*&ruby(えふひゃくいち){【F-101】}; [#z7af5a24]
McDonnell F-101  &ruby(ヴードゥー){Voodoo};~

[[マクドネル・エアクラフト>マクダネル・ダグラス]]社で開発された双発の超音速[[戦闘機]]。~
1951年にXF-88の改良型として開発が開始され、1954年に試作機であるYF-101Aが初飛行した。~
本来は[[爆撃機]]の護衛用として開発されたが、[[T尾翼]]を採用したため、高翼面荷重の設計と相まって運動性に問題があり、[[制空戦闘機]]としては不適切であった。~
このため実際には核攻撃を兼任した[[戦闘爆撃機]]、[[偵察機]]、[[迎撃戦闘機]]として実用化された。~
ベトナム戦争では、偵察型が使用されたが、損耗も激しく[[F-105]]と並んでベトナム戦争で使い尽くされた機体となった。~
~
アメリカ以外では、カナダ国防軍が使用していたほか(1961年〜1985年)、台湾(中華民国)空軍では偵察型を少数使用していた(1959年〜1973年)。~
~
最終的に885機が生産され、1985年までに全機退役した。~
**スペックデータ [#i64bcbfe]
|乗員|2名|
|全長|20.55m|
|全高|5.49m|
|全幅|12.09m|
|主翼面積|34.20|
|[[翼面荷重]]|607kg/|
|空虚重量|12,925kg|
|運用重量|20,715kg|
|最大離陸重量|23,770kg|
|最大兵装搭載量|1,700kg|
|エンジン|P&W [[J57-P-55>J57]] [[ターボジェット]]×2基|
|[[推力]]|53.3kN(ドライ時)×2&br;75.2kN([[A/B]]使用時)×2|
|[[推力重量比]]|0.74|
|最大[[速度]]|[[M>マッハ]]1.72(10,500m時)/[[M>マッハ]]1.85(12,200m時)|
|[[実用上昇限度]]|17,800m|
|海面[[上昇率]]|250m/s|
|[[航続距離]]|2,450km|
|固定武装|ポンティアック [[M39]] 20mm機関砲×4門(A型 携行弾数375発)|
|兵装|[[AIM-4]] [[AAM>空対空ミサイル]]×4&br;[[AIR-2]]×4&br;B28・B43核爆弾&br;[[増槽]]など|
~
**バリエーション(カッコ内は生産・改修機数) [#rdb68d20]
-YF-101A:試作機。(29機)
-F-101A:初期生産型。(48機)
-NF-101A:[[J75]]エンジンのテストヘッド機。
-JF-101A:開発・試験用機。
-YRF-101A:戦術航空軍団向けの試作偵察機
-RF-101A:戦術航空軍団向けの偵察機。機首および胴体部に偵察カメラを複数装備。(35機)
-F-101B:防空軍団およびカナダ空軍向けの長距離[[迎撃戦闘機]]。固定武装なし。
-CF-101B:F-101Bのカナダ空軍での名称。
-EF-101B:電子戦型。カナダ空軍で[[アグレッサー]]として採用。(1機)
-TF-101B:複座練習機型。後にF型に名称統一。
-TF-101F:複座練習機型。後にF型に名称統一。
-F-101F:複座練習機型。
-CF-101F:F-101Fのカナダ空軍での名称。
-RF-101B:B型の偵察機改修型。戦術航空軍団で運用された。
-F-101C:戦術航空軍団向けの単座[[戦闘爆撃機]]型。A型とほぼ同等だが、荷重制限の緩和やエンジンの改良が行われている。
-RF-101C:戦術航空軍団向け単座[[偵察機]]型。機首と胴体部に偵察カメラを6基装備。
-F-101D/E:計画機。GE社エンジンを搭載する予定だった。
-RF-101G/H:F-101A/Cを空軍[[州兵]]向けの偵察機に改装したもの。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS