*&ruby(べるけのかくげん){【ベルケの格言】}; [#oaf05803]
[[第一次世界大戦]]時のドイツ帝国[[エースパイロット]]にして、近代空中戦の父と呼ばれる[[オズワルド・ベルケ]]が遺した格言。~
[[戦闘機]][[パイロット]]への戒めであり、基本原則としては90年以上経った現代でも有効なものと言われる。~
[[ベトナム戦争]]における[[エースパイロット]]である[[ランダル・H・カニンガム]]をして「ジェットの空中戦であってもベルケの格言の価値は不変である」と言わしめた。

+攻撃の前に優勢を確保せよ。太陽を背にする事が望ましい。
+一度仕掛けた攻撃は、常に完遂せよ。
+敵に十分接近し、確実に照準に捉えた場合のみ発砲せよ。
+敵機を見失うな。敵の策略に惑わされるな。
+どのような攻撃でも、敵の後方から攻撃する事が肝要である。
+敵の降下攻撃を避けようとするな。敵に機首を向けて飛べ。
+退路を忘れるな。
+原則として4機から6機までの編隊で行動せよ。ただし、同じ敵を2機で攻撃するな。

関連:[[マランの空戦十則]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS