*&ruby(えーごじゅう){【A-50】}; [#ae562b92]
+Beriev A-50~
[[早期警戒機]]Tu-126の後継機として開発されたロシアの[[早期警戒管制機]]。~
[[NATOコード]]は「メインステイ」。~
~
原型機に[[IL-76]][[輸送機]]を使用し、胴体上にロートドームを取り付けている。~
電子機器の小型化が遅れており、西側の同種機体に比べ大型で重い(([[E-3]]の1.5倍の重量がある。))こともあってか、燃料満載状態では離陸出来ない。~
空中給油[[プローブ]]も一応備えられているが、扱いが難しいため、経験の多い[[パイロット]]にしか使用を認めていないという。~
当機に搭載されている「シュメーリ((Шмель:ロシア語でマルハナバチの意。))」レーダー・コンプレックスの索敵能力は[[アメリカ軍]]の[[E-3「セントリー」>E-3]]と比べると、[[レーダー]]での索敵距離が220km〜240km、複数目標の追跡能力は50〜60個と劣っているが、逆に地上の物体と目標との識別と低空飛行している[[航空機]]の識別能力は高いと言われる。~
データの送受信は[[航空機]]や地上の管制所・[[潜水艦]]等あらゆるものと可能である。~
~
[[キャビン]]内には[[戦闘機]]を管制する大型スクリーンが1、地上・空中の戦闘状況をモニターする小型スクリーンが複数設置されおり、いずれもデジタル化されたカラーCRTディスプレイである。~
しかし、軍事的な性能とは裏腹に騒音レベルが高い、休憩用ベッドが無い等、搭乗員の居住環境は良くないそうである。~
~
現在は[[ロシア軍]]で約25機が使用されており、詳しい配置場所については分かってないが、北極圏方面やバルト海方面に配備されている言う噂もある。~
実戦では余り知られてないが、[[湾岸戦争]]中に当時[[ソ連軍]]所属だった本機が黒海やカスピ海周辺に展開し、24時間体制でイラク周辺の上空を監視し続けていたという。~
イラク軍も少数ながら本機(本機とは別タイプのIL-76改良型[[早期警戒機]]の説もあり)を実戦に使用した模様だが、1機が破壊され2機がイランに亡命した。~
そのイランは、現在でも亡命した2機を使用しているという。~
~
【スペックデータ】~
|乗員|3〜4名+操作員10名程度|
|全長|46.59m|
|全高|14.76m|
|全幅|50.50m|
|主翼面積|300.0|
|機体重量&br;(自重/全備)|105,000kg/195,000kg|
|最大離陸重量|190,000kg|
|飛行速度|700km/h(巡航)|
|[[エンジン]]|ソロビヨフ設計局((現アビアドビゲーテル))製 [[D-30KP>D-30]][[ターボファン]]([[推力]]117.6kN)×4基|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|13,000m|
|[[航続距離]]|3,940nm|
|最大探知距離|119nm|
|方位角|0〜360°|
~
【派生型】~
--A-50:~
標準型。~
~
--A-50U:~
[[レーダー]]を「シュメーリM」に改良した型。~
~
--A-50M:~
コンピューターを改良した型。~
~
--A-50E:~
インド向け輸出型。~
装備品はダウングレードされている。~
~
--A-50EI:~
イスラエルの[[IAI]]が開発し、インドに売り込んだ型。~
非回転式となったアンテナが特徴。~
~
--A-50I:~
イスラエル製レーダーを搭載した中国向け輸出型。~
アメリカの外交圧力によりキャンセル。~
~
--アドナン1/アドナン2:~
イラク向けにIl-76MDをもとに開発された機体。「バグダード1」とも呼ばれる。~
トムソンCSFタイガーG(Thompson-CSF Tiger G)レーダーを搭載。~
アドナン2はアドナン1の派生型で戦闘機の管制と誘導を行う機体として設計された。「バグダード2」とも呼ばれる。~
~
--[[空警2000]]:~
中国が独自に[[Il-76]]をAWACS化した兄弟機。詳しくは項を参照。~
~
+KAI/Lockheed Martin A-50(F/A-50) "Golden Eagle"~
大韓民国の航空機メーカー「韓国航空宇宙工業(KAI)」と米国ロッキード・マーチン社が共同開発した[[攻撃機]]。~
T/A-50やF/A-50とも呼ばれる。~
[[A-37]]や[[F-5]]の後継として開発した[[T-50]][[練習機]]をベースに開発された。~
~
「世界の軍用機市場に進出する」ための国策事業として1997年に開発プロジェクトが開始され、2003年から量産がスタートした。~
分担比率はKAIが44%、ロッキード・マーチン社が55%、その他1%となっており、KAIが固めた基本仕様をもととして、全ての電子機器、ソフトウェアと[[主翼]]の開発をロッキード・マーチンが担当した。~
本機は「[[F-16]]に匹敵する能力を安価で得られる機体」として、主に発展途上国向けに200〜300機の輸出が予定されている。~
~
【スペックデータ】~
|乗員|2名|
|全長|13.14m|
|全高|4.94m|
|全幅|9.45m|
|重量|6,441kg|
|最大離陸重量|12t|
|最高速度|[[Mach>マッハ]]1.5|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] F404-GE-102[[ターボファン]]([[推力]]17,700lbs)×1基|
|[[実用上昇高度>上昇限度]]|14,630m|
|[[航続距離]]|2500km|
|武装|固定武装に[[M61A1]] 20mmバルカン砲×1門&br;[[AIM-9X>AIM-9]]、[[パイソン5]]、[[AGM-65G>AGM-65]]、各種爆弾([[JDAM]]、Spice1000)&br;等2,725kgまでの兵装を搭載可能。|
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS