Last-modified: 2014-02-05 (水) 19:41:24 (1147d)

【AGM-45】(えーじーえむよんじゅうご)

AGM-45 Shrike(シュライク)
アメリカ初の対レーダーミサイルとして開発された空対地ミサイル
AIM-7をベースに、テキサス・インスツルメンツ社が開発した。

アメリカではA-4F-105F/GF-4GA-6A-7、イギリスではフォークランド紛争時に一時的に供給され、対レーダーミサイル搭載用に改修されたアブロ・バルカンによって運用された。

従来のSEAD戦術である「アイアンハンド」を一変させた革新的兵器であったが、

  • 有効射程が短いうえミサイルの速度が遅く、SAMと同時に発射された場合には自機が撃墜される」
  • 「途中で敵レーダーの電波発信が止まった際には目標をロストする」
  • シーカーの視野が狭く許容誤差がなかった(±3度以内)」
  • 「破壊力不足でレーダー運搬車両へ損害を与えることが難しかった」

などの欠点があり、後継であるAGM-88にその座を譲った。

関連:AGM-78

スペックデータ

全長3.05m
直径20.3cm
翼幅91cm
発射重量177kg
射程16km(AGM-45A)
40km(AGM-45B)
推進方式固体推進ロケットモーター
エンジンロケットダインMk.39 Mod0 or エアロジェットMk.53 Mod1(AGM-45A)
エアロジェットMk.78 Mod0(AGM-45B)
弾頭HE 破片効果弾頭(66kg)
WAU-8/B・Mk.5 Mod0・Mk.86Mod0(AGM-45A)
WAU-9/B・Mk.5 Mod1・Mk.86 Mod1(AGM-45B)
誘導方式パッシブレーダー誘導


各派生型と搭載シーカー
形式シーカー対応帯域
AGM-45A-1Mk23 Mod0E/Fバンド
AGM-45A-2Mk22 Mod0/1/2Gバンド
AGM-45B-2
AGM-45A-3Mk24 Mod0/1/3/4広帯域E/Fバンド
AGM-45B-3
AGM-45A-3AMk24 Mod2/5狭帯域E/Fバンド
AGM-45B-3A
AGM-45A-3BMk24 Mod3E/Fバンド
AGM-45B-3B
AGM-45A-4Mk25 Mod 0/1Gバンド
AGM-45B-4
AGM-45A-6Mk36 Mod1Iバンド
AGM-45B-6
AGM-45A-7Mk37 Mod0E/Fバンド
AGM-45B-7
AGM-45A-9Mk49 Mod0Iバンド
AGM-45B-9
AGM-45A-9AMk49 Mod1Iバンド Gバイアス
AGM-45B-9B
AGM-45A-10Mk50 Mod0Eバンド-Iバンド
AGM-45B-10


派生型

  • AGM-45A:
    初期生産型。
    • ATM-45A:
      訓練用イナート弾型。

  • AGM-45B:
    ロケットモーターや弾頭を改善した型。
    • ATM-45B:
      訓練用イナート弾型。

  • Kilshon:
    イスラエルで開発された地上発射型。
    愛称はヘブライ語で三叉戟(Trident)の意味。
    M51「スーパーシャーマン」砲塔をAGM-45ランチャーに換装している。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS