• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(あきづき){【秋月】}; [#f5066d8a]

+大日本帝国海軍・大型防空[[駆逐艦]]「秋月」。~
同型艦に照月、涼月、初月、新月、若月、霜月、冬月、春月、宵月、夏月、花月の11隻((計画では、他に20隻建造予定だった。))があった。~
同型艦は11隻(計画では、他に20隻建造予定だった)。~
~
本艦型は、[[航空機]]の技術革新が1930年代に入ってから急速に進み、艦隊にとって新たな脅威となったことから、これへの対処策として計画された。~
本艦型は、[[航空機]]の技術革新が1930年代に入ってから急速に進み、[[艦隊]]にとって新たな脅威となったことから、これへの対処策として計画された。~
当初は、従来の艦よりも対空・対潜能力を強化し、[[機動部隊]]に随伴できる速力・航続力を持つ直衛専用艦とされ、名称もずばり「直衛艦」として計画された。~
しかし、現場からは「[[艦隊決戦]]にも使えるように」という要望があり、[[魚雷]]発射管が追加されて「大型駆逐艦」としてデビューした((サイズ的には大正末期に建造された小型[[軽巡洋艦]]「夕張」に匹敵していた。))((同じ頃、米英海軍でも「アトランタ」級(米)や「ダイドー」級(英)といった、防空任務に特化された[[巡洋艦]]が造られていた。))。~
しかし、現場からは「[[艦隊決戦]]にも使えるように」という要望があり、[[魚雷]]発射管が追加されて「大型駆逐艦」としてデビューした((サイズ的には大正末期に建造された[[二等(軽)巡洋艦>軽巡洋艦]]「夕張」に匹敵していた。))((同じ頃、米英海軍でも「アトランタ」級(米)や「ダイドー」級(英)といった、防空任務に特化された[[巡洋艦]]が造られていた。))。~
~
[[備砲>艦載砲]]には、従来よりも砲身長の長い「九八式65[[口径]]10サンチ[[高角砲>高射砲]]」が搭載され、強力な対空射撃能力を獲得した。~
しかし、この砲は構造が複雑すぎて量産ができず、本艦型以外には重装甲[[空母>航空母艦]]「[[大鳳]]」及び軽巡洋艦「[[大淀]]」にのみしか搭載できなかった。~
その上、帝国海軍が最後まで[[レーダー]]連動式の[[射撃指揮装置>火器管制装置]]を実用化できなかったため、実戦での効率的な対空射撃は難しかったが、それでも、開発・設計のコンセプトは[[航空主兵主義]]が支配的になった1940年代の海戦にマッチしたものであり、大戦中盤〜後期にかけてさまざまな海戦で活躍をみせた。~
しかし、この砲は構造が複雑すぎて量産ができず、本艦型以外には重装甲[[空母>航空母艦]]「[[大鳳]]」及び[[軽巡洋艦]]「[[大淀]]」にのみしか搭載できなかった。~
その上、帝国海軍が最後まで[[レーダー]]連動式の[[射撃指揮装置>火器管制装置]]を実用化できなかったため、[[アメリカ軍]]のように、実戦での効率的な対空射撃は難しかったが、それでも、開発・設計・運用のコンセプトは[[航空主兵主義]]が支配的になった1940年代の海戦に適合したものであり、大戦中盤〜後期にかけてさまざまな海戦で活躍をみせた。~
~
【スペックデータ】~
|乗員|263名(竣工時)/315名|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[公試>公試排水量]]/[[満載>満載排水量]])|2,700t/3,470t/3,878t|
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|263名(計画要員)/273名(竣工時定員)|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[公試>公試排水量]]/[[満載>満載排水量]])|2,701t/3,485t/3,888t|
|全長|134.2m|
|全幅|11.6m|
|喫水|4.15m(公試状態)|
|主缶|ロ号艦本式罐・重油焚×3基|
|主機|艦本式タービン×2基2軸推進(出力52,000hp)|
|燃料搭載量|重油 1,080t|
|水線長|132m|
|垂線間長|126m|
|最大幅|11.6m|
|水線幅|11.6m|
|深さ|7.05m|
|吃水|4.15m(公試平均)&br;4.51m(満載平均)|
|主缶|ロ号艦本式罐・重油焚(空気余熱器付)×3基|
|主機|艦本式タービン(高中低圧)×2基(出力52,000shp)|
|推進器|2軸(340rpm、推進器直径:3.65m、ピッチ:3.72m)|
|燃料搭載量|重油:1,066t|
|最大速力|33.0[[kt>ノット]]|
|[[航続距離]]|8,000[[海里]]/18kt|
|兵装|(新造時)&br;九八式65口径10cm高角砲×4基8門&br;九六式25mm連装機銃×2基&br;4連装61cm魚雷発射管×1基4門(九三式魚雷8本)&br;九四式爆雷投射器×2基(九五式爆雷54個)&br;&br;(1944年時)&br;九八式65口径10cm連装高角砲×4基8門&br;九六式25mm3連装機銃×5基&br;九六式25mm単装機銃×13基&br;13mm単装機銃×4基&br;4連装61cm魚雷発射管×1基4門(九三式魚雷8本)&br;九四式爆雷投射器×2基(九五式爆雷54個)|
|[[電探>レーダー]](1944年時)|二式二号電波探信儀一型(21号電探)×1基&br;三式一号電波探信儀三型(13号電探)×1基|
|[[水測兵装>ソナー]]|九三式探信儀×1基&br;九三式水中聴音機×1基|
|>|CENTER:兵装|
|新造時|九八式65口径10cm高角砲×4基8門&br;九六式25mm機銃×3連装2基(3連装5基(冬月(竣工時)))&br;九二式四型4連装61cm魚雷発射管×1基4門(九三式魚雷4本(8本(竣工時)))&br;九四式爆雷投射器×2基&br;爆雷装填台×2基&br;爆雷投下台(水圧三型)×2基&br;同(手動一型)×4基&br;九五式[[爆雷]]×54個|
|1944年10月時|九八式65口径10cm連装高角砲×4基8門&br;九六式25mm機銃×3連装5基、同単装×13挺(推定)&br;同単装取付座×7基&br;13mm機銃×単装4挺&br;4連装61cm魚雷発射管×1基4門(九三式魚雷8本)&br;九四式爆雷投射器×2基&br;爆雷投下軌条×2基&br;九五式爆雷×54個|
|搭載艇|8m[[内火艇]]×2隻、8mカッター×2隻、6m通船×1隻(港保管)|
|[[電探>レーダー]]&br;(1944年時)|二式二号電波探信儀一型(21号電探)×1基&br;三式一号電波探信儀三型(13号電探)×1基|
|[[水測兵装>ソナー]]|九三式三型探信儀×1基(1943年3月)&br;九三式水中聴音機×1組(後日装備)|
|特殊装備|小掃海具1型改1×2組|
~
【同型艦】~
,艦名,主造船所,起工,進水,就役,退役,備考
,秋月&br;(あきづき),舞鶴工廠,1940.7.30,1941.7.2,1942.06.11,1944.12.10,1944.10.25喪失
,照月&br;(てるづき),[[三菱・長崎>三菱重工業]],1940.11.13,1941.11.21,1942.8.31,1943.1.20,1942.12.12喪失
,涼月&br;(すずつき),三菱・長崎,1941.3.15,1942.3.4,1942.12.29,1945.11.20,1948.解体((船体は福岡県若松港の防波堤に使用される。))
,初月&br;(はつづき),舞鶴工廠,1941.7.25,1942.4.3,1942.12.29,1944.12.10,1944.10.25喪失
,新月&br;(にいづき),三菱・長崎,1941.12.8,1942.6.29,1943.3.31,1943.9.10,1943.7.6喪失
,若月&br;(わかつき),三菱・長崎,1942.3.9,1942.11.24,1943.5.31,1945.1.20,1944.11.11喪失
,霜月&br;(しもつき),三菱・長崎,1942.7.6,1943.4.7,1944.3.31,1945.1.10,1944.11.25喪失
,冬月&br;(ふゆつき),舞鶴工廠,1943.5.8,1944.1.20,1944.5.25,1945.11.20,1948.5.一部解体((船体は福岡県若松港の防波堤に使用される。))
,春月&br;(はるつき),佐世保工廠,1943.12.23,1944.8.3,1944.12.28,1945.10.5,1947.8.28&br;戦時賠償艦としてソ連&br;に引き渡し。&br;(1969.6.4除籍)
,宵月&br;(よいづき),浦賀船渠,1943.8.25,1944.9.25,1945.1.31,1945.10.5,1947.8.29&br;戦時賠償艦として中華民国&br;(台湾)に引き渡し。&br;(1963.除籍・解体)
,夏月&br;(なつづき),佐世保工廠,1944.2.10,1944.10.10,1945.4.8,1945.10.5,1947.9.3&br;戦後賠償艦としてイギリス&br;に引き渡し&br;(1947.9.10解体((解体は日本国内で行われた。)))
,花月&br;(はなづき),舞鶴工廠,1944.2.10,1944.10.10,1944.12.26,1945.10.5,1947.&br;戦時賠償艦としてアメリカ軍&br;に引き渡し(解体)
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|CENTER:艦名|CENTER:主造船所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:除籍|CENTER:備考|
|秋月&br;(あきづき)|舞鶴工廠|1940.7.30|1941.7.2|1942.06.11|1944.12.10|1944.10.25&br;[[エンガノ沖海戦>レイテ沖海戦]]にて&br;喪失((喪失原因については諸説あり。))|
|照月&br;(てるづき)|[[三菱&br;・長崎>三菱重工業]]|1940.11.13|1941.11.21|1942.8.31|1943.1.20|1942.12.12喪失((魚雷艇([[PTボート]])の攻撃による。))|
|涼月&br;(すずつき)|~|1941.3.15|1942.3.4|1942.12.29|1945.11.20|1948.解体((船体は福岡県若松港の防波堤に使用される。))|
|初月&br;(はつづき)|舞鶴工廠|1941.7.25|1942.4.3|1942.12.29|1944.12.10|1944.10.25喪失|
|新月&br;(にいづき)|三菱&br;・長崎|1941.12.8|1942.6.29|1943.3.31|1943.9.10|1943.7.6&br;クラ湾夜戦にて喪失|
|若月&br;(わかつき)|~|1942.3.9|1942.11.24|1943.5.31|1945.1.20|1944.11.11&br;オルモック輸送作戦中&br;に喪失((米軍機の攻撃による。))|
|霜月&br;(しもつき)|~|1942.7.6|1943.4.7|1944.3.31|1945.1.10|1944.11.25喪失((米潜水艦[[「カヴァラ(USS Cavalla, SS-244)」>ガトー]]の雷撃による。))|
|冬月&br;(ふゆつき)|舞鶴工廠|1943.5.8|1944.1.20|1944.5.25|1945.11.20|1948.5.解体((船体は福岡県若松港の防波堤に使用される。))|
|春月&br;(はるつき)|佐世保&br;工廠|1943.12.23|1944.8.3|1944.12.28|1945.10.5|1947.8.28&br;戦時賠償艦として&br;ソ連に引き渡し。&br;太平洋艦隊第5艦隊&br;に編入。&br;艦名を&br;「ヴネザープヌイ((Внезапный:ロシア語で「突然の」という意味の形容詞。))」&br;に改める。&br;1949.6.17&br;種別変更(練習艦)&br;艦名を&br;「オスコール((Оскол:ロシア・ウクライナを流れるドネツ川の支流である川。))」&br;に改める。&br;1955.1.1&br;種別変更(浮き兵舎)&br;艦名を「PKZ-65」&br;に改める。&br;1955.6.2&br;種別変更(標的艦)&br;艦名を「TsL-64」&br;に改める。&br;1965.9.18&br;種別変更(浮き兵舎)&br;艦名を「PKZ-37」&br;に改める。&br;1969.6.4&br;除籍・解体|
|宵月&br;(よいづき)|浦賀船渠|1943.8.25|1944.9.25|1945.1.31|1945.10.5|1947.8.29&br;戦時賠償艦として&br;中華民国(台湾)に&br;引き渡し。&br;艦名を「&ruby(フェンヤン){汾陽};」に&br;改める。&br;1947.10.1&br;練習艦隊に編入。&br;1963.&br;除籍・解体|
|夏月&br;(なつづき)|佐世保&br;工廠|1944.2.10|1944.10.10|1945.4.8|1945.10.5|1947.9.3&br;戦後賠償艦として&br;イギリスに引き渡し。&br;1947.9.10解体((解体は日本国内で行われた。))|
|満月&br;(みちづき)|~|1945.1.3|>|>|CENTER:-|建造中止&br;1948.2.解体|
|花月&br;(はなづき)|舞鶴工廠|1944.2.10|1944.10.10|1944.12.26|1945.10.5|1947.&br;戦時賠償艦として&br;アメリカに引き渡し。&br;「DD-934」のナンバ&br;ーが与えられた。&br;1948.2.3 &br;標的艦として処分。|
~
+[[海上自衛隊]]・大型[[護衛艦]]「あきづき(初代)」(JDS Akizuki DD-161/USS Akizuki DD-960)。~
同型艦に「てるづき」(JDS Teruzuki DD-162/USS Teruzuki DD-961)がある。~
|>|>|>|>|CENTER:''建造中止艦''|
|>|>|>|>|CENTER:''マル急計画での建造中止艦''|
|CENTER:仮称艦名|CENTER:予定艦名|CENTER:主造船所|CENTER:建造中止日|CENTER:母港|
|第367号艦|清月&br;(きよつき)|CENTER:浦賀船渠&br;↓&br;舞鶴海軍工廠|1944.12.14|横須賀鎮守府(予定)|
|第368号艦|大月&br;(おほつき)|CENTER:三菱・長崎&br;↓&br;佐世保海軍工廠|1944.12.14(推定)|~|
|第369号艦|葉月&br;(はづき)|CENTER:浦賀船渠&br;↓&br;舞鶴海軍工廠|1944.12.14|~|
|>|>|>|>|CENTER:''マル5計画での建造計画艦(改秋月型)''|
|>|>|>|>|CENTER:第770号艦から第785号艦までの16隻(改マル5計画に計画変更)|
|>|>|>|>|CENTER:''改マル5計画での建造計画艦''|
|CENTER:仮称艦名|CENTER:予定艦名|CENTER:主造船所(予定)|CENTER:建造中止日|CENTER:備考|
|第5061号艦|山月&br;(やまづき)|佐世保海軍工廠|N/A|後に建造取りやめ|
|第5062号艦|浦雲&br;(うらぐも)|~|~|~|
|第5063号艦|青雲&br;(あおぐも)|CENTER:舞鶴海軍工廠&br;↓&br;佐世保海軍工廠|~|1944.5.5&br;建造造船所を佐世保に変更|
|第5064号艦|紅雲&br;(べにぐも)|佐世保海軍工廠|~|後に建造取りやめ|
|第5065号艦|春雲&br;(はるぐも)|舞鶴海軍工廠|1945.4.(推定)||
|第5066号艦|天雲&br;(あまぐも)|浦賀船渠|1944.5.5||
|第5067号艦|八重雲&br;(やえぐも)|佐世保海軍工廠|~||
|第5068号艦|冬雲&br;(ふゆぐも)|浦賀船渠|~||
|第5069号艦|雪雲&br;(ゆきぐも)|佐世保海軍工廠|~||
|第5070号艦|沖津風&br;(おきつかぜ)|舞鶴海軍工廠|~||
|第5071号艦|霜風&br;(しもかぜ)|浦賀船渠|~||
|第5072号艦|朝東風&br;(あさごち)|佐世保海軍工廠|~||
|第5073号艦|大風&br;(おほかぜ)|浦賀船渠|~||
|第5074号艦|東風&br;(こち)|佐世保海軍工廠|~||
|第5075号艦|西風&br;(にしかぜ)|舞鶴海軍工廠|~||
|第5076号艦|南風&br;(はえ)|浦賀船渠|~||
|第5077号艦|北風&br;(きたかぜ)|佐世保海軍工廠|~|改秋月型として計画|
|第5078号艦|早風&br;(はやかぜ)|浦賀船渠|~|~|
|第5079号艦|夏風&br;(なつかぜ)|佐世保海軍工廠|~|~|
|第5080号艦|冬風&br;(ふゆかぜ)|舞鶴海軍工廠|~|~|
|第5081号艦|初夏&br;(はつなつ)|浦賀船渠|~|~|
|第5082号艦|初秋&br;(はつあき)|佐世保海軍工廠|~|~|
|第5083号艦|早春&br;(はやはる)|浦賀船渠|~|~|
~
+[[海上自衛隊]]・大型[[護衛艦]]「あきづき(初代)」(JS Akizuki DDC-161/USS Akizuki DD-960)。~
同型艦に「てるづき」(JS Teruzuki DDC-162/USS Teruzuki DD-961)がある。~
~
本艦は、アメリカ政府が[[第二次世界大戦]]後、海外同盟国への軍事援助の一環として実施していた「域外調達(OSP((Off Shore Procurement.&br;  アメリカが対象国に資金を与えて兵器を作らせ、完成後は対象国軍の装備として供与するもの。)))」により、合衆国の1957会計年度軍事予算で日本の造船所に発注・建造された。~
そのため、建造中は[[アメリカ海軍]]の艦籍番号((「あきづき」が「DD-960」、「てるづき」は「DD-961」であった。))を持っており、竣工と同時に海自へ「供与」の形で引き渡された。~
~
[[基準排水量]]2,000トン以上と、当時の海自艦艇の中ではかなりの大型であり、このスペースを生かして司令部スペースや長官公室などが備えられ、艦隊旗艦として活用された。~
ネームシップ「あきづき」は竣工後、1963年に陸上に移されるまで[[自衛艦隊]]の旗艦を務め、姉妹艦の「てるづき」は「護衛艦隊」創設と共にその初代旗艦となり、1985年、「むらくも(DD-118)」に将旗が移されるまでの四半世紀あまり、その任にあった((その後何度か「旗艦」は移ったが、現在は護衛艦隊司令部も陸上に移っている。))。~
[[基準排水量]]2,000トン以上と、当時の海自艦艇の中ではかなりの大型であり、このスペースを生かして司令部スペースや長官公室などが備えられ、指揮護衛艦([[艦隊]][[旗艦]])として活用された。~
ネームシップ「あきづき」は竣工後、1963年に陸上に移されるまで[[自衛艦隊]]の[[旗艦]]を務め、その後の1969年〜1985年までは護衛艦隊の2代目旗艦となった。~
一方、姉妹艦の「てるづき」は護衛艦隊創設と共にその初代旗艦となり、1969年に「あきづき」に将旗を移すまでその任にあった((現在は護衛艦隊司令部も陸上に移され、自衛艦隊及び護衛艦隊において「旗艦」制度は廃止されている。))。~
~
その後、1980年代半ばには後継の「みねぐも」型や「はつゆき」型に任務を譲る形で艦隊から退き、練習艦や特務艦などに改装された後、1993年に2隻とも除籍・解体された。~
その後、1980年代半ばには後継の「みねぐも」型や「[[はつゆき]]」型に任務を譲る形で艦隊から退き、練習艦や特務艦などに改装された後、1993年に2隻とも除籍・解体された。~
~
【スペックデータ】~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|艦種|指揮護衛艦(DDC)|
|乗員|330名|
|[[基準排水量]]|2,350t|
|全長|118m|
|全幅|12m|
|深さ|8.5m|
|喫水|4m|
|機関|三菱エッシャーウイス型[[蒸気タービン]](「あきづき」)×2基&br;新三菱ウェスチングハウス製蒸気タービン(「てるづき」)×2基&br;2軸推進(出力45,000馬力)|
|吃水|4m|
|推進方式|[[蒸気タービン]]推進|
|主缶|三菱神戸 CE型2胴水管ボイラー×2缶(40kgf/c, 450℃)|
|[[主機>エンジン]]|三菱エッシャーウイス式衝動型[[蒸気タービン]]×2基&br;三菱[[WEC>ウェスティングハウス]]製衝動反動式蒸気タービン×2基(てるづき)|
|~|推進器×2軸|
|機関出力|45,000shp|
|発電機|蒸気タービン主発電機×2基(出力550kVA)|
|~|停泊用[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]主発電機×2基(出力150kVA)|
|最大速力|32[[kt>ノット]]|
|兵装|Mk.39 54口径5インチ(127mm)単装砲×3門&br;57式3インチ(76mm)連装速射砲×2基4門&br;55式4連装53cm魚雷発射管×1基&br;Mk.108対潜ロケット発射機×1基(後に71式ボフォース・ロケット・ランチャーに換装)&br;54式対潜弾([[ヘッジホッグ]])投射機×2基&br;Mk.2短魚雷落射機×2基&br;55式爆雷投射機(Y砲)×2基&br;54式爆雷投下軌条×2条|
|[[レーダー]]|OPS-1対空レーダー&br;OPS-5対水上レーダー|
|ソナー|SQS-4捜索ソナー&br;SQR-8攻撃用ソナー|
|[[FCS>火器管制装置]]レーダー|US Mk.34射撃レーダー|
|FCS|57式射撃装置&br;Mk63 Mod14射撃装置|
|[[ECM]]装置|US NOLR-1 ECM装置|
|兵装|Mk.39 54口径5インチ(127mm)単装砲×3門&br;57式3インチ(76mm)連装速射砲((Mk.33 3インチ砲を日本製鋼所で[[ライセンス生産]]したもの。後に68式50口径3in連装速射砲として制式化された。))×2基4門&br;65式4連装53cm魚雷発射管(HO-401)×1基([[54式魚雷]]用)&br;Mk.108「ウェポン・アルファ」 324mm対潜ロケット砲×1基&br;※後日、71式ボフォース・ロケットランチャーに換装。&br;[[Mk.10 ヘッジホッグ>ヘッジホッグ]]対潜迫撃砲×2基&br;Mk.2短魚雷落射機×2基([[Mk.32]][[短魚雷>対潜魚雷]]用)&br;※後日、[[68式3連装魚雷発射管(HOS-301)>Mk.32]]に換装。&br;55式爆雷投射機(Y砲)×2基&br;54式爆雷投下軌条×2条|
|[[レーダー]]|[[OPS-1]]対空捜索用×1基&br;[[OPS-5]]対水上捜索用×1基|
|[[GFCS>火器管制装置]]|Mk.57(127mm砲用)&br;Mk.63 Mod14(76mm砲用)|
|[[ソナー]]|AN/SQS-4 捜索用×1基(後日、AN/SQS-4 mod.1/4に更新)&br;AN/SQR-8 攻撃用×1基&br;(DD-162のみ、1970年に撤去)&br;OQA-1A/B 可変深度式×1基(後日装備)|
|[[ESM]]装置|NOLR-1 電波探知装置|
~
【同型艦】~
,艦番号,艦名,主造船所,起工,進水,就役,退役,備考
,DD-960&br;→DD-161&br;→ASU-7010,あきづき&br;(JDS Akizuki),三菱・長崎,1958.7.31,1959.6.26,1960.2.13,1993.12.7,1985.3.27 種別変更&br;(特務艦)
,DD-961&br;→DD-162&br;→ASU-7012,てるづき&br;(JDS Teruzuki),三菱・神戸,1958.8.15,1959.6.24,1960.2.29,1993.9.27,1986.3.27 種別変更&br;(特務艦)
|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主造船所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:退役|CENTER:備考|
|CENTER:DD-960&br;↓&br;DDC-161&br;↓&br;ASU-7010|あきづき&br;(USS Akizuki&br;→JS Akizuki)|[[三菱&br;・長崎>三菱重工業]]|1958.7.31|1959.6.26|1960.2.13|1993.12.7|1985.3.27&br;種別変更&br;(特務艦)|
|CENTER:DD-961&br;↓&br;DDC-162&br;↓&br;ASU-7012|てるづき&br;(USS Teruzuki&br;→JS Teruzuki)|三菱&br;・神戸|1958.8.15|1959.6.24|1960.2.29|1993.9.27|1986.3.27&br;種別変更&br;(特務艦)|
~
+海上自衛隊汎用護衛艦「あきづき(2代)」(JDS Akizuki DD-115)。~
従来の護衛艦を大型化した「仮称5000トン級護衛艦(19DD)」として、2007年(平成19年)度防衛予算で発注・建造された大型護衛艦。~
+[[海上保安庁]]・小型巡視艇「あきづき」(MSA Akizuki PC-64)。~
1970年代〜1980年代にかけて導入された、狭水道での哨戒・警備用の小型巡視艇。~
公称船型は「特23メートル型巡視艇」。~
同型船に「しののめ」「うらゆき」「いせゆき」「はたぐも」「まきぐも」「はまづき」「いそづき」「しまなみ」「ゆうづき」「はなゆき((後に「たまなみ」と改称。))」「あわぎり」の11隻がある。~
~
前級の[[たかなみ型>たかなみ]]と比べ、[[あたご型>あたご]][[イージス護衛艦>イージス艦]]と同様の塔型の新型マストや平面固定型対空レーダーを採用し、上部構造物を舷側まで拡大するなど、[[ステルス]]性の向上が図られている。~
航路を航行する制限速力(12[[ノット]])に合わせて長時間航行すると共に、高速発揮も求められることから、動力には巡航用とブースト用の[[ディーゼルエンジン]]を組み合わせたCODAD方式を採用している。~
~
現在、老朽化により本艇を含めた全艇が退役している。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|総トン数|127t(旧)|
|全長|26m|
|全幅|6.3m|
|深さ|3m|
|機関|ディーゼルエンジン×3基3軸推進|
|機関出力|3,000馬力|
|速力|22kt|
|[[航続距離]]|220浬|
|人員|10名|
|武装|なし|
~
|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:建造所|CENTER:就役|CENTER:退役|CENTER:所属|
|PC-64|あきづき|[[三菱・下関>三菱重工業]]|S49.2.28|H8.3.11|横浜|
|PC-65|しののめ|~|S49.3.25|H8.2.9|鳥羽|
|PC-72|うらゆき|~|S50.5.31|H26.3.11|横須賀|
|PC-73|いせゆき|~|S50.7.31|H13.2.22|鳥羽|
|PC-75|はたぐも|~|S51.2.21|H24.2.14|横須賀|
|PC-76|まきぐも|~|S51.3.19|H26.3.11|鳥羽|
|PC-77|はまづき|~|S51.11.29|~|坂出|
|PC-78|いそづき|~|S52.3.18|~|横浜|
|PC-79|しまなみ|~|S52.12.23|~|名古屋|
|PC-80|ゆうづき|~|S54.3.22|~|横須賀|
|PC-81|はなゆき&br;→たまなみ|~|S56.3.27|H29.3.6|横浜|
|PC-82|あわぎり|~|S58.3.24|~|神戸|
~
+海上自衛隊汎用護衛艦「あきづき(2代)」(JS Akizuki DD-115)。~
従来の護衛艦を大型化した「仮称5000トン級護衛艦(19DD)」として、2007年(平成19年)度防衛予算で発注・建造された大型護衛艦。~
~
前級の[[たかなみ型>たかなみ]]と比べ、[[あたご型>あたご(自衛艦)]][[イージス護衛艦>イージス艦]]と同様の塔型の新型マストや平面固定型対空レーダーを採用し、上部構造物を舷側まで拡大するなど、[[ステルス]]性の向上が図られている。~
また本級は、BMD行動中のイージス艦を補佐するのを目的としているため、「[[たかなみ]]」型のVLSよりも[[ESSM(RIM-162)>RIM-162]]の搭載量が増加している。~
[[C4Iシステム>C4I]]や対空戦闘システムについては、[[ひゅうが型>ひゅうが]]ヘリコプター搭載護衛艦に搭載されていた「OYQ-10」[[戦術情報処理装置]]と[[FCS-3]]多機能レーダーの改良型である「OYQ-11」と「[[FCS-3A(00式射撃指揮装置)>FCS-3]]」を搭載している。~
[[艦載機]]については[[SH-60K>SH-60]]を最大2機搭載する事が可能。~
着艦拘束装置は従来と同様にカナダのインダル社製だが、RASTに替えて自動式のASIST Mk.6が採用され、着艦が比較的容易になった。~
ちなみに「あきづき」には現在、[[07式垂直発射魚雷投射ロケット]]は搭載されていない。~
~
ネームシップの「あきづき」は2010年10月に進水し、2012年の就役を目指して艤装工事が続けられている。~
このほか、姉妹艦3隻が建造・計画中である。~
ネームシップの「あきづき」が2012年3月に就役したのを皮切りに、2014年までに4隻が竣工している。~
~
【スペックデータ(予定)】~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|艦種|汎用護衛艦(DD)|
|前級|たかなみ型|
|次級|あさひ(2代)型|
|乗員|約200名|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[満載>満載排水量]])|5,000t/6,800t|
|全長|150.5m|
|[[基準排水量]]|5,050t/5,100t(2番艦以降)|
|[[満載>満載排水量]]|6,800t|
|全長|150.5m/151m(ふゆづき)|
|全幅|18.3m|
|深さ|10.9m|
|吃水|N/A|
|機関|COGAG方式 2軸推進&br;SM1Cガスタービンエンジン(64,000PS)×4基|
|吃水|5.4m|
|[[機関>エンジン]]|COGAG方式&br;ロールス・ロイス [[SM1C>スペイ]][[ガスタービン]]×4基(出力16,000PS)|
|推進器|可変ピッチ・プロペラ×2軸|
|発電機|[[川崎>川崎重工業]]M1A-35[[ガスタービン]]発電機×3基(出力2.4MW)|
|最大速力|30[[kt>ノット]]|
|兵装|Mk.45 62口径5インチ単装砲×1基&br;[[高性能20mm機関砲>ファランクス]]([[CIWS]])×2基&br;4連装[[90式SSM>90式艦対艦誘導弾]]発射筒×2基&br;Mk.41[[VLS>垂直発射システム]]×32セル1基([[ESSM>RIM-162]]・[[07式垂直発射魚雷投射ロケット]]を発射可能)&br;HOS-303 3連装短魚雷発射管×2基|
|艦載機|[[SH-60K>SH-60]]哨戒ヘリコプター×1〜2機|
|[[C4Iシステム>C4I]]|MOFシステム(SUPERBIRD B2)&br;海軍戦術情報システム(OYQ-11 ACDS+[[リンク11/14/16>データリンク]])|
|[[FCS>火器管制装置]]|FCS-3A(00式射撃指揮装置)|
|レーダー|FCS-3A 多機能レーダー(捜索用、FC用アンテナ各4面)×1基&br;OPS-20C 対水上レーダー×1基|
|ソナー|OQQ-22 統合ソナー・システム(バウ・ソナー+OQR-3 TACTASS)|
|電子戦&br;・対抗手段|NOLQ-3D 統合電子戦システム&br;Mk 36 SRBOC 対抗手段システム&br;(Mk.137 [[チャフ]]・[[フレア]]発射機×4基)|
~ 
【同型艦】
,艦番号,艦名,主造船所,起工,進水,竣工
,DD-115,あきづき&br;(JDS Akizuki),三菱・長崎,2009.7.17,2010.10.13,2012.3予定
,DD-116,てるづき&br;(JDS Teruzuki),三菱・長崎,2010.6.2,2011.9.15,2013.3.予定
,DD-117,平成21年度計画2246号&br;(21DD),三菱・長崎,2011.,,2014.3.予定
,DD-118,平成21年度計画2247号&br;(21DD),三井造船&br;玉野事業所,2011.,,2014.3.予定
|乗員|約200名|
|兵装|Mk.45 62口径5インチ単装砲×1基&br;[[高性能20mm機関砲>ファランクス]]([[CIWS]])×2基&br;Mk.41 mod.29[[VLS>垂直発射システム]]×1基32セル&br;([[RIM-162「ESSM」>RIM-162]]短SAM、[[RUM-139「VLA」>RUM-139]](1番艦)、&br;[[07式垂直発射魚雷投射ロケット]](2番艦以降)を発射可能)&br;[[90式SSM>90式艦対艦誘導弾]] 4連装[[発射筒>キャニスター]]×2基&br;[[68式3連装短魚雷発射管(HOS-303)>Mk.32]]×2基|
|[[艦載機]]|[[SH-60J/K>SH-60]]哨戒ヘリコプター×1機((ハンガーは哨戒ヘリコプターでは2機、[[MCH-101>AW101]]掃海・輸送ヘリコプターでは1機に対応可能。))|
|搭載艇|11m作業艇×1隻、7.5m複合型作業艇×1隻|
|[[C4Iシステム>C4I]]|MOF((Maritime Operation Force System:海上作戦部隊指揮管制支援システム))システム(SUPERBIRD B2)&br;新戦闘指揮システム(ATECS((Advanced Technology Combat System.)))([[OYQ-11 ACDS>OYQ-11]]+[[リンク11/14/16>データリンク]])&br;[[NOYQ-1B]] 統合ネットワークシステム|
|[[FCS>火器管制装置]]|[[FCS-3A(00式射撃指揮装置)>FCS-3]]|
|[[レーダー]]|FCS-3A 多機能レーダー(捜索用、FC用アンテナ各4面)×1基&br;OPS-20C 航海用レーダー(主・副アンテナ各1基)×1基|
|[[ソナー]]|[[OQQ-22]] 統合ソナー・システム&br;(バウ・ソナー+OQR-3 TACTASS)|
|[[電子戦]]&br;・対抗手段|NOLQ-3D 統合電子戦システム&br;Mk.36 SRBOC 対抗手段システム&br;(Mk.137 6連装[[チャフ]]・[[フレア]]発射機×4基)&br;曳航具4型 対魚雷デコイ×1基&br;投射型静止式ジャマー(FAJ)×2基&br;自走式[[デコイ]](MOD)×2基|
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主造船所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:竣工|CENTER:所属|
|DD-115|あきづき&br;(JS Akizuki)|[[三菱・長崎>三菱重工業]]|2009.7.17|2010.10.13|2012.3.14|第1護衛隊群第5護衛隊&br;(佐世保基地)|
|DD-116|てるづき&br;(JS Teruzuki)|~|2010.6.2|2011.9.15|2013.3.7|第2護衛隊群第6護衛隊&br;(横須賀基地)|
|DD-117|すずつき&br;(JS Suzutsuki)|~|2011.5.18|2012.10.17|2014.3.12|第4護衛隊群第8護衛隊&br;(佐世保基地)|
|DD-118|ふゆづき&br;(JS Fuyuzuki)|三井造船&br;玉野事業所|2011.6.14|2012.8.22|2014.3.13|第3護衛隊群第7護衛隊&br;(舞鶴基地)|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS