• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ちゃふ){【チャフ】};
Chafe.~
敵方の[[レーダー]]による探知を欺瞞するための妨害片。[[電子対抗手段]]の一つ。~
アルミ箔やアルミ繊維、グラスファイバーなどでできており、空中に放出することでチャフの雲を形成。レーダー波を乱反射させ、そこに標的が存在すると誤認させる。チャフの雲の有効な長さはレーダー波の波長の半分といわれており、最新のものでは放出する際に適切な長さに切り取るものもある。~
大きく分けて、[[水上艦]]や[[航空機]]がレーダー誘導ミサイルに追尾された場合にオトリとして放出するものと、専門の[[航空機]]によって一定の空域に放出し敵レーダー網を無効化させるものがある。~
[[第二次世界大戦]]時に[[イギリス軍]]が初めて実戦使用し、以後急速に普及した。~
*&ruby(ちゃふ){【チャフ】}; [#x3e57c91]
Chaff([[欺瞞紙]]).~
~
関連:[[フレア]]
[[ECM]]のひとつで、敵方の[[レーダー]]を欺瞞するための妨害片。~
命名は干し草(Chaff)に似た薄い短冊状である事から。~
[[レーダー]]の黎明である[[第二次世界大戦]]で開発され、現代に至るまで最も一般的な[[レーダー]]妨害技術である。~
~
[[アルミニウム]]やグラスファイバーで作られており、空中で大量に散布して雲を形成する。~
これらは[[航空機]]の構造材と同質の素材であるため、レーダーの走査に対して実際の機体と同様の乱反射を起こす。~
結果、[[レーダー]]はチャフ雲を金属の塊、つまり[[航空機]]であると誤認する。~
~
基本的には[[レーダー]]で[[終端誘導]]を行う[[ミサイル]]を回避するための[[デコイ]]として放出される。~
大規模な航空作戦では[[チャフシップ]]が作戦空域にチャフを散布してレーダー網を使用不能((大量に散布されると、巨大なノイズがレーダーに映りこんで飛行機との見分けが出来ず、捜索が出来なくなってしまう。))にする場合もある。~
~
想定するレーダー波の波長に応じて適切な長さのチャフを使い分ける必要がある((概算として、波長の半分程度の長さが良いとされる。))。~
現代の[[戦闘機]]は数十種のチャフを搭載し、[[ロックオン]]されているレーダー波に応じて最適なチャフを放出するか、その場で最適な長さに材料を裁断して散布するものもある。~
~
関連:[[フレア]] [[チャフコリドー]] [[チャフシップ]] [[電子戦]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS