【横田基地】(よこたきち)

Yokota Air Base

東京都の多摩中部にある在日アメリカ軍の基地で、沖縄を除くと日本最大の米軍基地となっている。
日本の公的資料では「横田飛行場」と呼称されている。

概要

本基地は東京都福生市、立川市、昭島市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町にまたがる基地で、総面積は7,136km²あり、東京ドームの約150倍に当たる。
事実上日本の行政権が及ばない治外法権地区になっている。
基地内の人口は約10,000人で、内訳は軍人・軍属が約4,000人、軍人の家族約6,000人、日本人従業員2,200人となっている。
在日アメリカ軍司令部や第5空軍司令部が置かれた、極東における主要基地であり、極東地域全体の兵站基地としての機能を有している。
また、(朝鮮戦争において編成された)国連軍の後方司令部も設置されており、将来は航空自衛隊航空総隊司令部などが府中基地?から移駐及び新編される予定である。

当初、同基地は第二次世界大戦中の1940年(昭和15年)に日本軍の「多摩飛行場」として建設され、太平洋戦争大東亜戦争)中には陸軍の航空機試験場として利用されていた。
終戦後、この飛行場はアメリカ軍によって接収され、「横田飛行場(横田基地)」と改められた。
その後、順次基地の拡張工事が行われ、1960年ごろには現在の規模になった。
拡張に際しては当時の国鉄八高線や国道16号線の経路などが変更された。
朝鮮戦争においてはB-29の出撃基地として機能し、ベトナム戦争ではアメリカ軍の補給基地として積極的に活用された。

駐留する部隊


*1 スタジオ及び番組制作部門。送信施設は埼玉県朝霞市に所在。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS