• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(へりこぷたーくうぼ){【ヘリコプター空母】};
[[航空母艦]]のうち、もっぱら[[ヘリコプター]]のみを運用するものを、特にこう呼ぶ。~
[[対潜ヘリコプター]]の運用を主目的とする場合が多い。~
*&ruby(へりこぷたーくうぼ){【ヘリコプター空母】}; [#s18a2567]
[[航空母艦]]の一種で、もっぱら[[ヘリコプター]]の運用に特化された艦。~
[[対潜(哨戒)ヘリコプター>対潜ヘリコプター]]の運用を主目的とする場合が多い。~
また、[[ヘリコプター揚陸艦]]をヘリコプター空母の一種と捉える場合もある((イギリス海軍の「揚陸ヘリコプター母艦」等。))。~
~
他の[[航空母艦]]と同様に全通式の[[飛行甲板]]と[[エレベーター]]を持つ。~
このため[[駆逐艦]]や[[巡洋艦]]などと違い、多数の[[ヘリコプター]]を同時に離着艦させることができる。~
[[CTOL]]機用の[[カタパルト]]や[[アレスティングフック]]を持たず、また[[STOVL]]機の[[ホバリング]]への耐熱性を持たないことも多い。~
例外としてイタリア海軍の[[ジュゼッペ・ガリバルディ]]は(法的な問題から)ヘリコプター空母として就役したが[[STOVL]]機の運用能力を持っており、法改正を待って[[STOVL空母]]に改められた。~
一般の[[航空母艦]]と同様、全通式の[[飛行甲板]]と[[エレベーター]]を持ち、多数の[[ヘリコプター]]が同時に離着艦できる。~
一方、多くは[[固定翼>固定翼機]][[艦載機]]の運用を想定しておらず、[[固定翼機]]の離着艦には適さない構造になっている。~
[[カタパルト]]や[[アレスティングギア]]など、滑走距離の短縮に必要な設備を備える事はまずない。~
また、[[STOVL]]機の[[ホバリング]]による下向きのジェット噴射に耐えられない事も多い。~
~
[[海上自衛隊]]向けに建造中の次期ヘリコプター搭載護衛艦もヘリコプター空母と呼ぶに相応しい能力を持つと予想されるが、[[八八艦隊]]の定数上の問題から、従来の[[ヘリコプター護衛艦]]と同様に搭載数は3機となる予定である。~
しかしながら、耐熱性の向上は比較的容易であるため、改修を施して[[V/STOL空母]]として運用された例もある。~
また逆に、本来の搭載機が退役・[[モスボール]]・配置転換された[[V/STOL空母]]や[[正規空母]]がヘリコプター空母に改修された例もある。~
~
関連:[[対潜空母]] [[V/STOL空母]] [[強襲揚陸艦]] [[ひゅうが]] [[いずも]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS