*&ruby(やくにじゅうはち){【Yak-28】}; [#d3200887]


ソビエトの[[ヤコヴレフ]]設計局が開発した、[[戦闘機]]。
~[[NATOコード]]は、&ruby(ファイアバー){Firebar }; /&ruby(ブルーアー){Brewer};~
なお、[[NATOコード]]では識別のために防空戦闘機型をファイアーバー、戦術戦闘機型をブルーアーとしている。~

YAK-28は、当時[[ソ連軍]]で現役である[[MiG-21]]フィッシュベットや[[Su-9]]・[[Su-11]]フィッシュポット等を補佐する目的で、1950年代から開発がスタートした。~
外見の方は[[IL-28]]に似ており、初期型は単座だが後期型はソ連製[[戦闘機]]には珍しい複座型で航空士/兵器システム士官が搭乗するようになっている。~
内面は、電子機器面はK-8M装置(オイルDレーダー・電子リンク・[[コックピット]]表示装置)を搭載、兵装システムは[[Su-11]]を流用し中射程[[空対空ミサイル]]([[AA-3]]アナブ)や短射程[[空対空ミサイル]]([[AA-2]]アトール)も搭載可能。~
悪天候時には「ラズール」ビーム/ビーコン受信機を航法支援装置として使用する。~
このように電子機器面は充実した装備になったが、逆に搭載のしすぎでスペースが無くなり[[機関砲]]は取られている。~
エンジンはR-13F-300エンジンを使用しているが、[[アフターバーナー]]は付いていない。~
最終的に北極圏下での環境下に耐えれる・短い滑走路や未舗装滑走路からの離着陸が出来ると言った[[ソ連軍]]の要求に対し、YAK-28はその全ての要求を満たす事が出来た。~
なお、[[戦闘機]]以外にも偵察型や電子戦型のタイプも作られている。

初飛行は1960年で1962年に量産開始、1967年に量産は終了して合計約435機がソ連空軍で広く活躍した。輸出の方は無く現在では全機退役している。


**性能諸元(Yak-28P) [#k7f34d1c]
全高:4.82m~
全長:21.47m~
全幅:11.70m~
翼面積:37.6~
自量:7,750kg~
最大重量:15,700~
最高速度:M1.0以上~
実用上昇限度:16,000m~
エンジン:ツマンスキー R-11AF-2 [[ターボジェット]][[エンジン]]2基(出力7,330圈~
[[航続距離]]:2,600m~
武装:固定武装なし、[[AA-2]]または[[AA-3]]のどちらか2基を搭載。~
~
**派生型 [#e6a5b4b1]
-Yak-28 "ブルーアーA"~
単座の初期生産型。少数生産。~
~
-Yak-28 "ブルーアーB"~
ナビゲーター席が新たに設けられた複座型。~
~
-Yak-28I "ブルーアーC"~
対地攻撃能力を追加した型。~
ナビゲーター/爆撃手席が新設されたほか、先端ノーズやエンジンダクトが延長されている。~
~
-Yak-28R "ブルーアーD"~
多重感知偵察機型。兵装室に偵察用機器を搭載している。~
~
-Yak-28E "ブルーアーE"~
電子戦機型。電子妨害装置を搭載する。~
~
-Yak-28U "ファイアバー"~
初期生産機を改修した練習機型。~
~
-Yak-28P "ファイアバー"~
全天候能力を持った迎撃戦闘機型。~
~
-Yak-28PM "ファイアバー"
改良型[[レーダー]](オイルDPレーダー)を搭載した型。~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS