• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(あーちゃー){【アーチャー】}; [#x91463d9]
Archer~
原義:英語での弓矢使い。~

+R-73 / [[AA-11]] Archer~
ロシア製の[[空対空ミサイル]]・R-73の[[NATOコードネーム>NATOコード]]。~
~
+ARCHER Artillery System~
+ARCHER Artillery System(Artillerisystem 08)~
スウェーデンの装輪式[[自走榴弾砲]]。~
BAEシステムズ・ボフォース社が開発を担当した。~
ボルボ建設機械製の6×6ダンプトラックA30Dのシャーシを基にし、荷台部分にFH77/B 52口径155mm[[榴弾砲]]を搭載した砲塔を搭載している。~
砲塔は自動装填装置によって完全に無人化されており、砲塔に搭載された砲弾と発射薬の装填作業と射撃はキャビン内部からの操作で行う。~
VCE(ボルボ建設機械)社製のA30D 6×6トラックをベースに、荷台部分に[[砲塔]]を搭載している。~
自動装填装置付きの[[砲塔]]は完全に無人化されており、砲弾および[[装薬]]の装填作業と射撃は[[キャビン]]内部からの遠隔操作で行う。~
そのため、数分で何十発もの砲撃が可能となり、撤収時間の短縮にも繋がっている。~
また、[[GPS>全地球測位装置]]を内蔵した榴弾が発射可能となっており、長距離からの精密射撃も可能である。~
最大射程はベースブリード弾使用時で40km、M982「エクスカリバー」GPS誘導砲弾使用時で60kmを有する。~
また、[[GPS>全地球測位装置]]を内蔵した[[榴弾]]が発射可能となっており、長距離からの精密射撃も可能である。~
~
・スペックデータ~
最大射程は[[ベースブリード弾]]使用時で40km、M982「エクスカリバー」GPS誘導砲弾使用時で60kmを有する。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|4名(運転手1名、操作要員3名)|
|全長|14.1m|
|全高|3.3m/3.9m(砲撃時)|
|全幅|3.0m|
|戦闘重量|30t|
|反動制御|液気圧式駐退複座機&br;2段式[[マズルブレーキ]]|
|[[エンジン]]|[[ディーゼルエンジン]](出力:340[[馬力]])|
|[[エンジン]]|ボルボ製TD102KH 4ストローク直列6気筒[[ターボチャージ>ターボチャージャー]]ド・[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]&br;(出力:340馬力)|
|最大速度|65km/h(路上)|
|[[航続距離]]|500km|
|携行弾数|24発|
|最大射程|30km(標準榴弾)&br;40km(ベースブリード弾)&br;60km(M982「エクスカリバー」GPS誘導砲弾)|
|兵装|FH77/B 52口径155mm榴弾砲×1門&br;[[ブローニングM2 12.7mm重機関銃>ブローニングM2]]×1門(RWSに搭載)|
|最大射程|30km(標準榴弾)&br;40km(ベースブリード弾)&br;60km(M982「エクスカリバー」[[GPS>全地球測位装置]]誘導砲弾)|
|兵装|FH77B05 52口径155mm榴弾砲×1門&br;[[ブローニングM2 12.7mm重機関銃>ブローニングM2]]×1門&br;(コングスベルグ製「プロテクター」[[RWS>リモートウェポンシステム]]に搭載)|
~
+Self Propelled 17pdr, Valentine, Mk I, Archer~
[[第二次世界大戦]]で使用されたイギリスの[[自走対戦車砲>駆逐戦車]]。~
[[バレンタイン]]歩兵戦車をベースに開発された。~
1943年中ごろから生産が開始され、1944年10月から実戦配備が開始、主に西部戦線やイタリア戦線に投入された。~
[[バレンタイン]]歩兵戦車のシャーシをベースに、砲塔のあった部分に背の低い単純な形状のオープントップ式戦闘室が設けられ、車体の後方へ向けて主砲が取り付けられた。~
主砲を発射すると砲尾が操縦席部分まで後座するため、操縦手は射撃時に車外へと退避する必要があったが、待ち伏せ兵器として威力を発揮した。~
~
・スペックデータ~
|乗員|4名|
1943年中ごろから生産が開始され、1944年10月から実戦配備が開始、王立砲兵連隊によって運用され、主に西部戦線やイタリア戦線に投入された。~
終戦までに655両が生産され、[[第二次世界大戦]]後はエジプト軍で運用され、[[第二次中東戦争>中東戦争]]では[[イスラエル軍]]の[[機甲部隊]]に手痛い損害を与えている。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|4名(車長、砲手、装填手、操縦手)|
|全長|6.7m|
|車体長|5.4m|
|全高|2.25m|
|全幅|2.76m|
|重量|15t|
|懸架方式|コイルスプリング|
|エンジン|GMC 6-71(192馬力)|
|速度|32km/h|
|行動距離|140km|
|兵装|76.2mm 17ポンド砲×1門&br;[[ブレン軽機関銃>ZB26]]×1挺|
|懸架方式|コイルスプリング式|
|燃料容量|230L|
|[[エンジン]]|GMC 6-71直列6気筒[[水冷>液冷エンジン]][[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]&br;(出力:192馬力)|
|速度|32km/h&br;13km/h(不整地)|
|[[行動距離>航続距離]]|140km|
|兵装|オードナンス QF 17ポンド(76.2mm)砲×1門(弾数39発)&br;[[ブレン軽機関銃>ZB26]]×1挺|
|[[装甲]]|14〜60mm|
~
+HMS Archer/Empire Lagan(D78)/USS Archer(BAVG-1)~
+HMS Archer/Empire Lagan(D78)/USS Archer(BAVG-1)~
イギリス海軍が[[第二次世界大戦]]時に就役させた[[護衛空母]]。~
元は、アメリカの造船所で建造されていた貨物船「モーマックランド(SS Mormacland)」を、未完成の状態で[[アメリカ海軍]]が徴用して護衛空母に改装し、英国へ貸与されたものである。~
1943年に後継の「アタッカー」級((アメリカでは「ボーグ」級と呼ばれていた。))が貸与されたことに伴って[[モスボール]]化され、1945年には艦名を「エンパイア・ラガン(Empire Lagan)」と改称し、航空機運搬艦として使用された。~
1943年に後継の「アタッカー」級((アメリカでは「[[ボーグ]]」級と呼ばれていた。))が貸与されたことに伴って[[モスボール]]化され、1945年には艦名を「エンパイア・ラガン(Empire Lagan)」と改称し、航空機運搬艦として使用された。~
翌1946年にはアメリカへ返還されてそのまま軍艦籍から除籍、商船に改装の上民間へ払い下げられ、1962年3月にスクラップとして廃棄された。~
~
・スペックデータ~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|主造船所|サン造船ドライドック社&br;ニューポート・ニューズ造船所(護衛空母への改装)|
|起工|1939年6月7日|
|進水|1939年12月14日|
|就役|1941年11月17日|
|除籍|1946年2月26日|
|除籍(軍艦として)|1946年2月26日|
|その後|民間商船として使用後、1962年3月にスクラップとして処分|
|[[排水量]]|15,700t|
|全長|141.7m|
|全幅|21.2m|
|喫水|8m|
|[[機関>エンジン]]|サン・ドックスフォード [[ディーゼルエンジン]]×1軸推進(出力8,500馬力)|
|[[機関>エンジン]]|ブッシュ・スルザー社製7気筒[[ディーゼルエンジン]]×4基 1軸推進&br;(出力2,060hp(1,540kW))|
|最大速度|16.5[[ノット]]|
|乗員|士官、兵員555名|
|兵装|4インチ砲×3門&br;20mm機銃×7基&br;20mm機銃×連装4基|
|搭載機|15機|
|兵装|QF Mk.V 50口径4インチ単装[[高角砲>高射砲]]×3門&br;エリコンKA 20mm機銃×7基&br;20mm連装機銃×4基&br;20mm単装機銃×7挺|
|搭載機|15機([[マートレット>F4F]]、[[ソードフィッシュ]]など)|
|航空設備|エレベーター×1基、[[カタパルト]]×1基|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS