*&ruby(ぴーすりー){【P-3】}; [#kdc2b504]
Lockheed P-3"&ruby(オライオン){Orion};".~
~
旧西側陣営を代表する[[陸上対潜哨戒機>対潜哨戒機]]で、世界11ヵ国の第一線に配備されている((なお、[[ローンチカスタマー]]の[[アメリカ海軍]]では現在、実戦部隊からはすべて退役し、[[予備役]][[飛行隊>スコードロン]]で運用されている。))。 ~
本機は[[P2V「ネプチューン」>P-2]]の後継として、当時[[ロッキード]]社が製作していた民間向け[[ターボプロップ]][[旅客機]]・[[L-188「エレクトラ」>L-188]]をベースとして開発され、1959年11月25日、原型機YP3V-1(後にYP-3Aと改名)が[[初飛行]]を行った。~
~
[[旅客機]]がベースとなっていることもあり、前任の[[P2V>P-2]]と較べて居住性や[[搭載量>ペイロード]]などが大きく改善されている。~
ただし、A・B型は対潜装備については従来のものと変わらないため、戦闘能力自体はさほど向上していない。~
[[四発機>多発機]]ではあるが、滞空時間を重視する任務の性格上、外側2基のエンジンを停止した状態でも飛行することが出来る((理論上はエンジン1基でも飛行は可能だが、[[海上自衛隊]]では安全性を考慮して、空中でのエンジン停止は2基までにしている。))。~
~
現在の主力はC型で、このモデルは潜水艦探知用の[[ソノブイ]]システム、センサー、[[レーダー]]、データ処理用のコンピュータを能力向上型に換装した。~
これにより開発の主目的であった地上設備とリンクされた高度な潜水艦の捜索・評定能力を持つことになった。~
このC型も順次改良が加えられている。~
~
また、対水上戦改良プログラム(AIP)が実施された機体には[[逆合成開口レーダー>合成開口レーダー]]、[[GPS>全地球測位装置]]など[[アビオニクス]]がより強化され、[[AGM-65]]、[[AGM-84E「SLAM」>AGM-84]]などの運用能力が追加されている。~
更にシステムを強化したアップデート検P-3Hや全面改修型である[[P-7A]]なども計画されていたが予算難、開発コストの問題によりキャンセルされた((その後、本機の後継として、アメリカでは[[B737]][[旅客機]]をベースにした[[P-8「ポセイドン」>P-8]]が、日本では国産の[[P-1]]がデビューした。))。~
この他、本機をベースとした派生型も多数製作されている。~
~
関連:[[潜水艦]] [[L-188]] [[P-8]] [[P-2]] [[P-1(日本)>P-1]] [[Il-38]]

**スペックデータ(P-3C) [#r8925299]
|乗員|11名&br;([[パイロット>エビエーター]]2名、[[機上整備員(FE)>航空機関士]]2名、[[TACCO>戦術航空士]]、[[航法>航法員]]・[[通信員>航空通信士]](NAV/COM)、&br;SS-1、SS-2([[ソナー]]員、機上対潜音響員)、SS-3([[レーダー]]員、機上対潜非音響員)、&br;機上電子整備員(IFT)、機上武器員(ORD))|
|全長|35.61m|
|全高|10.274m|
|翼幅|30.38m|
|[[主翼]]面積|120.77|
|アスペクト比|7.5|
|翼型|root:NACA 0014 modified、tip:NACA 0012 modified|
|空虚重量|27,892kg|
|ゼロ燃料重量|35,017kg|
|全備重量|61,240kg|
|最大離陸重量|61,235kg(通常)&br;64,410kg(最大許容)|
|最大着陸重量|47,119kg|
|[[燃料]]容量|燃料:5ヶ所の[[主翼]]および燃料タンクに35,000リットル(最大燃料重量:28,350kg)&br;オイル:4ヶ所のタンクに420リットル|
|[[エンジン]]|アリソン T56-A-14[[ターボプロップ]]×4基(出力4,910hp(3,660kW))|
|[[プロペラ]]|ハミルトン・スタンダード 54H60-77 4枚翅定速プロペラ(直径4.11m)|
|最高速度|411ノット(761km/h)(高度4,572m、重量47,627kg時)|
|[[巡航速度]]|328ノット(607km/h)(高度7,620m、重量49,895kg時)|
|哨戒時速度|206ノット(382km/h)(高度457m、重量49,895kg時)|
|[[失速]]速度|133ノット(246km/h)([[フラップ]]アップ時)&br;112ノット(207km/h)(フラップダウン時)|
|[[戦闘行動半径]]|2,491km(高度457m、3時間の哨戒飛行)|
|[[フェリー>回航]]&br;[[航続距離]]|8,950km|
|耐久時間|17時間12分(高度4,572m、エンジン2基)&br;12時間20分(高度4,572m、エンジン4基)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|8,600m&br;5,791m(one engine inoperative(OEI)時)|
|[[上昇率]]|9.9m/s|
|高度到達時間|7,620mまで30分|
|[[翼面荷重]]|507kg/|
|パワー/マス|0.0885kg/kW|
|[[離陸]]滑走距離&br;(15m)|1,673m|
|[[着陸]]滑走距離&br;(15m)|844m|
|>|CENTER:兵装|
|[[ハードポイント]]|[[主翼]][[パイロン]]10箇所(両翼3基、両翼付け根2基)と&br;内部ボムベイ8箇所に最大9,100kgまで搭載可能|
|[[ASM>空対艦ミサイル]]|[[AGM-65「マーベリック」>AGM-65]]×4発&br;[[AGM-84「ハープーン」>AGM-84]]×6発&br;[[AGM-84H/K「SLAM-ER」>AGM-84]]×4発&br;[[ASM-1C>80式空対艦誘導弾]]([[海上自衛隊]]機)|
|爆弾類|150kg[[対潜爆弾>爆雷]]&br;音響警告用水中発音弾&br;Mk.101"Lulu"[[核爆雷>核兵器]]&br;Mk.20「ロックアイ」[[クラスター爆弾]]×10発&br;[[Mk.80シリーズ]]汎用爆弾×18発&br;B57核爆弾((1993年に引退。))|
|[[対潜魚雷]]|Mk.44&br;[[Mk.46]]×8発&br;Mk.50×6発&br;Mk.54またはMU90「インパクト」×7発&br;[[97式短魚雷>97式魚雷]](海上自衛隊機)|
|[[機雷]]|Mk.25&br;Mk.39&br;Mk.55&br;Mk.56×7発&br;Mk.60 [[CAPTOR]]&br;「クイックストライク」(Mk.65×6発、Mk.62×18発、Mk.63×11発)&br;ストーンフィッシュ(オーストラリア海軍機)|
|その他|[[アクティブ/パッシブソノブイ>ソノブイ]]|
|>|CENTER:[[アビオニクス]]|
|[[レーダー]]|レイセオン AN/APS-115海上監視レーダー(最大捜索距離約200km)&br;AN/APS-137D(V)5逆[[合成開口レーダー]]|
|[[IFF>敵味方識別装置]]|APX-72、APX-76、APX-118/123|
|EO/[[IR>赤外線]]|ASX-4"AIMS((Advanced Imaging Multispectral Sensor.))"、ASX-6"MMIS((Multi-Mode Imaging System.))"|
|[[ESM]]|ALR-66[[レーダー警戒受信機]]&br;ALR-95(V)2 [[放射性物質]]識別・警報装置|
|その他|[[UHF]]/[[VHF]]無線機(国際マリンバンドも含む)&br;[[HF>短波]]無線機(伝搬距離約1,200[[海里]])&br;暗号通信装置&br;戦術データリンク([[リンク11>データリンク]])&br;衛星通信装置&br;AN/ARR-78(V) [[ソノブイ]]受信機&br;AN/ARR-72 ソノブイ受信機&br;AN/UYS-1音響処理装置&br;AQA-7指向性音響周波数分析・記録用ソノブイ表示器&br;AQH-4(V) [[ソナー]]テープレコーダー&br;AQS-81[[磁気探知機>磁気捜索装置]](探知範囲約500〜1,000m)&br;ASA-65磁気補正装置&br;AN/ALQ-78(V)電子監視受信機&br;[[デコイ]]([[チャフ]]・[[フレア]])発射機|
~
**派生型(カッコ内は生産・改修機数)[#bc7e9628]
-''A型''
--YP3V-1(YP-3A):~
原型機。~
~
--P-3A(157機):~
初期生産型。~
現在では退役し、法執行機関や民間へ払い下げられるか試験機に改造されている。~
~
---TACNAVMOD(Tactical Navigation Modification):~
[[予備役]]部隊のP-3AをC型相当に改修した型。~
~
--TP-3A(12機):~
対潜装備を除去した[[練習機]]型。~
~
--UP-3A(38機):~
米海軍基地支援用の汎用輸送機型。~
~
--VP-3A(WP-3A×3機・P-3A×2機):~
[[人員輸送機>輸送機]]型。[[海軍]]の高官などVIPの移動に利用される。~
~
--P-3AM:~
A型の近代化改修型。~
[[グラスコックピット]]の導入などを行った後、ブラジル[[空軍]]に引き渡された。~
~
--P-3ACH(4機):~
チリ[[海軍]]向けA型の近代化改修型。~
うち2機は[[電子戦機]]に改修されている。~
~
--P-3T(2機):~
タイ海軍向け。一部は対潜装備を除去しUP-3Tへ改造された。~
~
---UP-3T:~
タイ海軍向け汎用輸送機型。~
~
--P-3A「ブラック・オライオン」(3機):~
[[CIA]]用の特殊偵察機。~
主に沖縄・[[嘉手納基地>嘉手納空軍基地]]から中国、ビルマ、チベット、ラオス、ベトナム方面への偵察に使用された。(3機とも、のちにEP-3(試作機)に改造)~
~
-''B型''~
--P-3B(144機):~
エンジン出力強化型。後にP-3C相当に改造された。~
~
---TACNAVMOD:~
P-3Aと同じだが、こちらは更にアップデート響蠹へと改修されている。~
~
--P-3K(5機):~
ニュージーランド[[空軍]]向け改修型。~
~
---P-3K2:~
K型の近代化改修型。[[グラスコックピット]]の導入などを行った。~
~
--P-3CK:~
韓国海軍向け改修型。~
C型と並行して運用されている。~
~
--AP-3:~
オーストラリア空軍向け。P-3B相当。~
~
---TAP-3B:~
オーストラリア空軍向け[[訓練>練習機]]・[[輸送機]]型。余剰機を転用した。~
~
--P-3P(6機):~
ポルトガル空軍向けの機体。~
旧オーストラリア空軍のB型をアップデート響蠹に向上させたもの。~
~
-''C型''
--P-3C(118機+[[川崎重工業]]での[[ライセンス生産]]101機):~
[[ソノブイ]]発射口を48基増設し、対潜水艦戦機材を更新した型。~
デジタルコンピュータを搭載し、処理能力を高めた。~
~
---アップデート機31機):~
コンピューターメモリーの処理能力を強化した型。~
~
---アップデート供44機):~
[[赤外線]]探知システムや[[ソノブイ]]照合システムを搭載し、[[ハープーン>AGM-84]][[空対艦ミサイル]]の運用能力を付加した型。~
~
---アップデート.5(37機。[[海上自衛隊]]機は69機):~
[[航法]]・通信能力を強化した型。[[海上自衛隊]]の機体もこのタイプに準じている。~
~
---アップデート/R(32機):~
音響信号処理能力を向上させた型。~
[[ソノブイ]]の音響収集能力を3倍に強化、UYS-1「プロテュース」音響信号処理システム((発生音響をコンピューターでふるいにかけ目標物の正体を特定する。))を導入した。~
~
---アップデート検~
計画のみ。~
~
---AIP(Anti-Surface Warfare Improvement Program)/AIP+:~
対水上艦艇監視能力を向上させた型。~
AIP+は衛星通信用アンテナを備えたもの。~
~
---BMUP(Block Modification Upgrade Program):~
アップデート/.5の機体にアップデート靴暴爐犬診塾呂鯢嬪燭靴燭發痢~
~
---ARTR(Acoustic Receiver Technology Refresh)(74機予定):~
[[P-8A「ポセイドン」>P-8]]との技術ギャップを埋めるために開発された型。~
[[ソノブイ]]信号の受信・解析能力を10倍に増加させ、新型コンピューターや[[C4Iシステム>C4I]]、[[リンク16>データリンク]]を装備する。~
~
---CUP(Capability Upkeep Program):~
オランダ海軍におけるP-3C改修型。~
同海軍からの退役に伴いドイツとポルトガルへ売却されている。~
~
--P-3F(6機):~
[[帝政期のイラン空軍>イラン軍]]向けの機体。~
C型にP-3A/B相当の[[電子機器>アビオニクス]]を搭載し、[[空中給油]]機能を追加装備している。~
~
--P-3W:~
オーストラリア空軍向けアップデート.5仕様機の呼称。~
~
--AP-3C:~
オーストラリア空軍におけるC型の改修型。~
~
-''[[電子戦機]]型''
--EP-3A(7機):~
[[電子偵察機>偵察機]]型の試作機。~
~
--EP-3B:~
電子戦訓練機。後にEP-3Eに改造。~
~
--P-3N(2機):~
ノルウェー空軍向け。B型改修。~
~
--P-3AEW&C「センチネル」:~
[[早期警戒機]]型。~
B型の余剰機に[[E-2「ホークアイ」>E-2]]と同じAN/APS-125[[レーダー]]と電子機材を搭載した。~
アメリカ合衆国連邦関税局が麻薬密輸機取締り用に使用している。~
~
--EP-3C:~
EP-3AをC型相当に改修した[[電子戦機]]型。~
~
---EP-3E「アリエス(Aries)」(12機):~
[[電子戦]]偵察機型。~
~
---EP-3E「アリエス供Aries 供法廖12機):~
[[SIGINT]]機型。~
2001年に海南島近海で[[J-8>殲撃8II]]と衝突([[海南島事件]])した機体はこのタイプ。~
~
---EP-3J(2機):~
[[アメリカ海軍]]向けの[[電子戦]]訓練支援機型。~
~
-''試験機''~
--RP-3(2機):~
海洋科学開発飛行隊(Oceanographic Development Squadron)((パタクセント・リバー海軍航空隊所属。))向け。~
P-3Aから改造し順次P-3B、P-3C相当へ改修。~
~
---RP-3D El COYOTE(1機):~
データ収集計画「Project Seascan」用に改造された能力試験機。~
1973年にはアメリカ海軍初の[[砲塔]]型[[装甲]]艦である「[[モニター]]」の残骸を発見した。~
~
---RP-3D Roadrunner(1機):~
MAD装置の最適化データ収集試験「Project Magnet」のために改造された能力試験機。~
機体名にちなみ[[ノーズアート]]には「ルーニー・テューンズ」のキャラクターであるロードランナーが左側に描かれている。~
試験終了後はデビスモンサン[[空軍基地>飛行場]]で[[モスボール]]されている。~
~
--NP-3A/B/C(3機):~
海軍研究所 (US Naval Research Laboratory) 向け試験機。~
テレメトリーシステム (EATS) や気象観測 (BAMEX) の研究などに利用。~
研究終了後は海軍テストパイロット学校の[[訓練機>練習機]]に転用された後、[[モスボール]]された。~
~
-''カナダ[[空軍]]''
--CP-140「オーロラ」(18機):~
カナダ軍向け海洋監視任務型。カナディア CP-107「アーガス」対潜哨戒機の後継。~
[[S-3「バイキング」>S-3]]のものに類似する装備を追加搭載した。~
~
---CP-140A「アークツゥルス」(3機):~
飛行訓練及び海洋監視任務型。2011年に退役。~
~
-''[[海上自衛隊]]向け([[川崎重工業]]製)''~
--EP-3(5機):~
[[海上自衛隊]]向け[[電子戦]]データ収集機([[ELINT]]機)。~
C型ベースで、MADブームを降ろし、胴体前部下面と胴体上面に[[レドーム]]が増設されている。~
センサーとして、電子戦データ収集装置を装備。~
[[第31航空群>航空団]]第81航空隊([[岩国基地>岩国飛行場]])に配備([[コールサイン]]は"VIOLET")。~
~
--OP-3C(4機):~
海上自衛隊の[[遠距離(広域)画像情報収集機>偵察機]]。~
MADブームを降ろし、胴体前部下面にレドームが増設されている。乗員10名。~
センサーとしてSLAR(側方画像監視レーダー)またはLOROP(長距離監視センサー)を装備。~
第31航空群第81航空隊(岩国基地)に配備([[コールサイン]]はEP-3と同様)。~
~
--UP-3C(1機):~
海上自衛隊の航空装備品評価試験機。~
航空集団直轄第51航空隊([[厚木基地>厚木海軍飛行場]])に配備。~
~
--UP-3D(3機):~
海上自衛隊の[[電子戦]]訓練支援機。
MADブームを降ろし、胴体上面に2ヶ所、胴体下面に2ヶ所のレドームを増設。乗員8名。~
艦艇に対する電子戦訓練と、必要に応じ標的の曳航や[[チャフ]]の散布も行う。~
第31航空群第81航空隊((2020年10月、第91航空隊の廃止に伴って移籍。))(岩国基地)に配備([[コールサイン]]は"DELPHI")。~
~
-''政府機関・民間''~
--WP-3A(4機):~
気象観測機型。~
胴体前部下部のウェポンベイを廃止し、[[気象レーダー]]を搭載している。~
ソノブイ投下口は海洋観測機器を投下するのに利用されている。~
~
--WP-3D(2機):~
米海洋大気局(&ruby(ノア){NOAA};)所属の大気観測機。~
米海洋大気庁(&ruby(ノア){NOAA};)所属の大気観測機。~
「ハリケーン・ハンター」として運用中。~
~
--P-3-LRT((Long Range Trackerの略。))(4機):~
米国税関・国境警備局向けの機体。[[赤外線]]探知システムを搭載。~
国境付近での麻薬密輸や不法入国の取締り用に一時使用。~
~
--エアロユニオン P-3A「オライオン」:~
民間航空会社「エアロユニオン」がアメリカ海軍からP-3Aを購入し、山火事の空中消火を行う消火活動用に改造した機体。~
通称「エア・タンカー」。~
~
-''計画のみ''~
--P-3G「オライオン供廖P-7):~
C型の拡大改良型。[[開発費超過>金の壁]]や[[冷戦]]の終結により開発中止。~
主な改修点は[[エンジン]]換装、新型[[プロペラ]]ブレードの導入、[[主翼]]の拡大、[[MAD>磁気捜索装置]]ブームの取り付け位置変更、[[ペイロード]]の増大、[[アビオニクス]]の更新など。~
~
---P-3H:~
P-7計画を簡略化した近代化改修型。~
P-3Cアップデート犬亮舁禝擇咼┘鵐献/プロペラブレードをP-3Gのものに変更した機体。~
提案のみ。~
~

IP:118.8.23.67 TIME:"2023-09-17 (日) 07:53:21" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/117.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS