Last-modified: 2016-03-12 (土) 12:25:37 (438d)

【油圧ポンプ】(ゆあつぽんぷ)

Hydraulic pump.

液体*1を伝達媒体として運動を行う機械。
基本的にはエンジン電動機トルクを変換・調整するために用いられる。

基本的な構造は、「大きさの異なる複数の栓を持つ、液体で満たされた容器」である。
そのうち一つの栓に圧力をかける事で、液体を通じて他の栓に運動エネルギーが伝わる。
この時、圧力の逃げ場となる栓が大きければ速度が減じるが、その分大きな荷重に耐えられる。
また、逆に小さな栓は荷重に耐えられないが、早い速度で駆動する。

単純な機構でも効率的なエネルギー伝達が可能であり、また用途に応じた調整・再設計が容易である。
また、可動部分のほとんどが液体で占められるため、精密機械部品の摩耗が少ない。

一方で液体を充填しなければならず、しかも中の液体を密封するのは技術的に不可能に近い。
このため、液体の漏出や成分劣化などの問題が常に生じ、綿密な保守管理を必要とする。


*1 原理的には液体であれば何でも良いが、実用においては鉱油が使われる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS