• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(れんじゃー){【レンジャー】}; [#bff588d8]
ranger~

~
+国境警備隊や森林警備隊などにおける隊員のこと。~
~
+消防などの組織で、救助を専門におこなうため特別に編成された部隊、およびその隊員。~
~
+陸軍などにおいて、奇襲や後方撹乱などを主任務とする[[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]。~
任務の性質上、[[空挺降下]]の技能を身につけていることが一般的である。~
[[アメリカ軍]]のレンジャーは長い歴史を持つが、現在はジョージア州フォート・ベニングの[[第75レンジャー連隊]]に集約され、緊急の大規模作戦や、他の[[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]を支援する任務などに備える((3個大隊のうち、一つは命令から72時間以内に出撃できる態勢を整えている。))。~
~
+[[陸上自衛隊]]における技能資格。
基本訓練の修了後に希望すれば訓練を受ける事ができる。~
有資格者はその前歴に応じ、[[普通科]][[隊員>自衛隊員]]の「曹士レンジャー」、[[第1空挺団]]が擁する「空挺レンジャー」、[[冬季戦技教育隊]]が擁する「冬季遊撃レンジャー」、[[第12旅団>第12旅団(自衛隊)]]が擁する「山岳レンジャー」、幹部候補生がレンジャーを率いるために受講する「幹部レンジャー」に大別される。~
~
訓練中の殉職や[[戦争神経症]]による傷病除隊も想定される過酷な訓練過程で知られ、有資格者は一般隊員から尊敬の対象となる。~
敵中孤立など絶望的な状況下での任務遂行を目的として認定するもので、求められる要諦はおおむね以下の通り。~
--極めて過酷な状況を克服する体力・気力・精神力の錬成
--爆破・破壊工作
--[[狙撃]]
--徒手格闘
--隠密行動および敵中潜伏
--無線通信技術および手信号
--[[障害システム]]の設置
--[[ラペリング]]
--水路での敵地潜入を目的とするボート操縦技術
--装備一式を身に付けたままでの水泳
--森林戦・山岳戦・雪中戦・市街戦および夜戦への対応
--孤立した状況での長期生存術
--尋問への対処法
--[[民間協力者>第五列]]を得るための交渉術
~
~
+CC-4 USS Ranger~
[[アメリカ海軍]]が[[第一次世界大戦]]後の1910年代、「三年計画(ダニエルズ・プラン)」に基づき計画・建造した「[[レキシントン]]」級[[巡洋戦艦]]の4番艦。~
[[アメリカ海軍]]が[[第一次世界大戦]]後の1910年代、「三年計画(ダニエルズ・プラン)」に基づき計画・建造した[[「レキシントン」級>レキシントン]][[巡洋戦艦]]の4番艦。~
1923年の[[ワシントン海軍軍縮条約]]発効により建造途中で工事中止となり、解体された。~
~
+CV-4 USS Ranger~
[[アメリカ海軍]]において、当初から[[正規空母]]として建造された最初の[[航空母艦]]。~
しかし[[基準排水量]]が14,500トンしかなく、[[飛行甲板]]の左右に並ぶ起倒式煙突も不便であったことから、必ずしも満足のゆく出来ではなかった。~
このため同型艦の建造計画はすべてキャンセルされ、アメリカの主力[[空母>航空母艦]]は[[ヨークタウン]]級の登場を待つこととなる。~
このため同型艦の建造計画はすべてキャンセルされ、アメリカの主力[[空母>航空母艦]]は[[ヨークタウン級>ヨークタウン]]の登場を待つこととなる。~
[[第二次世界大戦]]では主に大西洋方面で活躍し、カサブランカ上陸作戦やノルウェー沖での哨戒活動に従事した。~
1931年起工、1934年就役、1944年に訓練空母へ転換、1946年退役。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[満載>満載排水量]])|14,500t/17,577t|
|設計[[排水量]]|13,800t|
|[[基準排水量]]|14,576t|
|[[常備排水量]]|16,578t/18,202t(1941年)|
|[[満載排水量]]|17,577t/19,907t(1941年)|
|全長|233.4m|
|艦幅|24.4m|
|水線長|222.5m|
|全幅|33.4m|
|吃水|6.7m|
|水線幅|24.4m|
|飛行甲板&br;(縦×幅)|216.1m×26.2m|
|吃水|6.8m(満載)&br;7.3m(1941年)|
|推進方式|[[蒸気タービン]]|
|主缶|バブコック・ウィルコックス罐・重油焚×2基|
|主機|パーソンズ式[[蒸気タービン]]×2基 2軸推進|
|機関出力|53,500shp|
|最大速度|29.25[[ノット]]|
|[[航続距離]]|7,000浬/15kt|
|乗員|士官、兵員1,788名|
|兵装|Mk.10 25口径5インチ(130mm)連装砲×8基&br;[[ブローニングM2 12.7mm機関銃>ブローニングM2]]×40挺|
|搭載機((補用機及び練習機等の記載は無し))|76機&br;86機(最大)|
|設備|[[エレベーター]]×3基&br;[[カタパルト]]×3基|
|[[レーダー]]|CXAM-1レーダー|
|主機|パーソンズ式[[ギヤード・タービン>蒸気タービン]]×2基|
|推進器|2軸|
|機関出力|53,500shp(39,900kW)(設計)&br;54,201shp(公試)|
|最大速度|29.25[[ノット]](設計)&br;29.89ノット(公試)|
|[[航続距離]]|15kt/10,000[[海里]](設計)&br;15kt/11,490海里|
|[[燃料]]|重油:1,567t(常備)/2,350t(満載)|
|乗員|士官、兵員2,148名&br;士官、兵員1,369名、航空要員779名(1941年)|
|兵装|Mk.10 25口径5インチ(130mm)連装[[高角砲>高射砲]]×8基&br;[[ブローニングM2 12.7mm機関銃>ブローニングM2]]×単装40挺|
|[[装甲]]|格納庫側壁:51mm(最厚部)&br;主甲板:25mm(最厚部)|
|搭載機((露天駐機を含む。))|76機&br;86機(最大)|
|設備|[[エレベーター]]×3基&br;[[カタパルト]]×3基(中部×2基、後部×1基)|
|[[レーダー]]|CXAM-1 2次元対空捜索レーダー|
~
|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦番号|艦名|主造船所|起工|進水|就役|退役|備考|
|CV-4|レンジャー&br;(USS Ranger)|[[ニューポート&br;・ニューズ>ニューポート・ニューズ]]|1931.9.26|1933.2.25|1934.6.4|1946.10.18|1947.1.28&br;スクラップとして売却|
|CV-4|レンジャー&br;(USS Ranger)|[[ニューポート&br;・ニューズ>ニューポート・ニューズ]]|1931.9.26|1933.2.25|1934.6.4|1946.10.18|1947.1.28&br;スクラップ&br;として売却|
~
+CVA-61(後にCV-61) USS Ranger~
[[アメリカ海軍]]の[[フォレスタル級>フォレスタル]][[航空母艦]]3番艦。~
[[アングルドデッキ>斜め飛行甲板]]を起工時から備えた世界最初の[[航空母艦]]でもあった(([[フォレスタル]]・サラトガは建造中に設計変更されて装備。))。~
~
|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦番号|艦名|主造船所|起工|進水|就役|退役|備考|
|CVA-61&br;(後にCV-61)|レンジャー&br;(USS Ranger)|[[ニューポート&br;・ニューズ>ニューポート・ニューズ]]|1954.8.2|1956.9.29|1957.8.10|1993.7.10|2015.3.&br;スクラップとして売却|
|CENTER:CVA-61&br;↓&br;CV-61|レンジャー&br;(USS Ranger)|[[ニューポート&br;・ニューズ>ニューポート・ニューズ]]|1954.8.2|1956.9.29|1957.8.10|1993.7.10|2015.3.&br;スクラップ&br;として売却|
~
+ベル社製の[[ヘリコプター]]、ベル206「[[ジェットレンジャー>OH-58]]」シリーズの非公式愛称。~
~
+日本のトラック・バスメーカー「日野自動車」が生産・販売している中型〜大型トラックのブランド名。~
かつて[[陸上自衛隊]]に納入されていた[[73式中型トラック]](旧型)には、同車のコンポーネントが使われていた((現在「1 1/2tトラック」として調達されている本車は[[高機動車]]のシャーシを流用している。))。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS