• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えふご(せんとうき)){【F-5(戦闘機)】}; [#k7d8305e]
Northrop F-5 "FreedomFighter" / F-5E・F "Tiger2" / RF-5E "Tigereye"~
~
アメリカの[[ノースロップ]]社が1960年代に開発した[[ジェット戦闘機>戦闘機]]。~
同社製のジェット[[練習機]]・[[T-38]]を原型に、途上国向けの機体として開発された。~
機首に[[レーダー]]やM39 20mm[[リボルバーカノン]]を2門装備し、翼端や翼下・胴体下に[[ハードポイント]]も追加された。~
運動性が高いうえ[[爆弾]]などで武装することもでき、簡易的な[[戦闘攻撃機]]として位置づけられた。~
~
[[アメリカ国防総省]]の提唱した軍事援助プログラムによって、韓国や台湾など、共産国と対峙する多くの国へ輸出された。((日本の[[航空自衛隊]]にも、[[T-38]]とともに一時期導入が検討されたが、結局は国産の[[T-2>T-2(日本)]]/[[F-1]]が導入された。))~
また、カナダの[[カナデア]]社では[[ライセンス生産]]も行われた。~
また、カナダの[[カナディア]]社では[[ライセンス生産]]も行われた。~
~
[[ベトナム戦争]]が激化し正規の[[戦闘機]]を消耗させた[[アメリカ空軍]]は、その数を補うため安価なF-5に着目した。~
F-5Aの[[アビオニクス]]を強化し、[[空中給油]]受油プローブを追加するなどの小改良を施したF-5C、通称「スコシタイガー」が少数生産され、試験的に実戦投入された。~
~
また、[[ベトナム戦争]]中に南ベトナム軍へ供与されたA/B型の空中戦を[[ノースロップ]]が分析した結果、機動性を向上させたF-5E「タイガー2」を開発した。~
具体的には、強力な[[エンジン]]への変更とそれにともなう胴体構造の強化、[[主翼]]面積の増大や[[ストレーキ]]の追加、そして小型機ながら[[火器管制装置]]を装備するなどの強化がなされている。~
F-5Eはその大きさや運動性が[[MiG-21]]に似ているといわれ、そのことから[[レッドフラッグ]]や[[トップガン]]などの[[アグレッサー]]として用いられたことでも知られる。~
一部の機体は「シャークノーズ」と呼ばれる空力特性に優れた平型の機首を採用しており、これは[[F-20]]に活かされた。~
~
#ref(http://www.masdf.com/aerobatics/patrouillesuisse/IMG_0140.jpg,600x400);~
(スイス空軍 [[パトルイユスイス]])~
~
**スペックデータ [#o77329f3]
|CENTER:形式|CENTER:F-5A|CENTER:F-5E|
|CENTER:乗員|>|CENTER:1名|
|CENTER:全長|CENTER:14.38m|CENTER:14.69m|
|CENTER:全高|CENTER:4.01m|CENTER:4.02m|
|CENTER:全幅|CENTER:7.87m(翼端[[増槽]]含む)&br;7.70m(増槽除く)|CENTER:8.13m(主翼端[[AAM>空対空ミサイル]]含まず)&br;8.53m(AAM含む)|
|CENTER:[[主翼]]面積|CENTER:15.8|CENTER:17.3|
|CENTER:空虚重量|CENTER:3,667kg|CENTER:4,392kg|
|CENTER:最大離陸重量|CENTER:9,379kg|CENTER:11,193kg|
|CENTER:最大兵装搭載量|CENTER:2,810kg|CENTER:3,175kg|
|CENTER:[[エンジン]]|>|CENTER:[[ターボジェット]]×2基|
|~|CENTER:[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[J85-GE-13>J85]]&br;([[推力]]12.10kN/18.15kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時))|CENTER:GE J85-GE-21A&br;(推力15.6kN/22.2kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時))|
|CENTER:速度&br;(最大/巡航)|CENTER:802kt/556kt|CENTER:[[マッハ]]1.6/450kt|
|CENTER:[[海面上昇率>上昇率]]|CENTER:8,748m/min|CENTER:10,500m/min|
|CENTER:[[実用上昇限度>上昇限度]]|CENTER:15,390m|CENTER:15,590m|
|CENTER:フェリー[[航続距離]]|CENTER:1,400nm|CENTER:1,270nm|
|CENTER:[[戦闘行動半径]]|CENTER:485nm(Hi-Lo-Hi)|CENTER:570nm(Hi-Hi-Hi、制空ミッション)&br;120nm(Lo-Lo-Lo、攻撃ミッション)|
|CENTER:固定武装|ポンティアック [[M39]]&br;20mm[[リボルバーカノン]]×2門|CENTER:M39A2 20mmリボルバーカノン×2門&br;(弾薬各280発)|
|>|>|CENTER:兵装|
|[[ミサイル]]|>|CENTER:[[AIM-9「サイドワインダー」>AIM-9]]または[[AIM-120「AMRAAM」>AIM-120]]×4発&br;[[AGM-65「マーベリック」>AGM-65]]×2発&br;[[R-60(AA-8)>AA-8]]、[[R-27(AA-10)>AA-10]]、[[R-73(AA-11)>AA-11]]他、&br;ソ連・中国製の空対空ミサイル(イラン)|
|[[爆弾]]|>|CENTER:[[ハードポイント]]5か所に計3,175kg搭載可能。&br;[[Mk.82/84>Mk.80シリーズ]]無誘導爆弾(3kgと14kg練習用爆弾含む)&br;CBU-24/49/52/58[[クラスター爆弾]]&br;[[ナパーム弾]]&br;[[ペイブウェイシリーズ>ペイブウェイ]]|
|ロケット弾|>|CENTER:LAU-61/-68[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基(ハイドラ70 70mmロケット弾×19発/7発)&br;または&br;LAU-5003[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基(CRV7 70mmロケット弾×19発)&br;または&br;LAU-10[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基(ズーニー127mmロケット弾×4発)&br;または&br;マトラ[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基(SENB 68mmロケット弾×18発)|
|その他|>|CENTER:150/275 USGal[[増槽]]×3基、GPU-5/A 30mm機関砲ポッド×2基(タイ向け)等|
|[[アビオニクス]]|CENTER:-|CENTER:[[AN/APQ-153]] [[FCS>火器管制装置]][[レーダー]](前期型)&br;AN/APQ-159 FCSレーダー(後期型)|
~
**バリエーション [#h26dbeda]
-F-5A「フリーダムファイター」:~
-''F-5A/B系列''
--F-5A「フリーダムファイター」:~
単座戦闘機型の初期型。~
[[エンジン]]はJ85-GE-13([[推力]]1,234kg([[ドライ推力>ミリタリー推力]])/1,850kg([[A/B>アフターバーナー]]使用時))を搭載。~
~
--RF-5A:~
A型の[[偵察機]]型。~
[[機首]]にカメラを搭載。~
---RF-5A:~
A型の[[偵察機]]型。[[機首]]にカメラを搭載。~
武装が残されているため、機首の換装で元のA型に戻すことも可能である。~
イランやトルコ、タイ等に輸出された。~
~
-F-5B:~
--F-5B:~
A型の複座[[練習機]]型。~
[[T-38]]の機首を流用しているため、[[機関砲]]を装備していない。~
A型の導入国の他、A型を導入していなかったブラジルとサウジアラビアがE型への転換訓練用に導入している。~
~
-F-5C「スコシタイガー」:~
--F-5C「スコシタイガー」:~
A型に[[空中給油]]プローブや[[装甲]]の追加などが施された特別仕様機の通称。~
ベトナム戦争での実戦テストに供された。~
~
-CF-5A/D:~
[[カナデア]]社での[[ライセンス生産]]型。~
A型を少し改良し、J95-15エンジンを搭載する。~
カナダ空軍では「CF-116」、ベネズエラ空軍では「VF-5」と呼称される。~
--F-5A(G)/B(G):~
ノルウェー空軍向けF-5A/B。~
寒冷地での運用のため、[[JATO]]や[[アレスティングフック]]、[[キャノピー]]および空気取り入れ口の除氷装置を追加している。~
~
--CF-5A(R):~
RF-5Aに準じた偵察機型。~
---RF-5A(G):~
ノルウェー空軍向けRF-5A。~
~
-NF-5A/B:~
カナダで開発されたオランダ軍向けF-5A/B。~
--SF-5A/B:~
スペイン空軍向けF-5A/B([[CASA]]社での[[ノックダウン生産]])。~
~
-SF-5A/B:~
スペイン軍向けF-5A/B([[ノックダウン生産]])。~
~
--SRF-5A:~
スペイン軍向けRF-5A。CAS社が生産した。~
スペイン空軍向けRF-5A。~
~
-F-5A(G)/B(G):~
ノルウェー軍向けF-5A/B。~
寒冷地での運用のため、[[JATO]]や[[アレスティングフック]]、[[キャノピー]]および空気取り入れ口の除氷装置を追加している。~
--CF-5A/D:~
[[カナディア]]社での[[ライセンス生産]]型。~
基本的にはノルウェー空軍向けのA/B型と同じだが、エンジンはJ85-CAN-15((オレンダ・エンジンズでのライセンス生産型。))(推力1,361kg([[ドライ推力>ミリタリー推力]])/1,950kg([[A/B>アフターバーナー]]使用時))に換装され、前脚の33cm延長やボルト止めで取り外し可能な空中受油プローブの追加などの小改良が施されている。~
カナダ空軍では「CF-116」、ベネズエラ空軍では「VF-5」と呼称される。~
~
--RF-5A(G):~
ノルウェー軍向けRF-5A。~
---CF-5A(R):~
RF-5Aに準じた偵察機型。~
~
-F-5E「タイガー供廖~
--NF-5A/B:~
カナディア社がオランダ空軍向けに製造したF-5A/B。~
オランダの[[フォッカー]]社で製造したコンポーネントを、カナディア社に持ち込んで組み立てる方式で生産された。~
基本的にはCF-5と同一仕様であるが、ドップラー航法装置の追加や主翼構造の強化などの改良が施された。~
また、照準器はCF-5と違い、旧式の光学照準器となっている。~
オランダ空軍を退役した機体の一部は、ギリシャ空軍とトルコ空軍に引き渡されており、トルコ空軍の曲技飛行隊「ターキッシュ・スターズ」でも運用されている。~
~
-''F-5E/F系列''
--F-5E「タイガー供廖~
A型の改良型。~
[[エンジン]]などを強化し、[[AN/APQ-153]]空対空レーダー(後期型は改良型の[[AN/APQ-159]])を装備。~
カナディア製のCF-5/NF-5やノルウェー空軍向けのF-5A(G)/B(G)で取り入れられた改良点も導入されている。~
~
--RF-5E:~
---RF-5E:~
A型と同様、[[機首]]の[[レーダー]]およびコーンを撤去し、代わりにカメラを搭載した専用コーンを装着した簡易偵察型。~
ただし、小さすぎて新型の偵察装置を搭載できないという問題点があり、サウジアラビアがRF-5E「タイガーアイ」配備までの暫定型として運用したのみである。~
~
--RF-5E「タイガーアイ/タイガーゲイザー((台湾での呼称。))」:~
---RF-5E「タイガーアイ/タイガーゲイザー((台湾での呼称。))」:~
F-5Eの[[偵察機]]型。~
[[レーダー]]と[[機関砲]]を取り外し式にし、偵察用カメラへ交換できるようにした。~
[[レーダー]]と右側の[[機関砲]]を撤去して設置した大型カメラ室に偵察用カメラを搭載。~
ミッションに応じてカメラを交換できるようにした。~
価格がF-5Eの1.5倍と高価であったため、サウジアラビア、マレーシア、シンガポール、台湾でのみ採用された。~
なお、シンガポールと台湾の機体はシンガポールのSTエアロスペースで改造されたものである。~
~
---F-5F:~
F-5Eの複座練習戦闘機型。機関砲1門を固定装備(装弾数は140発に半減している)。~
前部座席やレーダー、機関砲を搭載するスペースを確保するため、機首部分を107cm前方に延長しているほか、主翼上面に境界層板(フェンス)を装着している。~
レーダーは複座での運用に対応した[[AN/APQ-157]]を搭載。~
~
---F-5N:~
スイスで余剰となったF-5Eがアメリカに逆輸入され、[[海軍>アメリカ海軍]]で[[アグレッサー]]として再就役した際の呼称。~
機関砲を取り外して、レーダーを[[AN/APG-69]]に換装している。~
~
---中正号戦闘機:~
「ピース・タイガー」計画の下、中華民国(台湾)のAIDC(航空工業発展センター、現在の漢翔航空工業)で[[ライセンス生産]]されたF-5E/F。~
中正とは、蒋介石の名に由来する。~
~
-''近代化改修型''
--F-5S/T:~
シンガポール空軍でのE型/F型の近代化改修型。~
右側の機関砲を撤去し、レーダーを「グリフォF」多モードレーダーに換装、[[AMRAAM>AIM-120]]および[[パイソン]][[空対空ミサイル]]の運用能力を付加した。~
また、[[HUD]]、多機能ディスプレイ、[[HOTAS]]概念、[[慣性航法装置]]などが導入された他、機動性強化のため[[主翼]]の[[ストレーキ]]も拡大されている。~
~
--RF-5S:~
RF-5Eのシンガポール空軍での近代化改修型。~
~
-F-5EM/FM:~
--F-5EM/FM:~
ブラジル空軍でのE型/F型の近代化改修型。~
[[アビオニクス]]類や航法装置が改修され、[[コックピット]]が[[グラスコックピット]]化されている。~
レーダーはF-5S/Tと同じく「グリフォF」を搭載する。~
[[レーザー誘導爆弾]]や[[ダービー]][[空対空ミサイル]]の運用能力を持つ。~
~
-F-5S/T:~
シンガポール空軍でのE型/F型の近代化改修型。~
右側の機関砲を撤去し、レーダーを「グリフォF」多モードレーダーに換装、[[AMRAAM>AIM-120]]および[[パイソン]][[空対空ミサイル]]の運用能力を付加した。~
また、[[HUD]]、多機能ディスプレイ、[[HOTAS]]概念、[[慣性航法装置]]などが導入された他、機動性強化のため[[主翼]]の[[ストレーキ]]も拡大されている。~
--タイガー掘~
イスラエルの協力によって改修された、チリ空軍でのE/F型の近代化改修型。~
レーダーは[[ラビ]]用に開発されたものを改良したエルタ EL/M-2032に換装し、イスラエル製の[[偵察]][[ポッド]]や[[パイソン]]、[[ダービー]][[空対空ミサイル]]の運用が可能。~
[[HUD]]、多機能ディスプレイ、[[HOTAS]]概念などが導入された点はF-5S/Tと同様。~
~
-F-5T「ティグリス」:~
--タイガー検~
ノースロップ社が独自に開発したF-5Eの近代化改修デモンストレーター。~
HUD、多機能ディスプレイ、HOTAS概念などが導入された点はF-5S/Tと同様だが、右側の機関砲を撤去してレーダーを[[F-16 MLU>F-16]]と同じAN/APG-66(V)に換装し、機体構造を強化している。~
台湾でも「タイガー2000」の名称で同仕様に準じた改修を計画していたが中止されている。~
~
--F-5T「ティグリス」:~
イスラエルの協力で改修された、タイ空軍でのE型の近代化改修型。~
レーダーはタイガー靴汎韻EL/M-2032に換装されたが、視程外戦闘能力は付加されていない。~
~
-F-5F:~
F-5Eの複座練習戦闘機型。機関砲1門を固定装備。~
レーダーは複座での運用に対応した[[AN/APQ-157]]を搭載。~
~
-F-5N:~
スイスで余剰となったF-5Eがアメリカに逆輸入され、[[海軍>アメリカ海軍]]で[[アグレッサー]]として再就役した際の呼称。~
レーダーを[[AN/APG-69]]に換装している。~
~
-F-5G:~

-''その他派生型''
--F-5G:~
後のF-20。~
詳しくは[[F-20]]の項を参照。~
~
-[[X-29]]:~
--[[X-29]]:~
グラマン社がF-5他の部品より製造した前進翼実験機。詳しくは項を参照。~
~
-タイガー掘~
イスラエルの協力によって改修された、チリ空軍でのE/F型の近代化改修型。~
レーダーは[[ラビ]]用に開発されたものを改良したEL/M-2032に換装し、イスラエル製の[[偵察]][[ポッド]]や[[パイソン]]、[[ダービー]][[空対空ミサイル]]の運用が可能。~
[[HUD]]、多機能ディスプレイ、[[HOTAS]]概念などが導入された点はF-5S/Tと同様。~
~
-タイガー検~
ノースロップ社が独自に開発したF-5Eの近代化改修デモンストレーター。~
HUD、多機能ディスプレイ、HOTAS概念などが導入された点はF-5S/Tと同様だが、右側の機関砲を撤去してレーダーを[[F-16 MLU>F-16]]と同じAN/APG-66(V)に換装し、機体構造を強化している。~
~
-F-5E(SSBD((Shaped Sonic Boom Demonstration(低ソニック・ブーム設計手法飛行実証)の略。))):~
--F-5E(SSBD((Shaped Sonic Boom Demonstration(低ソニック・ブーム設計手法飛行実証)の略。))):~
[[NASA]]がE型にソニックブーム低減のための特殊改造を施したもの。~
~
-アザラフシュ((آذرخش‎(azarakhsh):ペルシア語で稲妻の意。)):~
イランのHESAがF-5をベースに開発した戦闘機。~
--アザラフシュ((آذرخش‎(azarakhsh):ペルシア語で稲妻の意。)):~
イランのイラン航空機製造工業会社(HESA)がF-5をベースに開発した戦闘機。~
基本的な構造はF-5Eのままだが、全体的に10%〜15%大型化されている。~
レーダーはN-019「トパーズ」の発展型を搭載しているという。~
~
-サーエゲ((صاعقه:ペルシア語で雷・稲光の意。)):~
--サーエゲ((صاعقه:ペルシア語で雷・稲光の意。)):~
アザラフシュの発展型でイランの自称"国産戦闘機"。~
F-5Eをベースに、双垂直尾翼化したような外観を持つ。~
垂直尾翼はステルス性確保のために外側に傾斜させている。~
飛行性能、エンジン、武装、電子機器等の詳細は一切非公開で謎に包まれている。~
~
-コウサル:~
--コウサル:~
イランが2018年8月21日に「初めて自国で製造」したとして公開した、自称第4世代戦闘機。~
~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS