Last-modified: 2013-01-31 (木) 22:25:11 (1512d)

【シュヴァルム】(しゅう”ぁるむ)

第二次世界大戦前の1930年代、ドイツ空軍(ルフトバッフェ)が確立した戦闘機による編隊戦術
2個のロッテ――4機編隊で組織されるもので、ロッテにおける相互カバー戦術を拡大し、互いの死角をさらに小さくする。

なお、アメリカ軍自衛隊では4機以上の戦闘機編隊を「フライト」と呼んでいる。

関連:ケッテ フライト エレメント


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS