Last-modified: 2017-02-11 (土) 08:15:28 (251d)

【統合電気推進】(とうごうでんきすいしん)

Integrated Electric Propulsion, IEP

車両・艦艇航空機の設計思想のひとつ。
全ての機器の動力を一括した共用電源設備で賄う事。

推進力をエンジンに依存せず、電動機で駆動する事を前提とする。
ただし、ディーゼルエンジン蒸気タービンを発電機として設置する事はある。

なお、慣例上、外部からの配電を前提とする機構は含まない。
鉄道(電車)やエレベーターは一般に「統合電気推進機関」とはみなされない。

駆動系そのものの効率は低下する反面、現代の機械に不可欠な電子機器類の運用効率が向上する。
また、燃料配管など各種バイタルパートの配置を比較的自由に設計でき、ダメージコントロールを大きく利する。
電動機を用いるため静音に運用でき、また急激な加減速に耐え、運動性の高い構造を実現できる。

とはいえ、駆動系の効率低下は致命的な問題である。
多くの場合、航続距離巡航速度・運用コストは実用困難なほど悪化する。
この点で商業的成功を見込めず、概念実証などのために少数が製造されるのみに留まっている。

主な採用例


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS