• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(こうべくうこう){【神戸空港】}; [#x402069d]
兵庫県神戸市の神戸港内に所在する人工島「神戸空港島((行政上は神戸市中央区に属する。))」に所在する[[空港]]。~
[[愛称]]は「マリンエア」。~
~
[[関西国際空港]]および[[伊丹空港]]と合同でひとつの[[マルチエアポート]]を構成しており、[[航空券]]や時刻表では「大阪(神戸)」との表記もある。~
~
関連施設を含めて建設費用の90%以上を神戸市が支出し、2006年に開港。~
希有な『市営空港』((市が運営母体となっている空港としては、旭川空港・帯広空港(とかち帯広空港)に次いで3番目。))として話題となるも、事業としては開港当初から先行きが暗く、その去就が議論の的となっている((意見の中には「本空港を廃港として就航便を伊丹・関西に集約し、跡地は政府の危機管理施設((実際、本空港は首都圏で大規模災害が発生した際の「被災地外広域搬送拠点」のひとつともなっている。))やヘリポートとして用いればよい」といったものもあった。))。
希有な『市営空港』((市が運営母体となっている空港としては、旭川空港・帯広空港(とかち帯広空港)に次いで3番目。))として話題となるも、事業としては開港当初から先行きが暗く、その去就が議論の的となっている。~
>この議論の中で出された意見の中には「本空港を廃港として就航便を伊丹・関西に集約し、跡地は政府の危機管理施設((実際、本空港は首都圏で大規模災害が発生した際の「被災地外広域搬送拠点」のひとつともなっている。))やヘリポートとして用いればよい」といったものもあった。

>利用需要は全国平均程度の水準((地方管理(旧[[第三種>第三種空港]])空港の中では全国1位だという。))で、それほど良い立地条件ではないが、特筆するほどひどくもない。~
事業不振の原因は、神戸市の事業計画が総じて杜撰・過大で無駄の多いものであった事によるものとされる((日本の地方空港は、建設計画時に往々にして過大な需要予測のもとに建設されることが多く、実際の開港後、現実の需要との乖離から赤字経営となることがままあるという。))。

2018年、施設の運営が「関西エアポート神戸株式会社(([[伊丹空港]]・[[関西国際空港]]を運営する「関西エアポート株式会社」の関連会社。))」に移管された。~
**就航路線 [#be274543]
|航空会社|就航地|
|[[全日本空輸&br;(ANA)>全日本空輸]]|[[新千歳空港]]([[AIRDO]](ADO)との[[共同運航便>コードシェア]])&br;[[東京国際空港]]&br;[[那覇空港]]([[ソラシドエア]](SNA)との共同運航便)|
|[[スカイマーク&br;(SKY)>スカイマーク]]|新千歳空港&br;[[仙台空港]]&br;[[茨城空港>百里飛行場]]&br;東京国際空港&br;[[長崎空港]]&br;[[鹿児島空港]]&br;那覇空港|

**空港情報 [#b33bec82]
|種別|地方管理空港(旧[[第三種>第三種空港]])|
|[[滑走路]]|2,500×60(09/27)|
|3レターコード|UKB((元々、IATA(国際航空運送協会)によって神戸市の都市コードとしても割り当てられていた。))|
|4レターコード|RJBE|
|[[ILS>計器着陸装置]]|あり|
|設置・管理者|神戸市(用地・施設の保有)&br;関西エアポート神戸株式会社(施設の運営((2018年度〜2059年度まで施設の運営にあたる予定。)))|
~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS