• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(げーりーぱわーずじけん){【ゲーリー・パワーズ事件】};
1960年5月1日、フランシス・ゲーリー・パワーズの操縦する[[CIA]]所属の[[U-2]]Cが、~
ソビエトのスヴェルドロフスク市上空で、[[SA-2]]「ガイドライン」[[地対空ミサイル]]により撃墜された事件。~
当初[[U-2]]はペシャワルからアフガニスタンを通り、チュータラム試射場、スヴェルドロフスク、キーロフ工業地帯、プレセック試射場、アルハンゲリスク、ムルマンスク港を偵察、バレンツ海に出てノルウェーのボド基地に着陸する予定だった。~
*&ruby(げーりーぱわーずじけん){【ゲーリー・パワーズ事件】}; [#i605f5e3]
1960年5月1日、アメリカ・[[CIA]]所属の[[U-2C>U-2]][[偵察機]]がソ連防空軍に[[撃墜]]された事件。~
事件名は[[撃墜]]された[[偵察機]]の[[操縦士>エビエーター]]であったフランシス・ゲーリー・パワーズ氏に因む。~
~
脱出し捕らえられたパワーズは自らが[[CIA]]所属であること、[[CIA]]がソビエト領空を偵察飛行していた事を明かしたために、2週間後に控えていた米ソ首脳会談は中止、両国の雪解けムードは一気に冷めてしまった。その後両国が歩み寄るのはジョン・F・ケネディ政権の時代になってからである。~
当初の[[フライトプラン]]では、パワーズ機はペシャワルからアフガニスタンを通り、チュータラム試射場、スヴェルドロフスク、キーロフ工業地帯、プレセック試射場、アルハンゲリスク、ムルマンスク港を偵察、バレンツ海に出てノルウェーのボド基地に着陸する予定だった。~
しかし、ソビエトのスヴェルドロフスク市上空で捕捉され、[[SA-2ガイドライン>SA-2]][[地対空ミサイル]]により[[撃墜]]された。
>なお、このときに友軍の[[MiG-19]]も[[SA-2]]の[[誤射]]で[[撃墜]]されている。

[[ベイルアウト]]後に捕縛されたパワーズが所属を明かしたため、米ソ首脳部は騒然。~
2週間後に控えていた米ソ首脳会談は中止され、終結しつつあった[[冷戦]]が再び激化し始めた。~
その後両国が歩み寄るのは、ジョン・F・ケネディ政権の時代になってからである。~
~
パワーズはモスクワの公開裁判で禁固10年が言い渡されたが、アメリカで捕まったソ連の大物スパイと交換で、62年2月に帰還した。そして当時の[[スカンクワークス]]責任者であるケリー氏に誘われ、[[U-2]]のテストパイロットとしてパイロット生活を再スタートさせている。しかし残念ながら後の墜落事故でこの世を去った。~
~
なお[[U-2]]撃墜時、同時に友軍の[[MiG-19ファーマー>MiG-19]]も[[SA-2]]の誤射で[[撃墜]]されている。
~
パワーズはモスクワの公開裁判で「禁固10年」の刑を言い渡されたが、その後、ソ連の[[スパイ]]“マーク”ルドルフ・アベル大佐と交換で、1962年2月にアメリカへ帰還した。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS