Last-modified: 2015-07-13 (月) 15:22:16 (622d)

【戦車揚陸艦】(せんしゃようりくかん)

Landing Ship of Tank(LST)

揚陸艦の一種で、主に戦車など、通常の揚陸艦では搭載・揚陸の困難な重量物を扱うもの。

通常の揚陸艦では搭載した上陸用舟艇により兵員・物資の荷揚げを行うが、戦車などの大型な装備は重量制限により上陸用舟艇での荷揚げが不可能なため、艦艇自体が直接浜辺に乗り上げる。
これを可能にするため船首に大型乗降ドアが設けられ、また座礁しないよう平らな船底を持つ。

この構造は巡航速度の観点からは著しく非効率であり、艦隊全体の機動力に悪影響を及ぼす。
機動力が低い分、上陸作戦中に砲火にさらされる時間が長く、生存性にも難がある。
また、船体が大きすぎるため、上陸・離岸する能力はどう工夫しても限界があった。

一説によれば、戦車揚陸艦が接岸できる海岸は、地球上の海岸線のうち15%程度である。
また、海面は潮の影響で上下動を繰り返すため、満潮時に接岸すると次の満潮まで座礁してしまう。

アメリカ海軍が1960年代に就役させた「ニューポート」級は船首の大型乗降ドアを廃して通常の船首を採用し、兵員や資材の荷揚げは上甲板上に格納されている道板を繰り出すことで行っていた*1

これらのことから「揚陸艦ごと上陸するより上陸用船艇を大型化した方がより効率的である」との指摘により、やがて廃れていった。
現代ではドック型揚陸艦に置換され、ほぼ姿を消している*2

主な戦車揚陸艦

  • 第二次世界大戦中に建造されたもの
    • アメリカ
      • LST-1級
      • LSM-1級(中型揚陸艦。LST-1の上甲板をなくして、艦橋構造物を中央部右舷側に寄せたもの)
    • イギリス
      • LST(Mk.III)級
      • バチャクエロ級
      • ボクサー級
    • 日本
      • 第一〇三号型輸送艦(海軍。二等輸送艦)
      • SS艇(機動艇)(陸軍船舶工兵隊。海軍の第一〇三号型とほぼ同型)
  • 第二次世界大戦後に建造されたもの
    • アメリカ
      • ニューポート級
      • タルボット・カウンティ級
      • テレボーン・パリッシュ級
      • サフォーク・カウンティ級
      • デソト・カウンティ級
  • フランス
    • シャンプレーン級
  • 中国(人民解放軍)
    • 072II/III型(玉亭(ユティン)I/II型)
    • 072型(玉坎(ユカン)型)
  • 中華民国(台湾)
    • 中和級(ニューポート級)
    • 中海級(LST-1型/「中字」型)

*1 これにより、20ノット以上の通常速力を達成して艦隊への追随が可能となった。
*2 日本の「おおすみ型(2代)」は、エアクッション艇により物資の揚降を行うドック型揚陸艦であるが、艦籍記号はなぜか戦車揚陸艦と同じ「LST」である。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS