• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(らんせん){【ランセン】}; [#u7465e86]

SAAB32 Lansen(槍騎兵が持つ槍の意味)

サーブ 32 ランセン(SAAB 32 Lansen)はスウェーデンのサーブ社によって開発された複座の軍用機。~
設計の一部にコンピューターが設計に使用された最初の航空機の一つで、本機では翼の強度計算にスウェーデン初の真空管式コンピュータを採用した。~
また、浅降下時に音速を達成した初のスウェーデン製航空機でもある。~
*&ruby(らんせん){【ランセン】}; [#i7e65a13]
SAAB 32 Lansen(スウェーデン語で槍の意).~
[[バンパイア]]や[[トゥンナン]]の後継として、スウェーデンの[[サーブ]]社が開発した複座・全天候型戦闘・攻撃・偵察機。~
~
派生型には対地・対艦攻撃機A 32A、全天候型戦闘機J 32B、偵察機S 32Cなどがある。このうち一部の機は後に標的曳航機J 32Dや電子戦機J 32Eに改修されて使用された。練習機型は存在しないが、一部の機には後席に簡易操縦装置がついているものも存在する。~
1940年代後半から開発が始まり、1952年に初飛行、1953年から部隊配備が開始された。~
主翼は[[ランセン]]と同じく後退翼だが、より強い後退角を持ち、後縁に大きなファウラーフラップが取り付けられている。~
エンジンはRR社製エイヴォンMk100をライセンス化したRM5Aターボジェットエンジン1基を搭載するほか、航法・偵察レーダーや電波高度計、爆撃/ロケット射撃用コンピュータなど当時としては最新のアビオニクスが搭載された。~
固定武装にADEN 30mm機関砲4門を搭載するほか翼下にAIM-9や無誘導空対空ロケット弾、空対艦ミサイル等を搭載できる。~
~
初飛行は1952年で450機が生産され、一部の機体は1980年代までスウェーデン空軍に就役していた。 
1960年の生産終了までに450機が生産され、偵察型と標的曳航機型は1997年まで運用された。~

**スペックデータ [#va943695]
乗員:2名~
全長:14.9m~
全高:4.65m~
全幅:13.0m~
翼面積:37.4~
空虚重量:7,500kg~
最大離陸重量:13,600kg~
エンジン:スベンスカ製RM5Aターボジェットエンジン(推力35.3kN/44.1kN([[A/B]]使用時))×1基~
スベンスカ製RM6Aターボジェットエンジン(推力6,900kg([[A/B]]使用時))×1基(J32B)~
最高速度:607kt~
航続距離:1,000nm~
実用上昇限度:15,000m~
上昇率:100m/s~
武装:ADEN 30mm機関砲4門、翼下に[[Rb24>AIM-9]]、Rb04C空対艦ミサイル、通常爆弾、75mmロケット弾ポッド、増槽、照明弾等を搭載可能。~
~
派生型:~
~
A32A:最初の生産型。全天候攻撃機型~
J32B:全天候/夜間迎撃機型。[[AIM-9]]を搭載可能~
S32C:写真偵察機型。機首部にカメラとレーダー監視機器を搭載~
J32D:J32B改良型。ECM任務用装備を搭載できる最終生産型~
~
性能諸元:~
全長:14.94m~
全幅:13.0m~
全高:4.65m~
最大離陸重量:13,500 kg~
エンジン:スヴェンスカ・フリグモーター RM5A(A/S)・RM6A(J)(RR社製エイボンMk100のライセンス生産品、推力:47.0 kN / 65.3 kN (巡航 / [[A/B>アフターバーナー]])~
固定武装:30mm機関砲×4、[[AIM-9]]×4又は無誘導ロケット弾を装備
**バリエーション [#y81b2b4d]
-A32A:初期生産型で全天候対地・対艦攻撃機型。~
-J32B:RM6Aターボジェットエンジンを搭載する全天候戦闘機型。~
機体構造が強化され、射撃照準装置を兼ねた全天候型[[FCS>火器管制装置]]や赤外線センサー等の電子装備が搭載された。[[AIM-9]]を搭載可能。~
-S32C:偵察レーダーとカメラを搭載する写真偵察機型。主翼下には照明弾12発を装備できる。~
-J32D:標的曳航機型。~
-J32E:最終生産型で電子戦機型。ECM任務用装備を搭載できる。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS