• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(かいぐんへいがっこう(にほん)){【海軍兵学校(日本)】}; [#ae748218]
[[大日本帝国海軍>日本軍]]において、将校([[部隊]]・[[艦艇]]の指揮官となる「兵科将校」)となる人材を育成するために設けられた学校。~
(帝国陸軍では「陸軍士官学校」、現在の[[自衛隊]]では[[防衛大学校]]の海上幹部課程及び[[海上自衛隊]]の幹部候補生学校がこれに相当する)~
[[大日本帝国海軍>日本軍]]において、[[部隊]]・[[艦艇]]の[[指揮官となる人材>士官]]を育成するために設けられた学校。~
いわゆる士官学校・軍学校に類する((大日本帝国陸軍では「陸軍士官学校」、現在の[[海上自衛隊]]では[[防衛大学校]]の海上幹部課程及び幹部候補生学校に相当する。))。~

>校舎が広島県・江田島に所在していた事から「江田島」とも呼ばれる。~
当時の敷地に今日も[[海上自衛隊]]の幹部候補生学校が置かれており、この伝統は継承されているとみられる。

機関学校((艦船の[[エンジン]]の整備・運転管理を行う「機関科[[将校]]」を育成する学校。&br;  長らく京都府・舞鶴にあったが、1944年に兵学校と統合されて「海軍兵学校舞鶴分校」となり、機関科専修とされた生徒を受け入れた。&br;  なお「機関学校」の名前は横須賀にあった「海軍工機学校」が引き継いだ。))、経理学校((艦船・部隊の[[兵站]]業務を行う「主計科[[将校]](ただし実際には「将校相当官」であり、機関科将校同様に部隊・艦船の指揮権は与えられなかった)」を育成した学校。東京・築地に所在。))とともに日本の''海軍三校''と呼ばれた。~
最盛期には世界最大の兵学校の一つに並び、全78期・総計12,433名の卒業生を輩出した。~
~
海軍内では[[機関学校>海軍機関学校]]((艦船の[[エンジン]]の運転管理を行う「機関科将校」を育成する学校。京都府・舞鶴にあったが、本文記載の通り1944年に兵学校と統合される。))、[[経理学校>海軍経理学校]](([[兵站]]業務を行う「主計科将校」を育成した学校。東京・築地に所在。))とともに''海軍三校''と呼ばれた。~
世界的に見ても、学校の規模ではイギリスの「王立海軍兵学校(デヴォン州ダートマスに所在)」や、アメリカの「[[合衆国海軍>アメリカ海軍]]士官学校(メリーランド州アナポリスに所在)」とともに最大の兵学校のひとつに並び、全78期総計12,433名の卒業生を輩出した。~
本校は東京・築地に1869(明治2)年に創設された「海軍操練所」をルーツとする。~
その後「海軍兵学寮」を経て1876(明治9)年に海軍兵学校となり、1888年、広島県・江田島に校舎を移転した。~
~
本校のルーツは、東京・築地に1869(明治2)年に創設された「海軍操練所」である。~
その後「海軍兵学寮」を経て1876(明治9)年に海軍兵学校となった。~
1888年、広島県・江田島に校舎を移転((この地が選ばれた理由は「軍艦を錨泊させられる入り江があること」「文明と隔絶し、いわゆる『娑婆の空気』に汚されず学習に専念できること」「気候が温和であること」だったという。))。以後、海軍において「江田島」という単語は海軍兵学校を意味するようになった。~
>[[大東亜戦争]]末期の1944年には京都府・舞鶴の海軍機関学校が兵学校に統合されて「舞鶴分校」が設置された((旧機関学校の生徒及び「機関専攻」として入校した生徒が属した。))。~
この他、戦争末期には大量採用された生徒を収容するため、岩国基地内に「岩国分校」、江田島内に「大原分校」、長崎県・針尾に「針尾分校」((設置後間もなく、敵の九州上陸侵攻が懸念されたため、海軍通信学校がある山口県・防府に移転し「防府分校」となった。))が置かれていた((同様に、経理学校も東京のお台場や静岡県・浜松、奈良県・橿原、兵庫県・垂水(神戸市)に分校を設置していた。))。
[[太平洋戦争]]末期には戦時の[[再編成]]((それまで養成・人事取扱が別個になっていた兵科と機関科が統合され、「機関学校」が兵学校の分校になった。))(及び、大量の戦死傷者が出たことによる欠員を補充するための大量採用)に伴って各地に分校が設置されたが、ほとんど機能しないまま終戦を迎えた。~
敗戦後の[[ポツダム宣言]]により軍備を全廃することになったため廃校となり、江田島の校舎施設は[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]に接収された。~
その後、江田島の校舎施設は1952年のサンフランシスコ講和条約による主権回復を受け、1956年に日本政府に返還されて[[防衛庁]]→[[防衛省]]([[海上自衛隊]])の管理下に置かれ、幹部候補生学校・第一術科学校として使用されている。~

[[大東亜戦争]]終結後、[[ポツダム宣言]]により軍が廃されることになったため、1945年(昭和20年)10月に廃校((終戦時点での在校生(75〜78期生)は8月末に帰郷が命じられ、廃校と同時に75期生は「卒業」、76〜78期生は「修了」したこととされた。))。~
その後、江田島の校舎施設は[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]による接収を経て、[[海上自衛隊]]の幹部候補生学校及び第一術科学校となっている。~
>また余談ながら、同校を最終学歴として卒業・修了((廃校の際に卒業を迎えられなかった76〜78期生が該当。))した生徒は、現在の国・地方自治体及び民間企業における学歴免許資格区分では「短期大学卒業」と同様に扱われている((これはその他の陸海軍生徒学校の卒業生と同一。))。
**教育内容 [#u70932a3]
入校資格は「16〜19歳の男子・旧制中学4年修了程度の学歴((現在の学制では高校1年生に相当。))を持ち、独身で犯歴のない者」であった。~
当時は高等教育を受けられる若者の割合自体が低く((当時の一般庶民には「最終学歴が『小学校卒業』」という者も珍しくはなかった。))、また、[[士官]]として採用される数がその時の海軍の政策と連動していた((兵学校卒業者は特段の事情がない限り、全員を大佐まで進級させることとしていた。))((一例として、大正時代の[[八八艦隊]]計画を推進していた頃は毎期300名近くを採用していたが、[[ワシントン海軍軍縮条約]]の発効後は大幅に減らされた。&br;  また、[[太平洋戦争]]の末期には兵学校への入校者数が数千名単位に及び、江田島の本校では収容しきれずに分校を置くことになった。))こともあって、入学試験は毎年高倍率で、明治末期から昭和初期までは「日本最高のエリート校」とされていた。~
>なお、現代の学歴免許資格区分においては短期大学に相当するものとして扱われている。

**海軍兵学校の教育 [#u70932a3]
兵学校に入校する生徒は、旧制中学卒業程度の学歴を持つ16〜19歳の志願者の中から試験で選ばれていた。~
入校後は無階級ながら、「(部内に限り)准士官(兵曹長)の次、下士官の上」という待遇((一方、陸軍士官学校では「予科」への入校時に上等兵に任じられ、そこを卒業後、約半年間の「隊付」期間中に軍曹へと進級し、本科を卒業するまで軍曹として遇されていた。))が与えられ、以下のような科目からなるカリキュラムを3年〜4年(時期により異なる)受けた。~
:兵学|船舶の運用([[海上航法>航法]]、通信、操船術など)や各種兵器([[砲>艦載砲]]や[[魚雷]]など)の取扱、陸戦(([[陸戦隊>海兵隊]]での勤務を想定したもの。))、統率術、[[戦略]]・[[戦術]]理論など
:体育|武道・体操・水泳・登山((特に校地近在の「古鷹山」に登ることが推奨されており、卒業後の遠洋航海で候補生に天測航法の実習をさせた際、艦自体は南太平洋にいたのに艦位を「古鷹山の上」に出した、などという逸話も伝わっている。))・漕艇など
:普通学|数学・理化学・語学(英語及び国語)、精神講話
:その他|卒業直前の教育として「乗船実習」「海軍工廠・鎮守府の見学」「食卓礼法(洋食のテーブルマナー)」や「[[司法警察]]事務の講義((海軍には陸軍のような専属の[[憲兵]]組織がなく、兵科将校が[[司法警察職員>司法警察]]として内部の治安維持に当たる他、陸上では必要に応じ陸軍の憲兵の援助を仰いでいた。))」などもあった。

一連のカリキュラムを修了して卒業すると、少尉候補生として「練習艦隊」((少尉候補生の実務訓練を任務とする艦隊。通常は第一線を退いて[[海防艦]]籍になっていた[[巡洋艦]]2〜3隻で編成されていた。))に配属され、遠洋航海((これには本校卒業生の他、機関学校及び経理学校の卒業生や、軍医として海軍にスカウトされ、軍医中尉に任官された医学生も(「研究乗組軍医」という資格で)一緒に参加していた。))などの実地訓練や術科講習を経て、少尉として任官した。~
在校中は無階級だが、部内では「[[兵曹長>准士官]]の下、[[下士官]]の上」として遇された。~
卒業後は少尉候補生として練習艦隊((第一線を退いて[[海防艦]]籍となった旧式[[巡洋艦]]2〜3隻で編成され、少尉候補生の遠洋練習航海を受け持っていた。&br;  後に専属の練習巡洋艦「[[香取]]」型が配属されたが、同艦を使用した練習航海は1回のみに終わった。))及び[[連合艦隊]]所属の大型艦((練習艦隊での遠洋航海を終えた後、「第二期」候補生として、おおむね[[軽巡洋艦]]以上の大型艦に数名単位で配置された。))に配属され、実地訓練や各科の講習を経て少尉に任官した。~
~
ただし、これらは平時のカリキュラムで、[[大東亜戦争]]の時期には初級指揮官の戦死傷者を補充するため、修業年限の短縮(最終的に2年4ヶ月となる)やカリキュラムの実戦に即した内容への改編((卒業後の遠洋航海の廃止、水泳の「艦が撃沈された時の保命術」への変更、在校時からの「艦船乗組要員」と「航空要員」への振り分けなど。))などが行われていた。~
>この頃のエピソードとして伝わっている有名な話がある。~
当時、陸軍士官学校では「敵性言語」として教育カリキュラムから英語を除外しており「兵学校もこれにならうべき」という主張が内外から強く叫ばれていた。~
しかし、時の校長だった井上成美中将は「世界を相手にする海軍士官が『英語を知らないで良い』ということはありえない」として、断固これに反対。~
結果、兵学校では終戦による廃校まで一貫して英語教育が継続された。
カリキュラムは時代に応じて変遷したが、概ね以下の項目を3年〜4年かけて教導した。~
[[太平洋戦争]]勃発後は、欠員を補充するために教導期間が短縮され、最終的には2年4ヶ月で卒業とされている((この頃には練習艦隊も廃止されて遠洋練習航海もなくなり、卒業後すぐに実戦部隊・艦船へ配備されるようになっていた。))。

***「五省」 [#x4364cf2]
兵学校の精神を代表するものとして知れ渡っている言葉。~
元々は昭和初期、校長として在任していた松下元中将が「精神教育」の一環として、[[東郷平八郎]][[元帥]]が起草した以下の文章を、毎夜の自習時間終了直前に生徒へ問いかけることにしたものである。~
:''兵学''|船員([[海上航法>航法]]・通信術・操船術・機関術・工作術など)及び[[部隊指揮官>士官]]として必要とされる学問・技能([[艦載砲]]・[[魚雷]]等の取扱い・[[陸戦隊>海兵隊]]勤務を想定した陸戦術、統率術及び[[戦略]]・[[戦術]]理論)。~
加えて、実務上の必要性から司法警察事務などの講義も行われた。~
>当時の日本海軍には[[憲兵]]組織がなく、艦内では兵科士官が司法警察職員として乗組員の治安維持に当たっていた。~
なお、陸上部隊でも基本的に艦船に準じて扱われたが、必要に応じて陸軍の憲兵の援助を仰ぐこともあった((大東亜戦争の結果、占領地が広がると陸軍の憲兵だけでは対処できなくなり、海軍にも「海軍特別警察隊」という警察組織が編制されることになった。))。

:''体育''|武道・体操・水泳・漕艇・登山など。
:''普通学''|数学・理化学・国語・英語((大東亜戦争中、陸軍士官学校が英語教育を廃止した後も「世界を相手にする海軍士官が英語ができないでよいということはありえない」として、終戦まで教育が継続された。))・精神講話・食卓礼法((将来、[[士官]]として国内外の儀礼に参列した際にフランス料理のフルコースが正餐として出されることに対応するため、卒業直前の講義として洋食の正式なテーブルマナーを学ばされた。))など。

**「五省」 [#x4364cf2]
海軍兵学校のモットーとされた言葉。~
昭和初期以後、毎夜、自習時間終了直前に生徒へ問いかけられた。~
文言は[[東郷平八郎]][[元帥]]の起草による。

>一、&ruby(しせい){至誠};に&ruby(もと){悖};る&ruby(な){勿};かりしか~
(真心に反する点はなかったか)~
一、言行に恥づる勿かりしか ~
(言行不一致な点はなかったか)~
一、気力に&ruby(か){缺};くる勿かりしか~
(精神力は十分であったか)~
一、努力に&ruby(うら){憾};み勿かりしか~
(十分に努力したか)~
一、不精に&ruby(わた){亘};る勿かりしか~
(最後まで十分に取り組んだか)~

***兵学校の教育に対する批判 [#n678dfc4]
兵学校は以上に述べたような教育方針により、システマチックに兵科士官候補生の養成を行うことができたが、その反面「行き過ぎたエリート意識」「貴族趣味」「排他性」などが欠点として指摘されており、そのことが機関科士官や[[学徒動員による予備士官>海軍予備員]]、下士官・兵卒への露骨な差別に繋がったとの批判もある。~
また、首都・東京から遠く離れた江田島での「純粋培養」が『世情に疎く、[[戦略]]的観点に欠ける』士官も生み出してしまい、[[大東亜戦争]]では海軍本来の任務である「通商保護」への軽視を生んでしまった、との批判もある((「海軍士官は常に世界の最新情勢と技術を蒐集分析する必要がある」として、横須賀や横浜が適地だったのでは、との指摘もあるという。))。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS