【CRJ】(しーあーるじぇい)

Bombardier CRJ.

カナダのボンバルディア・エアロスペース社が製造・販売している双発・小型のジェット旅客機
従来、ターボプロップ機が用いられてきた小需要・短距離路線向けの「リージョナルジェット」としては初の機体でもあった。

本機はもともと、1980年代後半にボンバルディアの前身でもあるカナディア社のビジネス機チャレンジャー600をベースに開発された*1
その後の航空業界再編でカナディアはボンバルディアの傘下に入ったが、型式には「Canadair Regional Jet(CRJ)」としてカナディアの名が残された。

1991年に原型機「CRJ100」が初飛行
翌1992年にカナダの型式証明を取得し、量産がはじめられた。

バリエーション

本機のモデルは、胴体長の違いにより以下のように分けられている。

  • CRJ100/200:
    初期生産型。座席数は50席クラス。
    エンジンはCRJ100はGE CF34-3A1を、CRJ200はGE CF34-3B1を装備する。

    • CRJ100ER/200ER:
      主翼中央に燃料タンクを増設した航続距離延長型。

    • CRJ200LR:
      航続距離をさらに延長した型。

    • CRJ200B/200B ER/200B LR:
      高温・高地対応型のエンジンに置き換えたモデル。

    • CRJ440:
      CRJ200の標準座席数を44席に減じたモデル。

    • CRJ200PF*2
      貨物機型。
      CRJ200LRの機体フレームに貨物用のドアを追加するなどの改修を加えた。

  • CRJ700:
    70席クラスの改良型。

    • CRJ700ER/700LR:
      航続距離延長型。

    • CRJ700NextGen?
      改良型。
      主に客室の改善と機体軽量化が行われた。

  • CRJ900:
    90席クラスのモデル。
    降着装置、ブレーキ、主翼構造がCRJ700から強化されている。

    • CRJ900ER/900LR:
      航続距離延長型。

    • CRJ900NextGen?
      改良型。改修内容はCRJ700と同様。

  • CRJ1000:
    100席クラスのモデル。

    • CRJ100EL:
      軽量型。

    • CRJ1000ER:
      重量増加型。


*1 このため、FAAやEASAに届けられた型式も「CL-600-XXXX」とチャレンジャー600の派生型扱いとなっている。
*2 パッケージフレイターの略。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS