• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーにーななまるなな){【B2707】};
[[コンコルド]]や[[ロッキード]]社の[[L-2000]]、[[ツポレフ]][[Tu-144]]に対抗すべく[[ボーイング]]社が開発を進めていた[[超音速]][[旅客機]]で、[[マッハ]]2.7を目差して開発された。~
開発当初は[[ボーイング]]733-290と呼ばれ、229人乗り、[[全長]]83[[メートル]]で[[可変翼]]を有する構造だったが、最終的に[[可変翼]]を有しない[B2707]]へ変更された。~
1971年3月24日、アメリカ議会が1億3400万ドルに及ぶ開発費の援助を拒否したことにより、本計画は頓挫することになる。
*&ruby(びーにーななまるなな){【B2707】}; [#ge9bae18]
Boeing B2707(733-290).~
~
 [[B2707]]のデータ
 ・全長  :83.37m
 ・全幅  :43.18m
 ・巡航速度:マッハ2.37
 ・乗客  :250〜321人
1960年代に[[ボーイング]]社が開発を進めていた[[超音速旅客機(SST)>超音速旅客機]]。~
当時、超音速旅客機としては[[ロッキード]]社のL-2000、英仏共同開発のブリストル223(後の[[コンコルド]])、旧ソ連の[[ツポレフ]][[Tu-144]]といった機体が開発されていたが、本機はこれに対抗する機体として開発が始まった。~
~
開発当初は「[[ボーイング]]733-290」と呼ばれ、全長83メートル、最高速力[[マッハ]]2.7、[[ペイロード]]は乗客・乗員229人で[[可変後退翼]]を有する構造だったが、最終的に[[可変後退翼]]は省かれた形で開発が行われることになった。~
[[パンアメリカン航空]]の15機を筆頭に、世界26の航空会社から合計122機の受注を得た(日本については後述)が、1971年3月24日、連邦議会が1億3400万ドルに及ぶ開発費の援助を拒否したことにより、本計画は頓挫することになる。~
~
日本では、当時の[[フラッグキャリア]]であった[[日本航空]]が8機を発注していたが、計画の頓挫に伴って自然と立ち消えた((なお、[[コンコルド]]も並行して発注していたが、こちらも頓挫している。))。~
~
本機のモックアップは一度解体されたが、19年後に買い取られ、一部が再組立されてカリフォルニア州サンカルロスにあるヒラー航空博物館に展示されている。~
~
**B2707のデータ(予定) [#m8469f18]
|全長|96.9m|
|全幅|43.18m|
|[[巡航速度]]|[[マッハ]]2.7|
|巡航高度|60,000ft(18,300m)以上|
|推進方式|[[ジェットエンジン]]([[ターボジェット]]もしくは[[ターボファン]])×4基|
|[[推力]]|267kN(60,000lbf)×4基|
|乗客|250〜321人|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS