*&ruby(えすろくじゅうに){【S-62】}; [#r994751a]
Sikorsky S-62(HH-52) &ruby(シーガード){Sea Guard};.~
~
アメリカの[[シコルスキー・エアクラフト]]社が1950〜1960年代に開発・生産した水陸両用の[[捜索救難]][[ヘリコプター]]。~
機体には先に生産・販売された[[S-55/UH-19「チカソー」>S-55]]のコンポーネントを可能な限り活用し、[[S-61>SH-3]]よりも一回り小型の[[単発機]]として完成した。~
機体の底面が舟型に整形されていることから、水上での離着陸能力を有する。~
~
本機は[[アメリカ沿岸警備隊]]に「HH-52A((当初の型番は「HU2S-1G」。))『シーガード』」として採用された他((後継の[[HH-65「ドルフィン」>ドーファン2]]就役に伴い退役。))、日本の[[三菱重工業]]でも[[ノックダウン生産]]が行われた。~
現在は[[航空自衛隊]][[浜松広報館]]で航空自衛隊で使用されていた機体が、[[航空科学博物館]]で[[海上保安庁]]で使用されていた機体が展示保存されている。~

**スペックデータ [#bae98ce4]
**スペックデータ(HH-52A)[#bae98ce4]
|乗員|3名|
|全長|13.58m|
|全高|4.33m|
|ローター直径|16.15m|
|空虚重量|2,248kg|
|有効搭載量|1,382kg|
|最大離陸重量|3,630kg|
|[[ペイロード]]|1,418kg|
|全長|13.576m|
|全高|4.88m|
|ローター直径|16m|
|主ローター面積|204.9|
|ブレードセクション|NACA 0012|
|空虚重量|2,306kg|
|最大離陸重量|3,765kg|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]]T58-GE-8[[ターボシャフト]]×1基|
|出力|500kW(1,250shp((730shpに減格使用。)))|
|速度&br;(最大/巡航)|200km/h / 163km/h|
|[[航続距離]]|743km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|3,570m|
|[[上昇率]]|5.8m/s|
|エンジン出力|500kW(1,250shp(932kW)((730shp(540kW)に減格使用。)))|
|速度&br;(最大/巡航)|176km/h(海面上) / 157km/h|
|[[航続距離]]|763km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|3,400m|
|[[上昇率]]|5.5m/s|
~
**バリエーション [#bb866be1]
-S-62:~
プロトタイプ。~
~
-S-62A:~
水陸両用型の輸送ヘリコプター。~
[[エンジン]]は[[GE>ジェネラルエレクトリック]] CT58-110-1[[ターボシャフト]]を搭載。~
~
-S-62B:~
[[S-58>SH-34]]の[[メインローター]]システムを採用した型。~
1機のみ製作。~
~
-S-62C:~
[[アメリカ沿岸警備隊]]向けの機体の呼称。~
HU2S-1G/HH-52A「シーガード」の社内呼称。~
~
-HU2S-1G/HH-52A「シーガード」:~
アメリカ沿岸警備隊向け捜索救難ヘリコプター型。~
[[アメリカ沿岸警備隊]]向け捜索救難ヘリコプター型。~
~
-S-62J:~
[[三菱重工業]]での[[ノックダウン生産]]型。25機生産((うち18機が[[海上自衛隊]]・[[航空自衛隊]]に納入された。))。~
~

IP:153.151.158.201 TIME:"2020-11-16 (月) 02:44:51" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/86.0.4240.198 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS