• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(きゅうきゅうしきくうたいくうゆうどうだん){【99式空対空誘導弾】}; [#cb19adbf]
AAM-4~
[[航空自衛隊]]にて、[[AIM-7]]の後継として開発された[[空対空ミサイル]]。~
誘導方式は中間指令・[[慣性誘導>慣性航法装置]]方式、終末アクティブレーダー誘導方式で[[撃ちっ放し能力]]を有する。弾頭は指向性弾頭となっている。~
また、[[AIM-120]]より[[ECCM]]性能や同時多目標攻撃能力などに優れているほか、[[対艦>対艦ミサイル]]、対地[[巡航ミサイル]]の迎撃も重要視されたため、威力や命中精度の面でも優れている。~
また、優秀な民生技術を大幅に取り入れて性能を向上させたのと同時にコストダウンしたらしく、ライセンス生産した[[AIM-7]]よりも安い。~
AAM-4.~
~
[[航空自衛隊]]が1999年から採用している[[空対空ミサイル]]。~
[[AIM-7]]の後継として開発された。~
~
[[ECCM]]と同時多目標攻撃を重視した設計で、近年の[[ミサイル]]の常として[[撃ちっ放し能力]]を有する。~
[[巡航ミサイル]]の迎撃を想定され、破壊力・命中精度にも重点が置かれている((ほとんどの場合に直撃するため、[[近接信管]]のテストが難航したという。))。~
また、国内技術の成熟により、[[ライセンス生産]]の[[AIM-7]]よりも安価である。~
~
運用には中間指令誘導装置である[[J/ARG-1]]の搭載や[[レーダー]]の[[OFP]]改修などが必要とされている。~
搭載母機は[[F-15J/DJ>F-15]]・[[F-2]]の改修機。

現在運用が可能な機体は[[F-15J/DJ>F-15]]の改修機のみであるが、「アクティブ・電波・ホーミング・ミサイル搭載に関する研究」で同ミサイルを[[F-2]]に搭載して運用可能にする研究が行われ、順調に行けば2010年度からは[[F-2]]の改修が行われ運用が可能になる。~
**スペックデータ [#wc87e1af]
|全長|3,667mm|
|直径|203mm|
|翼幅|800mm|
|重量|222kg|
|弾頭|指向性弾頭|
|誘導方式|指令・[[慣性誘導>慣性航法装置]]([[中間誘導]])/[[アクティブレーダー誘導]]([[終末誘導]])|
|推進装置|[[固体燃料ロケット]](IHIエアロスペース製)|
|最大速度|[[マッハ]]4〜5|
|[[最大射程]]|非公開(推定100km)|
|製作|[[三菱電機]]|
~
[[ビーム機動]]目標対処能力の向上やスタンドオフ・レンジの延伸、[[ECCM]]能力の向上、[[巡航ミサイル]]対処能力の向上、コスト削減などを盛り込んだ99式空対空誘導弾(改)が開発されていた(平成19年度に開発完了)ほか、シーカーのアクティブフェースドアレイレーダー化やエアブリーチングエンジンの搭載も考えられている。~
**派生型 [#o686f283]
-99式空対空誘導弾(B)(AAM-4B):~
2010年度から調達が開始された改良型。~
[[シーカー]]をアクティブフェイズドアレイシーカーに変更し、新方式の信号処理機能が追加されている。~
これにより、AAM-4と比べてスタンドオフ・レンジで1.2倍、自律誘導距離で1.4倍になっている。~
~
**スペックデータ [#wc87e1af]
全長:3,667mm~
直径:203mm~
翼幅:800mm~
重量:222kg~
弾頭:指向性弾頭~
[[シーカー]]:GEC-マルコーニ・ミリメートル波シーカー~
誘導方式:指令・[[慣性誘導>慣性航法装置]]([[中間誘導]])/[[アクティブレーダー誘導]]([[終末誘導]])~
推進装置:固体燃料ロケットモーター(IHIエアロスペース製)~
最大速度:[[マッハ]]4〜5~
最大射程:非公開(おそらく100km前後)~
製作:[[三菱電機]]~
~
-XRIM-4:~
[[RIM-7M「シースパロー」>RIM-7]]の後継として開発されていた[[艦対空ミサイル]]型。~
[[ESSM>RIM-162]]の採用や防衛費削減により開発中止となった。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS