*&ruby(えふよんえふ){【F4F】}; [#r70dd1ef]
Grumman F4F "&ruby(ワイルドキャット){Wildcat};((山猫または野良猫の意。意地悪女という意味も持つ。))".~
~
アメリカ合衆国の[[グラマン]]社が1930年代に開発した[[艦上戦闘機]]。~
F3Fの後継として1935年に開発が開始され、当初は[[複葉機]]として開発を進めていた(XF4F-1)が、ブリュースター社のXF2A-1(後の[[F2A「バッファロー」>F2A]])が海軍から試作発注を取り付けたのに伴い、僅か三ヶ月でキャンセルとなった。~
これを受けてグラマン社は[[単葉機]]にした設計案を提出、1935年7月28日に原型機試作が発注された。~
~
このXF4F-2は1937年9月2日に初飛行し、さらに2年後の1939年2月12日初飛行の改良型、XF4F-3はテストにおいて時速530km以上の最高速度と、それまでの機体と比較して良好な運動性能を発揮した。~
1939年8月に量産型F4F-3が生産を開始され、その後すぐにヨーロッパの航空戦の戦訓から防弾板の追加等が施され、[[アメリカ海軍]]の他、イギリス軍でも使用された。~
~
太平洋戦線においては海軍の[[艦上戦闘機]]の主力として投入された。~
速度・上昇率・機動性(特に低速時の格闘性能)ではライバルである日本の[[零戦>零式艦上戦闘機]]に比べれば劣っていたが、機体の頑丈さ、そして急降下制限速度で勝っており、二機一組となっての一撃離脱戦法や[[サッチウィーブ]]によって勝利を収めることが可能だった。~
特に無線機の性能が日本より高く、相互に連携した戦闘が可能だったため、戦争中期まで第一線機として使用された。~
~
1943年から後継の[[F6F]]が投入されるようになると第一線からは引き下がり、[[護衛空母]]に搭載されたり、[[哨戒機]]として活躍した。~
#ref(http://mmsdf.sakura.ne.jp/masdf/flyinglegend/IMG_8799.jpg,600x400);~
FM-2ワイルドキャット~
~
関連:[[グラマン鉄工所]]~
**スペックデータ[#r70dd1ef]
|型式|F4F-4|
|種別|[[艦上戦闘機]]|
|主任務|制空|
|主契約|グラマン社|
|初飛行|1935年7月28日(XF4F-2)|
|乗員|[[パイロット]]1名|
|全長|8.76m|
|全高|2.81m|
|全幅|11.58m|
|[[主翼]]面積|24.15|
|最大離陸重量|3,600kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[R-1830-86「ツインワスプ」>ワスプ]][[空冷>空冷エンジン]]星型複列14気筒(1,200馬力)×1基|
|速度&br;(最高/巡航)|512km/h / 249km/h|
|[[最大上昇高度>上昇限度]]|12,000m|
|[[航続距離]]|1,239m|
|固定武装|[[ブローニングAN/M2 12.7mm機関銃>ブローニングM2]]×6門(装弾数1銃あたり240発)|
|兵装|100ポンド(45kg)爆弾×2発又は58gal(220L)[[ドロップタンク>増槽]]×2基|

**バリエーション[#r70dd1ef]
-XF4F-1(社内呼称G-16):~
複葉機型原型の提案。~
~
-XF4F-2(社内呼称G-18)(1機):~
単葉機型原型。~
~
-XF4F-3(社内呼称G-36):~
XF4F-2の改造型で、XR-1830-76(1,050馬力)搭載の原型機。~
~
-F4F-3(285機(3A型の95機を含む)):~
R-1830-76搭載の最初の量産型。12.7mm機銃4門を搭載。~
~
--F4F-3A:~
R-1830-90搭載のF4F-3発展型。F4F-6から改称。~
~
--F4F-3P:~
偵察機型。ごく少数機が改装。~
~
--F4F-3S(2機):~
[[二式水上戦闘機]]に対抗して試作された水上機型試作機の非公式呼称。~
通称「ワイルドキャットフィッシュ(WildcatFish)」。~
~
-F4F-4(1,169機):~
[[珊瑚海海戦]]での戦訓を元に手動式の主翼折りたたみ機構を搭載した型。~
エンジンは中高度向けのR-1830-86(1,200馬力)を搭載。~
最も多く生産された。~
固定武装として12.7mm機銃を2挺追加し6挺となったが、1挺あたりの弾数が450発から240発に低下し、反動による機体の振動が増したため、乗員からの評判は良くなかった。~
~
--F4F-4A:~
マートレットMk.IIIの米国内呼称。エンジンはR-1830-90を搭載。~
~
--F4F-4B:~
マートレットMk.IVの米国内呼称。R-1820系エンジンを搭載。~
~
--F4F-4P:~
偵察機型。ごく少数機が改装。~
~
-XF4F-5(社内呼称G-36):~
AR-1820-40エンジン搭載の原型機。~
~
-F4F-6:~
F4F-3Aに最初につけられていた呼称。~
~
-F4F-7(社内呼称G-52)(21機程度):~
カメラを搭載し、軽量化で燃料搭載量を増やした偵察機型。~
~
-XF4F-8:~
FM-2の試作原型機。~
新設計の[[フラップ]]と[[カウル]]を搭載した。~
~
-FM-1(1,060機(マートレット含む)):~
ジェネラルモーターズ社製作の機体。F4F-3と同じ機体。~
~
-FM-2(4,127機(イギリス給与機含む)):~
同社製作の機体。XF4F-8をベースに軽量化されている。~
エンジンは[[ライト>カーチス・ライト]][[R-1820-56「サイクロン9」>R-1820]](1,350hp)を搭載。~
~
-XF2M-1:~
同社提案の発展開発型。エンジンはXR-1820-70を搭載。採用されず。~
~
-マートレット((Martlet:イワツバメの意。)) Mk.I:~
フランス海軍が発注していたが、降伏したため英軍へ供給されたG-36Aの呼称。~
主翼折りたたみ機能無し。~
~
--マートレット Mk.II:~
英軍に供給されたG-36Bの呼称。Wildcat Mk.IIと改称。~
主翼折り畳み機能付きで、エンジンはP&W R-1830-S3C4-Gを搭載する。~
武装はF4F-4に準拠する。~
~
--マートレットMk.III:~
ギリシャが発注していたが、降伏したため英軍に供給されたF4F-4Aの呼称。~
ワイルドキャットMk.IIIと改称。~
基本はF4F-3Aに準ずる。主翼折り畳み機能無し。~
~
--マートレットMk.IV:~
英軍に供給されたF4F-4Bの呼称。ワイルドキャットMk.IVと改称。~
エンジンはR-1820-40BおよびGR-1820-G250A-3を搭載した。~
~
--マートレットMk.V:~
英軍へ供与されたFM-2の呼称。ワイルドキャットMk.Vと改称。~
~
--ワイルドキャットMk.I:~
マートレットMk.Iを改称した後の呼称。~
~
--ワイルドキャットMk.VI:~
英国が発注したFM-2の英国呼称。~
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS