• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぐんがくたい){【軍楽隊】}; [#b8287b65]
Military Band.~
[[軍隊]]の組織のひとつで、音楽(楽器の演奏・作曲など)のスキルを持つ将兵によって構成された組織・部隊。~
野外で演奏され、大きな音量が必要とされるため、管楽器と打楽器による「吹奏楽」の形態をとることが多い。~
Military Band((余談だが、英国ではこの言葉を「軍隊式の演奏方式」として、民間人で編成された楽団に対しても用いる事がある。&br;  これは、労働者階級で広まった「金管バンド(brass band)」と区別するため、といわれている。)).~
~
中世までの戦争では、[[歩兵]]部隊による密集戦法が取られることが多かったが、この際には、隊形の構築・転換、移動の開始・停止といった命令を末端の兵士にまで浸透させるため、「信号」としての大きな音が必要とされた。~
また、会戦の際には密集隊形を保ったまま敵に突入することになるが、この時に、兵士の誰かが恐怖に駆られて[[敵前逃亡]]するようなことがあっては陣形が崩壊して戦闘にならなくなるため、勇壮なBGMを演奏することで[[士気]]を維持することも必要とされた。~
こうした理由から、軍楽隊の構成は大きな音の出る管楽器や打楽器を中心として構築され、歩兵や砲兵・[[騎兵]]といった正面戦闘部隊に随行して戦闘に参加していた。~
[[軍隊]]の管理下に置かれた楽団。~
軍の教育機関で「特技」として音楽教育を施された兵士((軍楽隊で習練を重ねた兵士が、退役後に民間の楽団で活動する音楽家に転身する事も多い。))、もしくは軍属として雇い入れた音楽家により構成される。~
野外演奏のために大きな音量が必要とされることから、基本的には管楽器と打楽器による「吹奏楽」の形態を取る。~
~
しかし近世以後、小銃の発達によって陸戦が[[散兵戦]]主体になると、後方における将兵の慰安や士気高揚、または儀礼のための演奏や有事における後方支援部隊の補助要員といった後方支援任務が主体となっていった。~
>このため現在では、軍隊の中にジャズやロックのバンドが編成されることもあるという。
歴史的には、指揮官の[[機動]]命令を末端の兵士まで迅速に伝えるための「信号」として、打楽器や笛で大きな音を出した事に始まる。~
また、戦闘時に兵が恐怖に駆られて[[敵前逃亡]]しないよう、また歩調を合わせやすいよう、勇壮な音楽を鳴らしながら行進させる事も必要とされた。~
当時の軍楽隊は伝令の一種として、[[歩兵]]・[[砲兵]]・[[騎兵]]らと共に不可欠な正面戦闘部隊の一員であった。~
~
しかし近世以後、[[塹壕戦]]や[[散兵戦]]といった[[戦術]]が採用されると、前線に軍楽隊の居場所はなくなってしまった。~
以降の軍楽隊は将兵の慰安や[[士気]]高揚、儀仗としての演奏などを主任務とするようになっていった。~
儀仗では伝統的な吹奏楽の技術が継承されるが、慰安においては時代に応じた選曲が行われている((現代では主にジャズ・ロック・母国のポピュラー音楽・映画音楽・民俗音楽など。))。~
~
関連:[[タトゥー]] [[自衛隊音楽隊>音楽隊(自衛隊)]]

また、戦時・平時を問わず活動できる組織であるため、民間人による管打楽器編成の楽団を組織するモデルにもなっている。
>英国では「ミリタリー・バンド」の言葉を、民間人によって編成された楽団に対しても用いることがある。~
これは、英国において労働者階級の人々に広まった「金管バンド(ブラスバンド)」と区別するため、といわれている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS