• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(あーるあいえむひゃくろくじゅうに){【RIM-162】};
RIM-162 Evolved Sea Sparrow Missile(ESSMはその頭文字をとった略)~
[[RIM-7]]をベースに開発されたポイントディフェンス(個艦防空)ミサイル。通称ESSM。~
*&ruby(あーるあいえむひゃくろくじゅうに){【RIM-162】}; [#x42b097c]
RIM-162 ESSM((Evolved Sea Sparrow Missile:発展型シースパロー。通称はその頭文字をとった略。))~
[[RIM-7]]をベースに開発されたポイントディフェンス(個艦防空)ミサイル。~
エリアディフェンス(艦隊防空、[[RIM-66]]など)を突破した航空機、[[対艦ミサイル]]を迎撃することを目的としている。~
~
現在西側諸海軍の代表的なポイントディフェンスミサイルである[[RIM-7]]シースパローでは海面スレスレを超音速で飛来してくる[[対艦ミサイル]]に対応することが困難な為、1990年代前半にアメリカ、オランダ、スペイン、ドイツなど10ヶ国が参加して開発を開始し、現在量産中である。~
現在、西側諸国海軍の代表的なポイントディフェンスミサイルである[[RIM-7「シースパロー」>RIM-7]]では、海面スレスレを超音速で飛来してくる[[対艦ミサイル]]に対応することが困難な為、1990年代前半にアメリカ、オランダ、スペイン、ドイツなど10ヶ国が参加して開発を開始し、現在量産中である。~
~
誘導は[[RIM-7]]と同じ[[セミアクティブレーダー誘導]]だが、[[中間誘導]]装置として[[INS>慣性航法装置]](レーザーリンクジャイロ)を搭載したことにより、最大3目標に同時対処可能となった。~
ただしこの能力を発揮するにはベースライン6以降のイージスシステムを搭載した[[イージス艦]]から発射する必要があり、その他の艦では従来どおり[[イルミネーター]]の基数によって制限される。~
また、[[RIM-7]]が発射までに約4分の準備時間を要するのに対してESSMは即時発射が可能となり即応性が大幅に改善した。~
ブースターも改良されており燃料にアルミニウムを添加したレーザー点火装置付のMk134固体推進ロケット・モーターと推力変更ノズルを採用し、最大50Gでの旋回が可能で射程も50km+まで延長されている。なお推力変更ノズルはロケット・モーターの燃焼終了と同時に廃棄される。ハイGでの旋回による失速を防ぐ為後部に長いストレーキを装備しその後ろに操舵翼が装備される。~
8連装のMk-29,48発射機、Mk-48[[VLS>垂直発射システム]]、Mk-41[[VLS>垂直発射システム]](1セルあたり4発装填)から発射することができる。また、コクーンランチャーという簡易型の発射機も用意される。~
誘導は[[RIM-7]]と同じ[[セミアクティブレーダー誘導]]だが、[[中間誘導]]装置として[[INS>慣性航法装置]](リングレーザージャイロ)および[[データリンク]]を搭載したことにより、[[イルミネーター]]1基あたり最大3目標に同時対処可能となった。~
ただし、この能力を発揮するにはベースライン6以降のイージスシステムなど、優れた[[射撃指揮装置>火器管制装置]]が必要となり、それ以外の艦では従来どおり[[イルミネーター]]1基あたり1発までの誘導となる。~
また、[[RIM-7]]が発射までに約4分の準備時間を要するのに対し、ESSMは即時発射が可能となり即応性が大幅に改善された。~
ブースターも改良されており、燃料に[[アルミニウム]]を添加した[[レーザー]]点火装置付のMk134固体推進ロケットモーターと推力偏向ノズルを採用し、最大50Gでの旋回が可能で射程も50km+まで延長されている。~
~
なお、[[AIM-120]]のシーカーを移植した[[アクティブレーダー誘導]]タイプの開発計画が存在するようである(未確認)。[[海上自衛隊]]もESSMの導入に向け[[汎用護衛艦>護衛艦]]の一部に発射能力を付与して現在試験を行っている。~
なお、推力偏向ノズルは垂直発射後目標方位への姿勢制御、およびシーカーの目標捕捉が完了した後廃棄される。~
ハイGでの旋回による[[失速]]を防ぐ為、後部に長いストレーキを装備しその後ろに操舵翼が装備される。~
~
8連装のMk29、Mk48発射機、[[Mk48]][[VLS>垂直発射システム]]、[[Mk41]][[VLS>垂直発射システム]](1セルあたり4発装填)から発射することができる。~
また、コクーンランチャーという簡易型の発射機も用意されている。~
~
現在、改良型のBlock.2が開発中で2020年に配備予定である。~
レーダーを[[アクティブ>アクティブレーダー誘導]]/[[セミアクティブ>セミアクティブレーダー誘導]]に対応したXバンドレーダーに置き換え、誘導部を[[AIM-120C-7>AIM-120]]と共通化、デュアルバンドレシーバの採用により中間誘導をSバンドとXバンドの両方に対応させている。~
~
[[海上自衛隊]]もESSMの導入に向け、試験艦[[あすか]]や[[汎用護衛艦>護衛艦]]の一部に発射能力を付与して試験を行い、[[ひゅうが型護衛艦>ひゅうが]]より制式に配備された。~
その優秀さから個艦防空のみならず、[[あきづき型護衛艦(2代)>秋月]]では僚艦防空の用途にも充てられている。~
~
**スペックデータ [#v8d1817b]
|全長|3.8m|
|直径|25cm|
|翼幅|64cm|
|重量|280kg|
|弾頭|指向性爆風・破片炸薬(41kg)|
|射程|30〜50km|
|推進方式|[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|[[エンジン]]|Mk134固燃ロケット|
|誘導方式|[[INS>慣性航法装置]]+指令照準線非一致(COLOS)([[中間誘導]])/[[SARH>セミアクティブレーダー誘導]]([[終末誘導]])|
|速度|[[M>マッハ]]2.5〜3|
|発射機|Mk.41[[VLS>垂直発射システム]](RIM-162A/B)&br;Mk.48[[VLS>垂直発射システム]](RIM-162C)&br;Mk.29ボックスランチャー(RIM-162D)|
**バリエーション [#w860bda0]
-RIM-162A:~
Mk.41[[VLS>垂直発射システム]]用。双方向データリンクに対応。~
~
-RIM-162B:~
Mk.41VLS用。アップリンクのみ。~
~
-RIM-162C:~
Mk.48VLS用。アップリンクのみ。~
~
-RIM-162D:~
Mk.29発射機用。アップリンクのみ。~

&ref(essm.jpg); ~
ESSMの模型


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS