• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぱーんつぃり-えすいち){【パーンツィリ-S/S1】}; [#u519529c]
96K6 Pantsir-S1~
96K6 Pantsir((Панцирь:ロシア語で「鎧」「甲冑」の意。))-S1~
ロシアが開発した自走式低高度防空システム。~
[[NATOコード]]はSA-22『グレイハウンド』と呼ばれる。~
2S6「ツングースカ」自走高射機関砲の後継として1994年に開発され、1995年に初めて公開された。~
[[2S6]]同様、砲塔は[[機関砲]]と[[地対空ミサイル]]を組み合わせたハイブリッドシステムで、57E6[[地対空ミサイル]]を左右のチューブ型発射機に6発ずつ計12発を搭載し2A72 30mm単装機関砲2基搭載の前期型と2A38M 30mm連装機関砲2基搭載の後期型(主生産型)の装輪用砲塔と、2A38M 30mm連装機関砲2基と57E6[[地対空ミサイル]]を左右のチューブ型発射機に4発ずつ計8発搭載した装軌型砲塔の2系統の砲塔が存在し、各砲塔は2S6と同系列車体のGM-352M1E装軌車か[[BMP-3]]やKAMAZ-6560もしくはMZKT-7930重トラックなど既存の車輌に搭載される。~
[[レーダー]]は、航空機搭載型のZhuk MSF系のレーダー技術を転用した、新型のファザトロン製Xバンドパッシブフェイズドアレイレーダーを搭載しており、[[RCS]]2m2の目標を探知可能である。
レーダー配置に関しては、車体後部に捜索レーダー(最大32-36km)と車体前方に追尾レーダー(最大24-28km、20目標を同時補足3目標に対して同時交戦)を搭載しているほか、砲塔上には新たにガン・ミサイル複合[[CIWS]]のCADS-N-1「カシュタン」に似た電子光学捜索追尾装置(EO)が配備されていおり、ECM時には砲ミサイルの指向を行う。~
[[NATOコード]]はSA-22「グレイハウンド」と呼ばれる。~
[[2S6「ツングースカ」>2S6]]自走高射機関砲の後継として1994年に開発され、1995年に初めて公開された。~
~
[[2S6]]や海軍の[[カシュタン]][[CIWS]]と同様に、[[砲塔]]は[[機関砲]]と[[地対空ミサイル]]を組み合わせたハイブリッドシステムである。~
[[砲塔]]は57E6[[地対空ミサイル]]を左右のチューブ型発射機に6発ずつ計12発を搭載し、2A72 30mm単装機関砲2基搭載の前期型と2A38M 30mm連装機関砲2基搭載の後期型(主生産型)の装輪用[[砲塔]]と、2A38M 30mm連装機関砲2基と57E6[[地対空ミサイル]]を左右のチューブ型発射機に4発ずつ計8発搭載した装軌型[[砲塔]]の2系統が存在する。~
各[[砲塔]]は2S6と同系列車体のGM-352M1E装軌車か[[BMP-3]]やKAMAZ-6560もしくはMZKT-7930重トラックなど既存の車輌に搭載される。~
~
[[レーダー]]は、新型のファザトロン製Xバンド・パッシブ[[フェイズドアレイレーダー]]を搭載しており、[[RCS>レーダー反射面積]]2屬量槁犬鮹誼硫椎修任△襦~
~
レーダー配置に関しては、車体後部に捜索レーダー(最大索敵距離32〜36km)と車体前方に追尾レーダー(最大索敵範囲24〜28km、20目標を同時捕捉し、3目標に対して同時交戦が可能。)を搭載しているほか、[[砲塔]]上には新たにCADS-N-1「カシュタン」ガン・ミサイル複合CIWSに似た電子光学捜索追尾装置(EO)が配備されており、[[ECM]]時には砲及びミサイルの指向を行う。~
捜索レーダーは水平左右45度、垂直85度の範囲を機械走査により全周をカバーしている。~
輸出型に関しては、レーダー類は搭載されず電子光学捜索追尾装置のみの搭載となっている。~
捜索レーダーは水平左右45度、垂直85度の範囲を機械走査により全周をカバーしている。~

57E6[[地対空ミサイル]]は9M311系列のミサイルで、前述の電子光学捜索追尾装置による赤外線レーザー信号と追尾レーダーによる第二世代のコマンド誘導(SACLOS)が使用でき、同時に2発のミサイルの誘導が可能と成っている。~
ミサイルは、発射後固体ブースターにより2秒で1,300 m/sまで加速されて目標と交戦に入る。~
9M311から最大速度毎秒1100-1300m、交戦高度5m-15km、有効射程1200m-最大20km、有効高度6kmと性能を大幅に向上させており、装輪型と装軌型双方での走行中のSAMの発射が可能に成っている。~
なお、ミサイルは密閉された格納チューブによって15年間保守点検不要である。~

[[機関砲]]について、装輪型搭載の2A72機関砲は、BMP-3の30mm機関砲と同一だが、重量を半分程度に軽量化したベルト給弾方式の機関砲で、3UBR徹甲弾使用の場合は交戦距離1500mで殆どの歩兵戦闘車を破壊できる威力を持っている。装軌型搭載の2A38M機関砲については、ツングースカM1と搭載砲と所元は同一であるが、搭載弾数に関しては、装輪型は750発、装軌型1400発を搭載し、各発射レートも単装700と連装1250に向上している。~
各機関砲同一有効所元は高度0-3000m、射程200-4000mである。~

人員配置に関しては、砲塔に車長、砲手、車体に操縦手の配置となっている。~

総合性能については、[[固定翼機]]や[[回転翼機>ヘリコプター]]、[[UAV>無人機]]はもちろん、空対地ミサイル(対レーダーミサイル含む)、精密[[誘導爆弾]]や[[巡航ミサイル]]・[[弾道ミサイル]]をも迎撃可能で、また軽装甲車両を撃破可能である。~
デジタルデータリンクによるネットワークを有しており、他の3-5基のグレイハウンドもしくは対空火器を指揮下に連携攻撃可能であり、更に個別にレーダーにより3目標、EOにより1目標の合計4目標に対して同時交戦可能な点とミサイル四発の同時追尾可能な点は特筆に値する。目標補足から交戦に関しては、4-6秒にて迎撃を開始できる。
~
57E6[[地対空ミサイル]]は9M311系列のミサイルで、前述の電子光学捜索追尾装置による赤外線レーザー信号と追尾レーダーによる第二世代のコマンド誘導(SACLOS)が使用でき、同時に2発のミサイルの誘導が可能と成っている。~
ミサイルは、発射後[[固体ブースター>固体燃料ロケット]]により2秒で1,300m/sまで加速されて目標と交戦に入る。~
9M311から性能を大幅に向上させており、装輪型と装軌型双方での走行中のSAMの発射が可能に成っている。~
なお、ミサイルは密閉したチューブに収納されており、製造から15年間保守点検が不要となっている。~
~
[[機関砲]]については、装輪型搭載の2A72 30mm機関砲は、[[BMP-3]]の2A42 30mm機関砲と同一だが、重量を半分程度に軽量化したベルト給弾方式の機関砲で、3UBR[[徹甲弾]]使用の場合は交戦距離1,500mで殆どの[[歩兵戦闘車]]を破壊できる威力を持っている。~
装軌型搭載の2A38M 30mm機関砲については、ツングースカM1の搭載砲と諸元は同一であるが、搭載弾数に関しては、装輪型は750発、装軌型は1,400発を搭載し、各発射レートも単装700発と連装1,250発に向上している。~
諸元は各砲とも同一で、有効高度0〜3,000m・[[有効射程]]200〜4,000mである。~
~
人員配置に関しては、[[砲塔]]に車長、砲手、車体に操縦手の配置となっている。~
~
総合性能については、[[固定翼機]]や[[回転翼機>ヘリコプター]]、[[UAV>無人機]]はもちろん、[[空対地ミサイル]]([[対レーダーミサイル]]含む)、精密[[誘導爆弾]]や[[巡航ミサイル]]・[[弾道ミサイル]]をも迎撃可能で、また軽装甲車両を撃破可能である。~
デジタル[[データリンク]]によるネットワークを有しており、他の3〜5基のグレイハウンドもしくは対空火器を指揮下に連携攻撃可能であり、更に個別にレーダーにより3目標、EOにより1目標の合計4目標に対して同時交戦可能な点とミサイル四発の同時追尾可能な点は特筆に値する。~
目標補足から交戦に関しては、4〜6秒にて迎撃を開始できる。~
最大対処数は一分間に10目標に対して迎撃可能であり、搭載電子装備により目標を全自動追尾出来る。~
兵装面に関しては、後期型ツングースカと互換性を有している。~
~
現在、UAEとロシア防空軍にKAMAZ-6560重トラック搭載型が配備されているが、配備数はまだ少ない。~
UAEは24両の装軌型と26両の装輪型を発注し現在取得中であり、MZKT-7930やMAN SX45等の8 x 8トラックに搭載された派生型がある。艦艇に対しても搭載可能である。~
その他、シリアが導入済み、アルジェリア・リビア・ヨルダン・インドが導入予定/検討中である。~
UAEは24両の装軌型と26両の装輪型を発注し現在取得中であり、MZKT-7930やMAN SX45等の8×8トラックに搭載された派生型がある。また、艦艇に対しても搭載可能である。~
その他、シリアが導入済み、アルジェリア・リビア・ヨルダン・インドが導入を予定もしくは検討中である。~
~
関連:[[SA-19]] [[M6>M2]] [[2S6]]

**スペックデータ(57E6) [#wb7bd75b]
本体重量:90kg~
全長:3.2m~
直径:0.17m~
弾頭:HE 連続ロッド(20kg)~
推進装置:固体燃料ロケットモーター~
最大射程:20km~
最小射程:1200m~
最大飛行高度:15,000m~
最高速度:1,300m/s~
|全長|3.2m|
|直径|0.17m|
|本体重量|90kg|
|推進方式|[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|射程&br;(最小/最大)|1,200m/20km|
|最大飛行高度|15,000m|
|交戦高度|5〜15km|
|有効高度|6km|
|最高速度|1,100〜1,300m/s|
|弾頭|[[HE 連続ロッド>榴弾]](20kg)|
~
**バリエーション [#x3a89c3b]
-パンツィーリ-S1:~
初期生産型。~
~
-パンツィーリ-M/EM:~
海軍向け複合[[CIWS]]型。2015年に実用化。~
EM型は輸出型。~
~
-パンツィーリ-S2/S2E:~
近代化改修型。~
新型の追跡レーダーと機能が強化された2面レーダーを搭載。~
S2E型は輸出型でアルジェリアに輸出されている。~
~
-パンツィーリ-SM:~
既存システムをアップグレードした型。~
多機能ターゲッティングステーションを搭載し、目標捕捉範囲を40〜75kmに、交戦範囲を20〜40kmに拡大している。~
装甲キャブ付きの新しいKamaz 8×8トラックシャーシに搭載される。~
2019年に開発完了予定。~
~
-パンツィーリ-SA:~
開発中の北極圏向けモデル。30mm機関砲は搭載していない。~
~

関連:[[SA-19]] [[M6>M2]] [[2S6]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS