• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(すーぱーちゃーじゃー){【スーパーチャージャー】};
*&ruby(すーぱーちゃーじゃー){【スーパーチャージャー】}; [#c8e8d112]
Super Charger.~
~
[[レシプロエンジン]]における[[過給装置>過給器]]のひとつ。~

+[[レシプロエンジン]]における過給装置のひとつ。~
>広義には[[過給器]]全般の総称として用いられる場合もある。

[[レシプロエンジン]]の回転を利用して圧縮ポンプを駆動し、吸気を圧縮して燃焼室に送り込む装置。~
燃焼室に入る酸素量を増やす事で出力を向上させる。

[[ターボチャージャー]]に比べて[[スロットル]]操作への応答が早く、過給圧やタイミングを制御しやすい。~
反面、[[エンジン]]の[[トルク]]を利用するため出力にロスがあり、特に低気圧な高高度環境では効率が悪い。~
加えて、機構が複雑で重量がかさむ。~
~
[[レシプロエンジン]]のクランクの回転を利用して圧縮ポンプを駆動し、エンジンに吸気される空気を圧縮して送り込む装置。~
これにより、同じ排気量でそれ以上の出力を発揮する事ができたり、小型化しても同等の出力を得られるようにする事ができる。~
機械式のため[[排気タービン]]式に比べてスロットルに対する応答性がよく、過給圧やタイミングが制御しやすいなど技術的に容易。ただし、エンジンの回転力を利用するため出力を一部ロスする、空気の薄い高々度ではエンジン出力低下に伴い効率も低下してしまう、装置自体が大掛りで重いなどの欠点がある。~
その逆に[[排気タービン>ターボチャージャー]]式は効率よく高出力を得られ、高高度でも性能の低下を抑えられる反面、制御が難しいという性質を持つ。~
~
近年の技術の進歩により、[[排気タービン>ターボチャージャー]]式の欠点が克服されつつある事から、スパーチャージャーはあまり使われなくなってきている。~
~
+[[過給器]]全般の呼称。~
近年の技術進歩で[[ターボチャージャー]]が改良され上記の利点が薄くなったため、需要は喪われつつある。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS