• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(こうくうゆうびん){【航空郵便】}; [#xcf99ea3]
Air Mail.~
~
手紙などの郵便物を[[航空機]]で輸送する事。専門用語では「航空扱い」と呼ばれる。~
日本語で"&ruby(エアメール){Air Mail};"という場合、単に海外とやり取りする手紙を指す事が多い。~
手紙などの郵便物を[[航空機]]で輸送する事。~
日本語の公文書で厳密に区別する場合、国際郵便は「航空扱い」、国内郵便では「航空機積載」と称する。~
日本語で"&ruby(Air Mail){エアメール};"という場合、単に海外とやり取りする手紙を指す事が多い。~
~
陸上輸送が不可能な僻地への配達を別とすれば、基本的に[[旅客機]]の定期便に便乗して輸送される。~
インフラの隔絶した僻地への配達を別とすれば、基本的に定期航空路線の[[旅客機]]・[[貨物機]]に便乗して輸送される。~
定期航路の設定されない深夜帯には航空郵便専用の[[フライト]]が組まれる場合もある((日本では1970年以降、深夜・早朝の離着陸が規制されたため行われていない。))。~
[[ペイロード]]の都合上、直行便を利用できず第三国経由で輸送される場合も多い。~
しかし、それでも長距離の貨物輸送としては産業目的で現実的に運用できる最速の輸送手段である。

>一般に、日本から海を越えて手紙を配達するには3〜6日ほどかかる。~
これに対して船便では配達に1ヶ月かかる事もあり得る。
>一般に、日本から海を越えて手紙を配達するには、航空便では3〜6日ほどかかる。~
これに対して、船便では配達までに1ヶ月かかる事もあり得る。

[[航空機]]は短距離輸送に著しく不向きであるため、基本的には国外など長距離輸送が必要な場合に手配される。

**日本の内国郵便における航空扱い [#zb6ecf31]
日本国内を対象とする郵便事業において、特に「航空郵便」という名のついたサービスは現存しない((かつては別個に存在したが、旧郵政省時代の1953年、速達郵便とサービスが統合されている。))。~
しかし、「最も速やかな運送便により遅滞なく運送すること((日本郵便の「内国郵便約款」では、速達郵便についてそのように定められている。))」を求めて「速達」を指定する事ができる。~
そして多くの事例において「最も速やかな運送便」は航空輸送を意味する。~
日本国内の交通事情において、航空輸送は必ずしも最速の輸送手段ではない。~
このため、現代の国内向け郵便事業において、明示的に航空輸送(航空郵便)を利用する、とするサービス形態は存在しない。
>旧郵政省ではかつて「航空郵便」を提供していたが、前述の理由から1953年に「速達郵便」と統合された。

とはいえ、速達郵便で求められる「最も速やかで遅滞ない運送」は、多くの場合に空輸を意味する。~
また、通常の郵便物も、事業者の手配した機体に空きがあれば空輸される事がある。~
ただし、[[ペイロード]]に限界がある場合は「速達郵便」「時間配達指定郵便((かつては「翌朝10時郵便(モーニング10)」と呼ばれていた。))」が優先される。~
載せきれなかった郵便物は、陸上輸送の方が早ければ載せ替えられ、でなければ次の便まで[[空港]]に留め置かれる。~
~
また、一定時間までに発送すれば翌日の午前中までに到着する事を保証する「翌朝10時郵便」サービス((商品名「モーニング10」。))もこれに準じる。~
一時に大量の郵便物が発送される企業向けの契約((例としては通信販売のカタログやクレジットカードの料金明細、定期刊行物などがある。))では、遅配の許容を条件として料金割引が行われる場合がある。~
この場合は所要時間よりも運送コストが優先され、単価の高い空輸は避けられる。~
~
一方、通常の郵便物・荷物は基本的にトラックや[[鉄道]]で輸送されるが、状況によっては空輸する事もある。~
荷主が「配達が遅れる」ことを了承する代わりに料金割引を行う場合もあり、その場合には、輸送単価の高い航空輸送は行われない。~
貨物の質によっては航空会社から取り扱いを拒否される場合((内容品に「航空機の運航に障害を及ぼす物が入っている、またはその疑いがある場合」が該当する。))があり、この場合も航空輸送はできない。
また、航空会社が取り扱いを拒否するため空輸できない貨物も存在する。~
航空法規では安全運行に障害を及ぼす積載禁止品(([[火薬類>装薬]]や高圧ガス、引火性液体、毒劇物、[[放射性物質]]など。&br;  これらの物質を郵送しようとした場合は差出人へ送り返される他、郵便法違反などの罪により処罰されることもある。))が定められているし、荷主が具体的な品目を明かさない貨物も安全上の理由から積載を拒否される。~
~
いずれにせよ、[[航空機]]を利用するか否かは事業者側が状況に応じて選ぶもので、顧客は特にこれに関知しない。
いずれにせよ、国内郵便が空輸されるか否かは事業者側が状況に応じて選ぶもので、顧客は特にこれに関知しない。

**国際郵便 [#p7eafd61]
国際郵便においては、航空郵便自体が「サービスメニュー」として扱われている。~
国際郵便においては、航空郵便自体が独立したサービスメニューとして扱われている。~
船便(Surface)とははっきりと区別され、料金も完全に別体系である。~
発送の際、差出人が表に「AIR MAIL」などと標記するか、エアメール封筒((赤と青の目立つ縁取りのあるもの。))を使うと航空扱いとなる。~

>万国郵便連合(UPU)の公用語はフランス語であるため、フランス語で「Par Avion」と書き添えればより確実。

関連する商品として、次のようなものがある。~
:''国際スピード郵便(EMS)''|一般の航空郵便に優先して輸送され、2日〜4日程度であて先の国に配達されるサービス。~
誤配送による遅延を防ぐため、バーコードラベルで発送から到着までを管理される。~
主な輸送対象はビジネス上の重要書類や書誌の最新刊など。現金・有価証券はサービス対象外。
主な輸送対象はビジネス上の重要書類((かつては「国際ビジネス郵便」と呼ばれていた。))や書誌の最新刊など。現金・有価証券はサービス対象外。
:''SAL便''|Surface Air Liftの略。「エコノミー航空便」とも。~
国境を越える時にのみ、航空機の空きスペースを利用して空輸する。~
一般の航空郵便に比べて2倍程度の時間がかかるが、その分、料金が安く抑えられている。
発信国及び相手国内では船便と同様に扱われ、国境を越える時にのみ、航空機の空きスペースを利用して空輸する。~
(郵便局内での処理が後回しになるため)一般の航空郵便に比べて2倍程度の時間がかかるが、その分、料金が安く抑えられている。~
ある程度時間のかかってもよい荷物や、在外邦人の定期購読雑誌の郵送などで利用されることが多い。
:''航空書簡・国際はがき''|内国郵便の郵便書簡・はがきに相当するもの。~
購入して宛名と通信文を書けば、均一料金で航空扱いとして利用できる。~
ただし、万国郵便連合の加盟国にしか配達できない。~
:''国際返信切手券''|国際郵便で、相手に返信を依頼するときに返信用切手の代わりに((ある国の貨幣が基本的に他国で使用出来ないのと同じ理由から、切手も他国から発送する郵便には使用できない。))購入する金券。~
郵便物と一緒に相手に送り、受取人はこれを現地の郵便切手や航空書簡に引き換える。
購入して宛名と通信文を書けば、全世界均一料金で、航空扱いとして万国郵便連合加盟国宛てに送付できる。~
なお、航空書簡には25gまでの紙片などを同封することができるが、これを超過した場合は追加料金が必要となる。
:''航空切手''|航空扱いで郵便物を差し出すときに使用する切手。~
[[飛行機]]や[[飛行船]]、鳥などをモチーフにした図案が多い。~
料金体系の関係上、一般的な切手よりも高額であることが多い。~
日本では旧郵政省時代の1953年に航空郵便が速達郵便制度と統合されて以後、発行されていない。
:''国際返信切手券''|国際郵便で返信を依頼するために郵便物に添付する金券。~
受取人はこの金券を現地の切手・航空書簡・国際はがきなどに引き換えて返信を行う((一枚当たりの金額は、その国から航空扱いで書状を送る際の最低料金相当とされている(そのため、返信に重量のあることが想定される場合は複数枚送る必要がある)。&br;  なお、日本で引き換えた場合は一枚当たり130円分の切手、航空書簡もしくは国際はがきを受け取れる。))。~
このような煩雑な手続きが必要なのは、各国の返信用切手に通貨としての国際的な信用が存在しないため。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS