Last-modified: 2014-01-18 (土) 09:34:14 (1286d)

【AK-100シリーズ】(えーけーひゃくしりーず)

AK-47AK-74の後継として開発された、AKシリーズの最新型小銃
ロシア軍用のAN-94?とは違い、主に輸出用に開発された。
以前までのAKシリーズは木製部分が多かったが、AK-100シリーズでは木製の伝統を無くし、殆どの部分をプラスチックに変更した。
更に一部のタイプでは(AK-101・AK-102・AK-108)西側口径である5.56mm×45NATO弾を使用する事ができ、他もリコイル軽減機構(AK-107・AK-108)や3点バースト(AK-107)が追加されているものもあり、冷戦時代では考えられなかった西側と東側の合体がなされている。

AK-100シリーズは輸出型として開発されたため、多くのオプションパーツを付ける事が出来る。
しかし、西側と違いパーツの開発が遅れている為、種類が少なく装着出来るものが限定される。

関連:AK-47AKMAK-74AN-94? AK-12?

AK100系の主な種類

  • AK-101:
    西側の弾薬と同じ5.56mm×45弾にした輸出向けモデル。

  • AK-102:
    AK-100のカービンモデル。
    弾も西側の弾薬と同じ5.56mm×45弾を使用する。

  • AK-103:
    AK-100シリーズの一つ、詳しくはAK-103を参照。

  • AK-104:
    AK-103のカービンモデル。構造はAKS-74Uと似ている。

  • AK-105:
    AK-74Mのカービンモデル。

  • AK-107:
    AK-100シリーズの一つ。詳しくはAK-107を参照。

  • AK-108:
    西側の弾薬と同じ5.56mm×45弾にした型だが、AK-102/AK-103と違いガスバイパスの形状が変わっている。
  • AK-109:
    AK-100シリーズの最新型モデル。詳しい事は不明。

  • イズマッシュ・サイガM3 EXP-01:
    口径7.62×39mm。Izhmash社が民間用に販売している、AK-103のセミオートモデル。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS