• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(かっそうろ){【滑走路】}; [#i16c9248]
Runway.~
[[飛行機]]が[[離陸]]・[[着陸]]を行うための道路。~
積み卸し・運行管理・[[管制]]などが必要なため、[[飛行場]]や[[空港]]の付属物として敷設され、滑走路だけが独立して存在する事はない。~
~
[[飛行機]]はその原理上、[[着陸]]する瞬間まで[[失速]]しないだけの[[揚力]]を維持しなければならない。~
従って、[[着陸]]した時点では非常に高速であり、減速・停止するために長い滑走路を必要とする。~
~
また、同様の理由から、[[揚力]]が自重を上回るまでは[[離陸]]する事ができない。~
[[揚力]]を得るための加速は地上で行われるため、[[離陸]]時にも加速のための滑走路が必要になる。~
~
軽量な小型[[飛行機]]の場合、土地を平らに均しただけの簡素な道路でも滑走路として使用できる。~
しかし、[[旅客機]]などの大型航空機の発着を想定した場合、接地の衝撃に耐えられるような堅固な舗装が必要になる。~
~
大抵は[[飛行場]]・[[空港]]の設置箇所で風が吹く頻度の高い方向に向かって設けられるが、大規模な空港になると、横風用のものを併設することが多い。~
関連:[[オーバーランエリア]] [[誘導路]]

**方位 [#e2359bd8]
航空機の離着陸は気流の影響を強く受けるため、滑走路を敷設するに際しては風向きを考慮する必要がある。~
~
現代の[[飛行場]]では、磁北を0(360)度として、滑走路の伸びる方角により01〜36((数字は角度の上2ケタ。))の番号が時計回りに付けられている。~
また、同じ方角に伸びる滑走路が2つ以上存在する場合は、左側から「36L」「36C」「36R」のように分けられる。~
もしくは番号を1つ増やすか減らし、同じ方角でも「01」「35」のようにされる。~
大抵は風が吹く頻度の高い方向に向かって設けられるが、大規模な空港では横風用のものを併設することが多い。~
~
例として[[新千歳空港]]・[[千歳基地]]は合計で4本の平行な滑走路を有しているので、空港側と基地側のそれぞれ2本を 「L」 「R」 に分け、その上で番号を空港側が「01/19」、基地側が「36/18」というように振り分けを行っている。~
~
関連:[[オーバーランエリア]] [[誘導路]]
現代の[[飛行場]]では、滑走路の延びる方角を示す数値として01〜36の数値が割り振られる。~
磁北を0として、時計回りに10°傾くごとに数値を1増やす。磁北そのものは一回転して36として割り振られる。~
同じ方位の滑走路が複数存在する場合、「36L」「36C」「36R」などと末尾に記号を付記するか、実際の方位と異なる番号が割り振られる。~

>例:~
[[新千歳空港]]・[[千歳基地>千歳空港]]は合計4本の平行な滑走路を有する。~
この滑走路を識別するため、まず空港側と基地側でそれぞれ2本を「L」「R」に振り分けた。~
その上で、空港側に「01」「19」、基地側に「36」「18」の番号が割り振られている。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS