。~
~
**派生型 [#z0c00b7a]
-XP-80(1機)~
試作機。エンジンはハルフォードH1.B(後のデハビランド ゴブリン)遠心式ターボジェットを搭載。~
~
-XP-80A~
XP-80の試作型。~
エンジンはI-40(GE社によるロールス・ロイス ダーウェントのライセンス生産版)ターボジェットを搭載し、翼面積の拡大や構造強化が施されている。~
~
-YP-80A~
増加試作型。~
~
-F-80A(P-80A)~
初期生産型。~
~
-XP-80R~
P-80Aを改修した高速度試験機型。1947年に速度記録を樹立。~
~
-QF-80A~
F-80Aの無人標的機型。~
~
-RF-80A(FP-80A)(38機(A型改修)+114機(新造))~
F-80Aの偵察機型。
F-80Aの偵察機型。~
~
-F-80B(240機)~
中期生産型。エンジンをGE製J33-A-21[[ターボジェット]]に換装し、[[射出座席]]を装備、[[JATO]]の装備が可能となった。~
~
-F-80C(798機)~
最終生産型で戦闘爆撃機型。~
エンジンはアリスン社製J33-A-35[[ターボジェット]][[エンジン]]が装備され、主翼も強化されている。~
~
-RF-80C(FP-80C)~
F-80Cの偵察機型。~
~
-T-33(TF-80C)~
練習機型。~
~
-TO-1,TO-2~
海軍向け複座艦上練習機型。~
[[海軍>アメリカ海軍]]向け複座艦上練習機型。~
~
-F-94~
練習機型であるT-33に[[レーダー]]([[AN/APG-33]])を搭載した夜間(全天候)戦闘機型。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS