• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぼーいんぐびじねすじぇっと){【ボーイングビジネスジェット】}; [#y57522a9]
Boeing Business Jet(BBJ).~
~
アメリカの[[ボーイング]]社が、自社製の[[旅客機]]をベースに開発・生産している[[ビジネス機]]。~
特に[[双発>双発機]]小型ジェット[[旅客機]]・[[B737]]をベースにしたものをこう呼んでいる。~
~
B737ベースの機体は、-700型をベースに-800型の[[主翼]]と[[降着装置]]を用いて離陸重量を増やし、内装をビジネス機仕様に改良したものである。~
各国の企業や富裕層に属する個人が導入している他、[[政府専用機]]としての導入例もある。~

>旧来、[[政府専用機]]には大型[[旅客機]]を以て充てるのが通例だった。~
これは事故に対する安全性の観点、および国外に赴く[[航続距離]]の関係で[[多発機]]が必要とされていた事に因る。~
しかしそうした大型機は相応の設備投資((一例を挙げれば、[[滑走路]]だけでも2500〜3000mという長大な面積を必要とする。))を必要とし、中小国での運用には大きな制約があった。~
近年では小型機の信頼性・[[航続距離]]が大きく向上したため、手頃な[[ビジネス機]]を[[政府専用機]]として採用する国も増えている。

なお、ボーイング社では「ボーイングビジネスジェット」としてB737の他、[[B747-8]]((ブルネイ・モロッコ・オマーン・クウェート・トルコ(カタールより譲受)が[[政府専用機]]として採用している。))や[[B777]]((300ERモデルは[[日本>B777-3SBER]]やインドで[[政府専用機]]として採用されている。))・[[B787]]といった中・大型機をベースとしたVIP仕様機も販売している。~
なお、ボーイング社では「ボーイングビジネスジェット」としてB737の他、[[B747-8]]((ブルネイ・モロッコ・オマーン・クウェート・トルコ(カタールより譲受)・韓国(大韓航空よりリース)が[[政府専用機]]として採用している。))や[[B777]]((300ERモデルが[[日本>B777-3SBER]]やインドで[[政府専用機]]として採用されている。))/[[-X>B777]]・[[B787]]といった中・大型機をベースとしたVIP仕様機も販売している。~
>このうち、[[B747-8]]や[[B787]]についてはボーイングではグリーン状態(客室に内装を施さない状態)で引き渡し、ユーザー側で内装を施すことになっているという。

参照:http://www.boeing.com/commercial/bbj/ ~
~
関連:[[B777-3SBER]] [[エアバス・コーポレートジェット]]

**スペックデータ(BBJ1) [#l62c9171]
**スペックデータ [#l62c9171]
|>|CENTER:''BBJ1''|
|乗員|2名([[機長]]・[[副機長]])|
|乗客|8〜63名|
|全長|33.63m|
|全高|12.57m|
|翼幅|35.79m|
|空虚重量|42,895kg|
|最大離陸重量|77,560kg|
|[[エンジン]]|[[CFMインターナショナル]] [[CFM56-7>CFM56]][[ターボファン]]×2基&br;([[推力]]117.4kN)|
|最高速度|[[マッハ]]0.82(890km/h)|
|[[航続距離]]|11,480km(乗客8名)&br;11,075km(乗客25名)&br;10,205km(乗客50名)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|12,496m|

~
|モデル|CENTER:BBJ MAX 7|CENTER:BBJ MAX 8|CENTER:BBJ MAX 9|
|キャビン面積|CENTER:82.1|CENTER:95.2|CENTER:104.1|
|貨物室容積|CENTER:7.8m³|CENTER:18.5m³|CENTER:23.2m³|
|全長|CENTER:35.56m|CENTER:39.52m|CENTER:42.16m|
|全高|>|>|CENTER:35.92m|
|全幅|>|>|CENTER:12.3m|
|最大離陸重量|CENTER:80.3t|CENTER:82.2t|CENTER:88.3t|
|最大[[ペイロード]]|CENTER:14.7t|CENTER:16.1t|CENTER:17.5t|
|基本運航重量|CENTER:48.2t|CENTER:49.8t|CENTER:53.5t|
|許容内装重量|CENTER:7.3t|CENTER:8.2t|CENTER:9.5t|
|空虚重量|CENTER:41t|CENTER:41.7t|CENTER:44t|
|[[燃料]]搭載量((MAX7/8は補助タンク7基、MAX9は補助タンク9基。))|CENTER:10,464 US gal(39,611L)|CENTER:10,470 US gal(39,633L)|CENTER:11,005 US gal(41,658L)|
|[[エンジン]]|>|>|CENTER:CFMインターナショナル LEAP[[ターボファン]]×2基|
|[[航続距離]]&br;(乗客8人)|CENTER:12,964km|CENTER:12,297km|CENTER:12,066km|
~
|モデル|CENTER:BBJ 787-8|CENTER:BBJ 787-9|CENTER:BBJ 777-8|CENTER:BBJ 777-9|CENTER:BBJ 747-8|
|キャビン面積|CENTER:224.4|CENTER:257.8|CENTER:302.5|CENTER:342.7|CENTER:481.1((胴体後方部分を2階建てに改造するオプションを適用した場合。))/444.6((オプションを適応しない場合。))|
|貨物室容積|CENTER:138.2m³|CENTER:174.5m³|CENTER:170.2m³|CENTER:218.2m³|CENTER:196.5m³|
|全長|CENTER:56.72m|CENTER:62.81m|CENTER:69.8m|CENTER:76.7m|CENTER:76.3m|
|全高|CENTER:16.92m|CENTER:17.02m|>|CENTER:19.5m|CENTER:19.4m|
|全幅|>|CENTER:60.12m|>|CENTER:71.80m|CENTER:68.4m|
|最大離陸重量|CENTER:227.9t|CENTER:254t|>|CENTER:351.6t|CENTER:447.7t|
|最大ペイロード|CENTER:35.3t|CENTER:47.6t|CENTER:52.2t|CENTER:40t|CENTER:52.1t|
|基本運航重量|CENTER:125.7t|CENTER:133.8t|CENTER:187t|CENTER:204.1t|CENTER:243.2t|
|許容内装重量|CENTER:18.1t|CENTER:20.4t|CENTER:24.9t|CENTER:29.5t|CENTER:45.4t|
|空虚重量|CENTER:107.6t|CENTER:113.4t|CENTER:162.1t|CENTER:174.6t|CENTER:197.8t|
|[[燃料]]搭載量|CENTER:33,340 US gal&br;(126,206L)|CENTER:33,380 US gal&br;(126,357L)|>|CENTER:52,300 US gal&br;(197,977L)|CENTER:63,304 US gal&br;(238,610L)|
|[[エンジン]]|>|>|>|>|CENTER:高[[バイパス比]][[ターボファン]]×2基|
|~|>|CENTER:[[GE>ジェネラルエレクトリック]] GEnx&br;or&br;ロールス・ロイス [[トレント1000>トレント(エンジン)]]|>|CENTER:GE GE9X|CENTER:GE GEnx-2B67|
|[[航続距離]]|CENTER:18,418km&br;(乗客25名)|CENTER:17,566km&br;(乗客25名)|CENTER:21,583km&br;(乗客75名)|CENTER:20,372km&br;(乗客75名)|CENTER:16,436km&br;(乗客100名)|
~
**バリエーション [#kdbe130f]
-ボーイングビジネスジェット(BBJ(BBJ1とも)):~
原型機。B737-700型がベースで、後に-700ERのベースにもなった。~
~
--C-40B「クリッパー」:~
[[アメリカ空軍]]が高官輸送用として採用した機体の制式名。~
~
-ボーイングビジネスジェット2(BBJ2):~
B737-800型をベースにしたもの。~
~
-ボーイングビジネスジェット3(BBJ3):~
B737-900型ベースの機体。~
~
-ボーイングビジネスジェットC(BBJ C):~
B737-700C型ベースの機体。~
~
-BBJ MAX7:~
B737-MAX7型ベースの機体。~
~
-BBJ MAX8・MAX9:~
B737MAX8/MAX9型ベースの機体。~
新しいCFM LEAP-1B[[高バイパス>バイパス比]][[ターボファン]][[エンジン]]と、燃費を13%改善する最新の[[ウイングレット]]を備える。~
~
-BBJ 747-8:~
[[B747-8]]ベースの機体。~
~
-BBJ 777:~
[[B777]]ベースの機体。~
75人の乗客を乗せて18,580kmの航続距離を持つ-200LRベースのモデルと、17,220kmの航続距離を持つ-300ERベースのモデルがあった。~
~
--[[B777-3SBER]]:~
日本国政府が発注し、[[航空自衛隊]]に運用を委託した[[政府専用機]]。~
日本国の公文書では「[[特別輸送機>輸送機]]・B-777-300ER」と呼ばれている。~
詳しくは[[項>B777-3SBER]]を参照のこと。~
~
-BBJ 777X:~
B777Xベースの機体。~
75人の乗客を乗せて21,583kmの航続距離を持つ-8と、20,372kmの航続距離を持つ-9がある。~
~
-BBJ 787:~
[[B787]]ベースの機体。~
25人の乗客を乗せて18,418kmの航続距離を持つ-8と、17,566kmの航続距離を持つ-9がある。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS