Last-modified: 2016-01-27 (水) 17:58:46 (421d)

【ラムエアタービン】(らむえあたーびん)

Ram Air Turbine(RAT).

航空機の機首、またはポッドの先端部分に取り付けられた、ラム圧によって稼働する風力発電機(エアタービン)。
主機の稼働中にはあえて別系統で発電する必要はないが、ある種の機構で例外的に用いられる事がある。

使用例

大型の貨物機旅客機
エンジンAPUも停止した非常時に機外に飛び出して展開され、油圧ポンプなどに必要な最低限の発電を行う。
Me163「コメート」
エンジン動力を発電に転用できないロケットエンジン推進機。
主電源系統としてラムエアタービンが採用されていた。
ポッド
EA-6BEA-18Gなどは戦術ジャミングポッドの電源としてポッド先端のラムエアタービンを用いていた。
同様に、F/A-18F空中給油ポッド(バディキット)も送油ポンプの動力にラムエアタービンを用いていた。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS