• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(だいじゅうよんりょだん(じえいたい)){【第14旅団(自衛隊)】}; [#r686fbf4]
|>|CENTER:''概要''|
|創設|2006年|
|所属国|日本国|
|部隊編制単位|[[旅団]]|
|兵種、任務、特性|[[自動車化>機械化]][[歩兵]]|
|兵種、任務、特性|即応機動([[自動車化>機械化]][[歩兵]])|
|上級部隊|[[中部方面隊]]|
|所在地|善通寺駐屯地(香川県善通寺市)|

JGSDF 14th Brigade.~
[[陸上自衛隊]]における[[戦略]]級[[部隊]]単位である「[[旅団]]」の一つ。~
~
本旅団のルーツは、1981年に創設された「[[第2混成団>混成団]]」である。~
同部隊は、1976年策定の[[第1次防衛大綱>防衛大綱]]により、それまで戦略級地上部隊([[師団]]・[[旅団]]((1970〜1980年代当時の陸自には「旅団」編制は導入されていなかった。)))の配置がなかった四国地方の防衛を受け持つ部隊として、当時、[[第13師団>第13旅団(自衛隊)]]隷下にあった第15[[普通科]]連隊(香川県・善通寺駐屯地所在)を基幹に創設されたものであった。
>第1次防衛大綱で日本を14区分した際、四国には戦略級部隊がないことが指摘されたのが創設の契機になったという。~
当時は現在のように本州〜四国を結ぶ瀬戸内海の架橋ルートはなく、有事の際の連絡に支障をきたす恐れがあった。

その後、[[第3次防衛大綱>防衛大綱]]施行下の2006年に1個普通科連隊を増設して「[[旅団]]」へ改編され、部隊名が「第14旅団」へと改称。~
2017年度に「即応機動旅団」へ改編されて現在に至っている。~
>この改編では1個普通科連隊に[[16式機動戦闘車]]を配備して「即応機動連隊」に改編するとともに旅団隷下の[[(野戦)特科>特科]]((特科隊自体は解隊されておらず、中部方面特科隊として平時は本旅団の隷下にある。将来的には、[[第3>第3師団(自衛隊)]]、[[第10師団>第10師団(自衛隊)]]および[[第13旅団>第13旅団(自衛隊)]]の特科部隊も統合される予定。))・[[戦車部隊>機甲部隊]]を廃止した。
>この改編では1個普通科連隊に[[16式機動戦闘車]]を配備して「即応機動連隊」に改編するとともに旅団隷下の[[(野戦)特科>特科]]((特科隊自体は解隊されておらず、中部方面特科隊として平時は本旅団の隷下にある。将来的には、[[第3>第3師団(自衛隊)]]、[[第10師団>第10師団(自衛隊)]]および[[第13旅団>第13旅団(自衛隊)]]の特科部隊も統合される予定。))・[[戦車部隊>機甲部隊]](([[第13旅団>第13旅団(自衛隊)]]の戦車部隊と同じく、本州側の日本原駐屯地に所在していた。))を廃止した。

現在の本旅団は、司令部を香川県・善通寺駐屯地に置き、1個[[普通科]]([[歩兵]])及び即応機動連隊を基幹とする約2,800名の兵員((列国の[[陸軍]]では「連隊戦闘群」程度の規模である。))を擁し、四国地方(香川・高知・愛媛・徳島の各県)の防衛警備・災害派遣・民生協力、または国際貢献活動などを任務にしている。

**部隊編制 [#ob2e5772]
-司令部(善通寺駐屯地 以下地名)および司令部付部隊
--第15即応機動連隊(善通寺)((混成団から旅団への改編に先立ち、全国の部隊から四国出身者を呼び戻して配属させたため、一時期は各中隊の所属人員が最大250名程度まで増大し、事実上のフル編成部隊になっていた。))
--第50普通科連隊(高知)
--第14偵察隊(善通寺)
--第14高射特科隊(松山)
--第14飛行隊(北徳島)((徳島空港に併設。なお、同地には[[海上自衛隊]]の徳島航空基地及び徳島県警察航空隊・徳島県消防防災航空隊の運航基地も所在。))
--第14飛行隊(北徳島)(([[徳島空港>徳島飛行場]]に併設。なお、同地には[[海上自衛隊]]の徳島航空基地及び徳島県警察航空隊・徳島県消防防災航空隊の運航基地も所在。))
--第14施設隊(徳島)
--第14後方支援隊(善通寺)
--第14化学防護隊(善通寺)
--第14通信中隊(善通寺)
--第14音楽隊(善通寺)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS