Last-modified: 2014-11-11 (火) 22:26:23 (867d)

【タイガー】(たいがー)

Tiger(虎).
ネコ科に属する大型肉食獣(原義)。
さまざまな兵器の愛称として各国で用いられている。

  1. ドイツ第三帝国陸軍が使用した「6号戦車」の愛称「ティーガー」の英語読み。

  2. イギリス海軍の巡洋戦艦

  3. イギリス海軍の軽巡洋艦(防空巡洋艦。のちに指揮巡洋艦に改装)。

  4. ドイツ海軍の水雷艇。

  5. 西ドイツ海軍のミサイル艇。148型ミサイル艇とも呼ばれる。
    ヤグアル級魚雷艇の後継として建造された。
    艦の設計はラ・コンバタントII型高速戦闘艇(ミサイル艇)をベースにしている。

    冷戦終結後の軍縮によって1994年から徐々に退役し、2002年にドイツ海軍から退役した。
    退役後、一部の艦はギリシャやエジプトに引き渡されている。

    スペックデータ
    艦種ミサイル艇(Sボート)
    主建造所リュールセン
    ノルマンディ機械製造(CMN)
    排水量265t
    全長47m
    全幅7m
    喫水2.7m
    機関MTU MD16V 538 TB90ディーゼル(出力3,600馬力)×4基4軸推進
    速力38ノット
    航続距離1,600海里/15ノット
    乗員30名
    武装オート・メラーラ 76mmコンパクト砲×1門
    ボフォース40mm L/70 単装機関砲×1基
    エグゾセMM38SSM単装発射機×4基
    機雷×8発
    C4Iシステムリンク11 戦術データリンク
    レーダーSMA 3R 20航法レーダー
    トリトンG 捜索レーダー
    カスター148火器管制レーダー

    同型艦
    艦番号艦名主建造所就役退役再就役先艦番号艦名
    P6141/S41ティーガー
    (Tiger)
    CMN1972.10.311998.9.21チリ海軍LM-39テニエンテ・ウリベ
    (Teniente Uribe)
    P6142/S42イルティス
    (Ilitis)
    1973.1.81992.10.15ギリシャ
    海軍
    P-72ヴォトシス
    (ΒΟΤΣΗΣ)
    P6143/S43ルクス?
    (Luchs)
    1973.4.91998.8.27チリ海軍部品取りに利用
    P6144/S44マルダー?
    (Marder)
    1973.6.141994.5.25ギリシャ
    海軍
    P-74ヴラハヴァスII
    (ΒΛΑΧΑΒΑΣ II)
    P6145
    /S45
    レオパルト
    (Leopard)
    1973.8.212000.9.28P-76トーナス
    (ΤΟΥΡΝΑΣ)
    P6146/S46フクス?
    (Fuchs)
    リュールセン1973.10.172002.12.16エジプト
    海軍
    -10月6日
    P6147/S47ヤグアル?
    (Jaguer)
    CMN1973.11.132000.9.28ギリシャ
    海軍
    P-77サキピス
    (ΣΑΚΙΠΗΣ)
    P6148/S48ルーヴェ
    (Löwe)
    リュールセン1974.1.92002.12.16エジプト
    海軍
    -10月21日
    P6149/S49ヴォルフ
    (Wolf)
    CMN1974.2.261997.8.27チリ海軍LM-36グアルディアマリーナ・
    リケルメ
    (Guardiamarina Riquelme)
    P6150/S50パンター?
    (Panther)
    リュールセン1974.3.272001.9.272003年解体
    P6151/S51ハーヘル
    (Häher)
    CMN1974.6.121994.6.24ギリシャ
    海軍
    P-75マリダキス
    (ΜΑΡΙΔΑΚΗΣ)
    P6152/S52シュトルヒ
    (Storch)
    リュールセン1974.6.171992.11.16P-73ペゾポウロス
    (ΠΕΖΟΠΟΥΛΟΣ)
    P6153/S53ペリカン
    (Pelikan)
    CMN1974.9.241998.6.4チリ海軍部品取りとして利用
    P6154/S54エルスター
    (Elster)
    リュールセン1974.11.141997.8.27LM-37テニエンテ・オレリャ
    (Teniente Orella)
    P6155/S55アルク
    (Alk)
    CMN1975.1.72002.5.13エジプト
    海軍
    -10月23日
    P6156/S56ドメル
    (Dommel)
    リュールセン1975.2.122002.12.166月18日
    P6157/S57ヴァイエ
    (Weihe)
    CMN1975.4.32002.12.164月25日
    P6158/S58ペンギン
    (Penguin)
    リュールセン1975.5.222001.6.282003年解体
    P6159/S59ライハー
    (Reiher)
    CMN1975.6.242001.1.27
    P6160/S60クラーニヒ
    (Kranich)
    リュールセン1975.8.61998.9.22チリ海軍LM-38テニエンテ・セラーノ
    (Teniente Serrano)

  6. グラマン社製の艦上戦闘機F11F(F-11)の愛称。

  7. アメリカ製の戦闘機F-5シリーズの愛称に多用されている。
    F-5Cの愛称「スコシタイガー」および、F-5E・Fの「タイガー2」、F-20の「タイガーシャーク」。

  8. Eurocopter(Airbus Helicopters)EC665 "Tiger".
    独仏合弁のユーロコプター(現エアバス・ヘリコプターズ)が開発・製造する偵察攻撃ヘリコプター
    冷戦末期に開発され、仏独戦力の要として期待されたが、初飛行と同時期に仮想敵であるワルシャワ条約機構が崩壊したため、計画を大幅に縮小することとなった。
    しかし、同様のコンセプトを持っていたアメリカのRAH-66「コマンチ」が開発中止に追い込まれたことから、今後はかえって需要が見込めるのではないかという予測もある。
    RAH-66と同じく前席がパイロット、後席がガナーコパイロットである)

    冷戦後の機体というだけあって、情報収集能力、コスト、生存性などが重視されている。
    複合材を多用した胴体、極限まで単純化されたローターハブ、耐用年数無限のローターブレードなど、ライフサイクルコスト低減の工夫がなされている。
    照準/監視装置として、偵察型はRMSを、対戦車型はMMSを装備する。
    また対戦車ミサイルとしてHOTAGM-114が使えるほか、本機のために終端赤外線誘導機能を持つトライガットが開発された。

    なお「タイガー」の呼び名は英語の場合で、開発国のドイツでは「ティーガー」、フランスでは「ティグール」と呼ばれる。

    スペックデータ
    乗員2名(前席パイロット・後席コパイロット射撃手
    主ローター直径13.00m
    全長15.80m
    全高4.32m(テイルローター頂部まで)
    胴体長14.08m
    回転円盤面積132.7
    空虚重量3,300kg
    最大離陸重量6,100kg
    エンジンMTU/RR/チュルボメカ MTR390ターボシャフトエンジン(出力958kW)×2基
    速度124kt(巡航)
    海面上昇率690m/min
    ホバリング高度限界3,500m+(OGE)
    航続距離432nm(機内燃料のみ)
    兵装固定武装:AM-30781 30mm機関砲1門(UHT除く)
    機関砲ポッド:12.7mm機関銃/20mm機関砲ポッド
    空対空ミサイルFIM-92ミストラル?
    対戦車ミサイルトライガットHOT3AGM-114
    ロケット弾ポッド:19連装ハイドラ70または22連装SNEB 68mmロケット弾ポッド
    その他:増槽

    【バリエーション】

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS