*&ruby(たいこんでろが){【タイコンデロガ】}; [#mf4a8767]
Ticonderoga~
アメリカ合衆国ニューヨーク州の地名。~
アメリカ独立戦争時代、この地にあった[[要塞]]での戦いにちなみ、[[アメリカ海軍]][[艦艇]]の名前に複数回使われている。~

+CV-14 USS Ticonderoga~
[[エセックス級>エセックス]][[航空母艦]]の6番艦。~
[[太平洋戦争]]中の空母建造ラッシュのなかで建造され、1944年に就役した。~
オリジナルの「[[エセックス]]」に比べると艦首部分に機銃を増設したため船体が長く、本艦と同様のものを「タイコンデロガ級航空母艦」と称する場合もある。~
ただし本艦の就役は遅れ、タイコンデロガ級の中で一番最初に就役したのは「ハンコック(CV-19)」となった。~
戦後は一時退役していたが、[[斜め飛行甲板]]の追加など、ジェット機運用のための近代化改修を行い、1957年に復帰した。~
1964年の[[トンキン湾事件]]において「[[報復]]」と自称する攻撃をおこない、ベトナム戦争拡大のきっかけとなったことでも知られる。~
1965年には[[水爆>水素爆弾]]を積んだ[[艦載機]]が海中へ転落する[[ブロークンアロー]]が発生している。~
1969年に[[対潜空母]](CVS-14)へ艦種変更され、1973年に退役した。~
~
+CG47 USS Ticonderoga~
タイコンデロガ級ミサイル[[巡洋艦]]の1番艦にして、世界初の[[イージス艦]]((実戦配備された艦として。イージスシステムの開発に使われた試験艦「ノートン・サウンド」を除く。))。~
[[RIM-66]]を同時に16〜24(諸説あり)の空中目標へ誘導することができるといわれる。~
[[スプルーアンス級>スプルーアンス]][[駆逐艦]]の船体設計にイージスシステムを搭載する形で建造されたため、船体に比べて艦橋などの上部構造物が大型化している。~
[[スプルーアンス]]級から派生したため、発注時点ではミサイル[[駆逐艦]]に分類されていたが、[[駆逐艦]]としては[[排水量]]が大きく、また従来のミサイル[[巡洋艦]]を凌駕する性能を持っていたことから、起工時にミサイル[[巡洋艦]]へ改められた。~
~
ベースライン0及び1と呼ばれる初期の5隻には[[イージス艦]]の特徴と思われている[[垂直発射システム]](VLS)ではなく、スプルーアンス級と同じくMk26「GMLS」連装ミサイル発射機を装備しており、VLSを装備するのは6番艦「バンカーヒル」以降となっている。~
同型艦は27隻にも及んだが、1隻あたりの価格が10億ドルにも達し、今後新造される予定はなく順次退役。~
予定通りであれば、2034年には全艦が姿を消すことになる。~
~
1番艦「タイコンデロガ」の2017年予定を始め、暫くの間運用される予定であったが、タイコンデロガが2004年9月30日に退役したのを皮切りに、既にベースライン0・1の5艦が退役している。~
[[垂直発射システム]]を装備するベースライン2以降の22隻には、今後[[ミサイル防衛]]機能が付与され、[[RIM-161]](SM-3)が配備される予定である。~
[[RIM-161]]開発のため「レイク・エリー」や「シャイロー」に同ミサイルの発射能力が付与されている。~
~
今後、タイコンデロガ級の任務は[[ミサイル防衛]]に重きが置かれるようになり、アメリカ海軍における艦隊防空任務の中心は、廉価版[[イージス艦]]である[[アーレイ・バーク]]級へ移される予定である。~
~
なお、余談ながら本艦型は1999年以後、アメリカ海軍が保有する唯一の「[[巡洋艦]]」となっている((この年、「カリフォルニア」級原子力ミサイル巡洋艦が退役したことによる。))。~
[[航空母艦]]の艦長は[[エビエーター]]出身者が就くことになっているため、水上艦勤務の大佐にとって本級の艦長職は目標になっている((現在、[[駆逐艦]]とされているズムウォルト級の艦長を大佐職にするために[[巡洋艦]]に艦種変更する可能性はある(同級は本級よりも大型で、搭載艦砲が6.1インチ(15.5僉砲任△襦法 ))。
~
&ref(chancellorsville.jpg); ~
CG-62 USS Chancellorsville~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|艦級|タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦([[イージス艦]])|
|全長|172.8m|
|全幅|16.8m|
|吃水|9.5m|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[満載>満載排水量]]((建造時期・装備によって異なる。)))|7,652t-/9,407-9,590t|
|[[機関>エンジン]]|COGAG方式 2軸推進&br;GE LM2500[[ガスタービン]]×4基|
|機関出力|80,000hp|
|速力|30[[kt>ノット]]+|
|[[航続距離]]|6,000[[海里]](20kt)/3,300海里(30kt)|
|乗員|358名/312名(CG-21)|
|武装|Mk.45 54[[口径]]5インチ(127mm)単装[[速射砲]]×2基&br;Mk.26 mod5 GMLS((Guided Missile Launching System.))連装発射機×2基&br;([[RIM-66]]、[[RUR-5]]を装備。弾庫容量44発。CG-47〜CG-51)&br;Mk.41 mod0 [[VLS>垂直発射システム]]×61セル2基([[RIM-66]]、[[RIM-162]]、[[RUM-139]]、[[BGM-109]]を装備。CG-52〜)&br;Mk.141 4連装ミサイル[[キャニスター]]×2組([[RGM-84]]を装備)&br;Mk.32 3連装324mm短魚雷([[対潜魚雷]])発射管×2組&br;[[Mk.15 ファランクス>ファランクス]]20mm[[CIWS]]×2門&br;[[Mk.38>M240]] 25mm[[チェーンガン]]×2門(CG-52〜)&br;[[M2 12.7mm単装機銃>ブローニングM2]]×2ないし4挺|
|艦載機|[[SH-2F>SH-2]]または[[SH-60B LAMPS>SH-60]]ヘリコプター×2機を運用可能。|
|[[C4Iシステム>C4I]]|USQ-119 GCCS((Global Command and Control System:汎地球指揮統制システム))-M + NTDS((Naval Tactical Data System:海軍戦術情報システム)) mod.4/5 ([[リンク 4A/11/14/16>データリンク]])&br;Mk.7 AWS((Aegis Weapon System:イージス武器システム))+AN/SQQ-89 ASWCS((ASW Combat System:統合対潜システム))+Mk.37 TWS((Tomahawk Weapon System:トマホーク武器システム))|
|[[FCS>火器管制装置]]|Mk.86 mod.9 砲FCS(5インチ砲用)×1基&br;Mk.99 ミサイルFCS([[SM-2>RIM-66]]用)×4基&br;SWG-3A TWCS([[BGM-109]]用)&br;SWG-1 HSCLCS([[RGM-84]]用)&br;Mk.116 水中FCS([[VLA>RUM-139]]、短魚雷用)|
|レーダー|AN/SPY-1A/B 多機能レーダー×4面1基&br;AN/SPS-49 対空捜索レーダー×1基&br;AN/SPS-55 対水上レーダー×1基&br;AN/SPG-62 ミサイル射撃指揮レーダー(Mk.99のサブシステム)×4基&br;AN/SPQ-9B 低空警戒/砲射撃指揮レーダー(Mk.86のサブシステム)×1基|
|ソナー|SQS-53B/C/D 艦首ソナー×1基&br;SQR-19 曳航ソナー×1基|
|電子戦&br;・対抗装備|AN/SLQ-32(v)3電子戦装置&br;AN/SLQ-25「ニクシー」対魚雷囮装置&br;Mk.36 SRBOC [[チャフ]]・[[フレア]]展開装置|
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|>|>|>|>|>|>|CENTER:ベースライン0|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主建造所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:退役|
|CG-47|タイコンデロガ&br;(USS Ticonderoga)|インガルズ|1980.1.21|1981.4.25|1983.1.22|2004.9.30|
|CG-48|[[ヨークタウン]]&br;(USS Yorktown)|インガルズ|1981.10.19|1983.1.17|1984.7.4|2004.12.3|
|>|>|>|>|>|>|CENTER:ベースライン1|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主建造所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:退役|
|CG-49|ヴィンセンス&br;(USS Vincennes)|インガルズ|1982.10.19|1984.1.14|1985.6.3|2005.6.29|
|CG-50|ヴァリー・フォージ&br;(USS Varrey Forge)|インガルズ|1983.4.14|1984.6.23|1986.1.18|2004.8.30|
|CG-51|トーマス・S・ゲイツ&br;(USS Thomas S Gates)|バス|1984.8.31|1985.12.14|1987.8.22|2005.12.14|
|>|>|>|>|>|>|CENTER:ベースライン2|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主建造所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:退役|
|CG-52|バンカー・ヒル&br;(USS Bunker Hill)|インガルズ|1984.1.11|1985.3.11|1986.9.20||
|CG-53|モービル・ベイ&br;(USS Mobile Bay)|インガルズ|1984.6.6|1985.8.22|1987.2.21||
|CG-54|アンティータム&br;(USS Antietam)|インガルズ|1984.11.15|1986.2.14|1987.6.6||
|CG-55|レイテ・ガルフ&br;(USS Leyte Gulf)|インガルズ|1985.3.18|1986.6.20|1987.9.26||
|CG-56|サン・ジャシント&br;(USS Sanjacint)|インガルズ|1985.7.24|1986.11.14|1988.1.23||
|CG-57|レイク・シャンプレイン&br;(USS Lake Champlain)|インガルズ|1986.3.3|1987.4.3|1988.8.12||
|CG-58|フィリピン・シー&br;(USS Philippine Sea)|バス|1986.4.8|1987.7.12|1989.3.18||
|>|>|>|>|>|>|CENTER:ベースライン3|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主建造所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:退役|
|CG-59|プリンストン&br;(USS Princeton)|インガルズ|1986.10.15|1987.10.2|1989.2.11||
|CG-60|ノーマンディー&br;(USS Normandy)|バス|1987.4.7|1988.3.19|1989.12.9||
|CG-61|モンテレー&br;(USS Monterey)|バス|1987.8.19|1988.10.23|1990.6.16||
|CG-62|チャンセラーズヒル&br;(USS Chancellorsville)|インガルズ|1987.6.24|1988.7.15|1989.11.4||
|CG-63|カウペンス&br;(USS Cowpens)|バス|1987.12.23|1989.3.11|1991.3.9||
|CG-64|ゲティスバーグ&br;(USS Gettysburg)|バス|1988.8.17|1989.7.2|1991.6.2||
|>|>|>|>|>|>|CENTER:ベースライン4|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:主建造所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:退役|
|CG-65|チョーシン&br;(USS Chosin)|インガルズ|1988.7.2|1989.9.1|1991.1.12||
|CG-66|ヒュー・シティ&br;(USS Hue City)|インガルズ|1989.2.20|1990.6.1|1991.9.14||
|CG-67|シャイロー&br;(USS Shiloh)|バス|1989.8.1|1990.9.8|1992.7.18||
|CG-68|アンツィオ&br;(USS Anzio)|インガルズ|1989.8.21|1990.11.2|1992.2.10||
|CG-69|ヴィックスバーグ&br;(USS Vicksburg)|インガルズ|1990.5.30|1991.9.7|1992.11.14||
|CG-70|レイク・エリー&br;(USS Lake Erie)|バス|1990.3.6|1991.7.13|1993.7.24||
|CG-71|ケープ・セント・ジョージ&br;(USS Cape St. George)|インガルズ|1990.11.19|1992.1.10|1993.6.13||
|CG-72|ヴェラ・ガルフ&br;(USS Vella Gulf)|インガルズ|1991.4.22|1992.6.13|1993.7.12||
|CG-73|ポート・ロイヤル&br;(USS Port Royal)|インガルズ|1991.10.18|1992.11.20|1994.7.9||
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS