Last-modified: 2017-09-01 (金) 19:15:17 (20d)

【AW609】(えーだぶりゅーろくまるきゅう)

BAAC BA609/Agusta Westland AW609

アグスタウェストランドが開発中の民間向けティルトローター機。

当初はベルボーイングによって、V-22の開発データを反映させる形で「BB609」として開発されていたが、途中でボーイングが離脱し、かわりにアグスタ(現アグスタウェストランド)が参加して「BA609」と改名された。
その後もV-22をフィードバックさせつつ開発が続いているが、V-22墜落と再評価を繰り返していたことの影響を受け、本機も開発が遅れている。
2003年に初飛行(ホバリング)したが、ほどなく、ベルの親会社であるテキストロンから計画の見直しを迫られ、計画凍結されていた。

2005年に試験飛行が再開され、遷移飛行に成功。
その後、2010年には型式証明を取得し、2011年には量産機を納入することを目標に開発が続けられていたが、2011年時点でベルが共同事業から撤退*1し、アグスタウェストランド単独の製品として「AW609」に再改名された。
開発スケジュールは再度仕切りなおしとなり、2017年にパワード・リフトの型式証明を取得する予定。

V-22を小型化したような機体であるが、細い胴体T尾翼等のビジネス機に似た形状を持ち、そういった市場を狙っていることがうかがえる。
転換式航空機の利点を活かしたビジネス用途(洋上開発など)や、捜索救難などでの活躍が期待されている。
日本の地理条件に適しているほか、富士重工業が開発に協力していることもあり、日本の航空関係者からの注目も大きい。

ba609.jpg
BA609の模型(2004年時点)

スペックデータ

乗員1〜2名
定員9名(最大)
全長13.45m
翼長11.7m
全高4.5m
全幅18.3m
主ローター直径7.9m
主ローター幅14.1m
自重4.7t
ペイロード2,500kg
最大離陸重量7,600kg
エンジンP&Wカナダ PT6C-67A ターボシャフト(出力1,940馬力)×2基
速度
(最大/巡航)
510km/h / 465km/h
実用上昇限度7,620m
上昇率7.62m/s



*1 ベルがV-22の生産に集中するためとされる。ただし今後も「技術協力」の形で開発に継続して参加する。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS