• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(すかうと){【スカウト】}; [#c624e330]
+哨戒・偵察の意。~
Scout.~
+[[哨戒・偵察>偵察]]の意。~
~
+過去に存在した[[飛行機]]の種別。~
空中を哨戒し、敵航空機の撃墜を任務とする飛行機。現在の[[戦闘機]]。~
~
+人材を探し、自組織に勧誘する事。~
関連:[[自衛隊地方協力本部]]
関連:[[自衛隊地方協力本部]]~
~
+アメリカで開発された[[小型衛星>人工衛星]]打ち上げ用の[[固体燃料ロケット]]。~
~
|>|>|>|>|CENTER:''スペックデータ''|
|直径|>|>|>|CENTER:1.01m|
|長さ|>|>|>|CENTER:25m|
|打ち上げ時質量|>|>|>|CENTER:17,850kg|
|打ち上げ時推進力|>|>|>|CENTER:513.40kN|
|>|>|>|>|CENTER:各段概要(スカウトA)|
|[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]|アルゴル&br;(第1段)|XM33カストル&br;(第2段)|X-254アンタレス&br;(第3段)|X-248アルタイル&br;(第4段)|
|直径|1.01m|0.79m|0.78m|0.64m|
|長さ|9.09m|6.04kg|2.90m|2.53m|
|正味質量|11,600kg|4,424kg|1,400kg|275kg|
|空質量|1,650kg|695kg|300kg|37kg|
|真空推進力|564.25kN|258.92kN|93.09kN|22.24kN|
|燃焼時間|47秒|37秒|36秒|28秒|
|開発社|エアロジェット|ATKランチ・システムズ・グループ|>|CENTER:ABL|
~
【派生型】~
--スカウトX-1:~
初期型。~
ロケットの第一段は、4つの安定化翼を備えている。~
機体は、軌道を維持するために高度を安定させるためのジャイロによる誘導システムを備えていた。~
~
--スカウトX-2:~
1962年に導入されたアンタレスIIB段を改良した機体。~
~
--スカウトX-3:~
1963年に導入されたアルゴルIIA段を改良した機体。~
~
--スカウトA-1/B-1:~
1965年に導入されたカストルIIAとアルタイルIIIを改良した機体。~
~
--スカウトD-1:~
1972年に導入されたアルゴルIIIを改良した機体。~
~
--スカウトG:~
1974年からスカウトが引退する1994年まで飛行した最終型。~
軌道に210kgの[[ペイロード]]を打ち上げる能力を持っていた。~
~
+Westland Scout~
ウェストランド社で開発され、イギリス陸軍が運用していた小型の汎用ヘリコプター。~
[[ワスプ]]とは兄弟機種にあたる。~
~
サンダース・ロー社が開発した「スキーター」訓練・偵察ヘリコプターの発展型である「P.531」が原型で、1960年から運用が開始された。~
主に、観測や連絡、訓練・捜索救難などの軽度の任務のほか、[[対戦車ヘリコプター>攻撃ヘリコプター]]としても運用された。~
~
1968年までに150機が生産され、イギリスのほか、オーストラリアや南アフリカなどでも運用された。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|1〜2名|
|積載能力|兵員4〜5名(2列)&br;外部と内部に担架を各2つ搭載可能。&br;吊り上げ荷重:680kg|
|全長|9.25m|
|全高|2.72m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|9.83m|
|円板面積|85.9|
|空虚重量|1,465kg|
|最大離陸重量|2,405kg|
|[[エンジン]]|[[ロールス・ロイス]] ニンバス101[[ターボシャフト]]×1基&br;(出力1,050shp(783kW))|
|超過禁止速度|213km/h|
|最高速度|211km/h(海面上)|
|[[巡航速度]]|196km/h|
|[[航続距離]]|507km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|5,400m|
|[[ホバリング]]限界|3,800m(地面効果)|
|[[上昇率]]&br;(海面上)|8.50m/s|
|回転面荷重|31.6kg/|
|パワー/マス|0.21kW/kg|
|武装|[[L7 GPMG 7.62mm機関銃>MAG]]×1〜2挺&br;SS.11[[対戦車誘導ミサイル>対戦車ミサイル]]×4発|
~
【派生型】~
--サンダース・ローP.531:~
原型機。~
~
--サンダース・ローP.531-2 Mk.1:~
先行量産型。~
~
--スカウトAH.1:~
英陸軍の5座汎用型。~
~
+Bristol Scout~
ブリストル社が開発した、[[複葉>複葉機]]の[[偵察機]]兼[[戦闘機]]。~
1913年から開発が開始され、1914年に初飛行した。~
当初は民間のレース機として開発されたが、イギリス海軍/陸軍の航空隊では索敵機や高速偵察機として採用された。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ(スカウトD)''|
|乗員|1名|
|全長|6.30m|
|全高|2.59m|
|翼幅|7.49m|
|翼面積|18.40|
|空虚重量|358kg|
|全備重量|542kg|
|[[エンジン]]|ル・ロレーヌ9C ロータリーピストンエンジン×1基(出力80hp(60kW))|
|最高速度|151km/h|
|[[航続距離]]|300km|
|[[上昇限度]]|4,900m|
|[[上昇率]]|3,048mまで18分30秒|
|パワー/マス|0.11kW/kg|
|戦闘行動時間|2.5時間|
|武装|ルイス軽機関銃またはヴィッカース重機関銃(いずれも口径7.7mm)×1挺|
~
【バリエーション】~
--スカウトA:~
初期生産型。グノーム・ラムダ・ロータリーエンジン(出力80hp)を搭載。~
~
--スカウトB:~
スカウトAにル・ロレーヌロータリーエンジン(出力80hp)を搭載した改良型。~
翼の下面に半円形の「そり」を装着し、[[方向舵]]の増積が図られていた。~
~
--タイプ1 スカウトC:~
イギリス陸軍/海軍航空隊向け。~
初期生産型は「ドーム・フロント」カウルを装備していたが、後期生産型はエンジンをル・ロレーヌ9C(出力80hp)に換装できるように、カウルを正面がフラットで奥行きのあるタイプに変更された。~
~
--タイプ2/3/4/5 スカウトD:~
最多生産型。~
海軍向けに生産された75機のうち15機は主翼上反角が1.75度から3度へ増加され、それ以外の機体については尾翼面積の増大、補助翼幅の短縮およびエンジンカウルの前面開口部の増大が行われた。~
エンジンはグノーム・モノスーパープ・9気筒ロータリーエンジン(出力100馬力)を搭載。~
~
--スカウトS.S.A:~
フランス政府向け武装単座複葉機。1機のみ製作。~
~
--スカウトG.B.1:~
単座レーサー機型。製作されず(または未完成)。~
~
--スカウトS.2A:~
スカウトDの複座戦闘機型。練習機として2機のみ製作。~
~
+steyr Scout~
ステアー社が開発した汎用[[狙撃銃]]。~
「スカウト・ライフル」という概念に基づいて設計されている。~
~
軽量化のためにポリマーフレームで製作され、二脚にもなるフォアエンドや可変式チークピース、銃口近くにセットされた[[望遠鏡式照準器]]を備える。~
また、ストック内部に専用の収納口を有し、予備の弾倉をしまっておく事ができる。~
命中精度の高さから、競技用・狩猟用などに幅広く使われている。~
~
軍用狙撃銃としては[[ピカティニー・レール]]を備え、スコープを通常位置に戻した「ステアー・タクティカルエリート」なるモデルが存在する。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|種別|汎用狙撃銃|
|口径|5.56mm、6mm、7.62mmほか|
|銃身長|508mm|
|使用弾薬|5.56x45mm[[NATO>北大西洋条約機構]]弾、7.62x51mmNATO弾など|
|装弾数|5発/10発|
|作動方式|ボルトアクション方式|
|全長|1,039mm|
|重量|3,300g([[望遠鏡式照準器]]・弾薬なし)|
|有効射程|400m前後|
~
+USS Scout(MCM-8).~
[[アメリカ海軍]]の「[[アヴェンジャー]]」級[[掃海艦>掃海艇]]8番艦。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS